企画特集FEATURE

Let’s! 体験ダイビング閲覧無制限

カテゴリ:知る

体験ダイビングをするには?

ではまず、体験ダイビングをするにはどうしたらいいのか見ていきましょう。
申し込み方法や、ツアーやショップを選ぶポイントなどご紹介!

やり方1:ダイビングショップに問い合わせる

ダイビングショップを検索しホームページを見て、信頼できそうだと感じたら問い合わせをしてみましょう。

「そのお店を信頼できるかどうか」の一つの目安は、陸上での対応がしっかりしている、ということが挙げられます。
▶ダイビングショップの選び方(ダイビングの始め方・決定版!)

たいていのダイビングショップでは、体験ダイビングのコースを行っています。

街の中にあるような都市型ダイビングショップでも、海のそばにあるような現地ダイビングサービスでも同様です。
▶都市型ショップと現地サービスの違い(ダイビングの始め方・決定版!)

海の中だけでなく、水深5mほどのダイビング用プールで体験ダイビングを行っているところもあります(都市型ダイビングショップに多い)。海の中とは違いますが、時間的・経済的にも海より気軽に体験することができるので、最初から海が不安だという人は選択肢の一つに入れてみてもいいかもしれません。

ダイビングショップに問い合わせをした後は、そのショップの指示に従ってうこと。持ち物や日程など、詳しいことを教えてくれます。

特に、現地ダイビングサービスの場合は、駅・空港・ホテルなど、どこまでなら(無料で)ピックアップしてもらえるかも確認しておきましょう。

また、目が悪い場合、度付きのマスクを着用する場合もあります。ショップによってレンタル器材の品揃えはまちまちなので、目が悪いという旨も伝えておくのがベスト。

やり方2:予約サイトなどからツアーを探す

ダイビングショップを探してみたけれど、個々に見てもよくわからない……という方は、体験ダイビングの予約サイトから比較・検討する方法もあり。

口コミなどがかかれていたり、予約件数によってランキング形式になっていたりするので、選ぶ際の目安になるかもしれません。

もちろん、ここでも最終的に選ぶ決めては、上述したように「そのお店を信頼できるかどうか」。

価格やネットの情報だけで決めず、お店のホームページをチェックしたり、不明な点は実際に問い合わせて対応を見るなどし、最終的に予約することをおすすめします。
▶激安・格安のCカード講習について(ダイビングの始め方・決定版!)

実際に、予約サイトでツアーを見てみたい方は、以下をチェックしてみてください(外部の予約専用サイトにリンクします)。たくさんのツアーの紹介や、口コミ、人気ランキングなどもあり便利です。

体験ダイビングに適した時期・季節

Weibliche Taucherin mit Ausrüstung am Strand der Malediven

近場の海と、沖縄や南の島などリゾートの海では、水温がだいぶ異なります。
海に潜ることを考えた場合、あまりに水温が低いと寒さなどのストレスも加わり、なかなか楽しめません。

通常のダイビングだと防寒用にドライスーツを着ることもできますが、操作性や動きやすさの点から、体験ダイビングではウェットスーツを着ることがほとんど。

そのため、伊豆や南紀など近場の海では7〜10月頃が体験ダイビングのシーズンといえます(寒さに強い方ならそれ以外の時期でも大丈夫かもしれませんが、あまりおすすめはできません)。

都市型ダイビングショップのツアーなどで体験ダイビングをする場合は、そのあたりの時期を目安にしてみてください。

南の海では、国内でもほぼ一年中体験ダイビングは可能です。
ただし、冬の時期は沖縄でも決して暑い・暖かいというほどではありません。

詳しい水温などは、「体験ダイビングをやりたいのですが」と伝えた上で、現地のダイビングサービスに問い合わせてみるのがいいでしょう。

ページトップへ