ハンマーヘッド大爆発! 〜いよいよシーズンイン!? 神子元の海〜

この記事は約3分で読めます。

「今シーズン初の大爆発です!」

興奮しながら電話をかけてきたのは、
神子元ハンマーズのまこっちゃんこと有松真さん。
神子元ハンマーズ有松真

もちろん、爆発したのは油田でも理科室でもなくハンマーヘッドシャークで、
一昨日(金)、昨日(土)と今シーズン初の100尾超え!

■ゲストの方々が撮影した画像です。

神子元島のハンマーヘッドシャーク(神子元ハンマーズ) 神子元島のハンマーヘッドシャーク(神子元ハンマーズ)

南伊豆の神子元島は、都心から日帰り・1泊で
ハンマーヘッドシャークに会える海として有名で、
しかも、単体ではなく、“ハンマーリバー”と呼ばれる
100を超えるまさに爆発的な群れが見られることもある伊豆屈指の大物ポイントです。

ハンマーがほとんど姿を現さないシーズンがあるかと思えば、
毎日のようにハンマーリバー体験ができることもあるオールorナッシングの海で、
その魅力にハマったギャンブラー達は、「次こそは」と足しげく南伊豆に通います。
一回目で、しかも何度潜っても会える“持っている”最強ギャンブラーも入れば、
僕のように何度潜っても会えない貧乏神のようなダイバーも……(泣)。

一昨年は“10年に一度の当たり年”と言われたシーズンでしたが、、
去年はさらに“100年に一度の当たり年”と言われ、
ハンマーフィーバーに沸いたのはまだ記憶に新しいところ。
そして、今年は……と注目されていたましたが、どうやら幸先の良いスタートを切ったようです。

神子元ハンマーズ
今シーズン初のハンマーリバーに遭遇し、勝利のハンマーポーズ

有松さんによれば、ここ数年の傾向では、
6月にチラホラ見られ始め、7月に爆発!という流れで、
「6月中盤からお客様全員がハンマーの群れゲットっというのは快挙です!!」とのこと。

ハンマーが登場する条件はいろいろな説がありますが、
「もう、黒潮のひと言に尽きます」と有松さん。
冬場下がっていた水温が、黒潮が近づくことによって
上昇したときがハンマーリバーのチャンスとのこと。

1週間前は20度を切っていた水温も23度まで上がり、
今シーズン初のハンマーリバーのお披露目を皮切りにいよいよシーズンイン!

今年の夏も神子元の海は熱いようです。

神子元島の海(神子元ハンマーズ)
ワラサやカンパチなど回遊魚も魅力の神子元の海。
ただ、ハンマーが登場すると見向きもされないのが逆にすごいところ!?

\メルマガ会員募集中/

週に2回、今読んで欲しいオーシャナの記事をピックアップしてお届けします♪
メールアドレスを入力して簡単登録はこちらから↓↓

writer
PROFILE
法政大学アクアダイビング時にダイビングインストラクター資格を取得。
卒業後は、ダイビング誌の編集者として世界の海を行脚。
潜ったダイビングポイントは500を超え、夢は誰よりもいろんな海を潜ること。
ダイビング入門誌副編集長を経て、「ocean+α」を立ち上げ初代編集長に。

現在、フリーランスとして、ダイバーがより安全に楽しく潜るため、新しい選択肢を提供するため、
そして、ダイビング業界で働く人が幸せになれる環境を作るために、深海に潜伏して活動中。

〇詳細プロフィール/コンタクト
https://divingman.co.jp/profile/
〇NPOプロジェクトセーフダイブ
http://safedive.or.jp/
〇問い合わせ・連絡先
teraniku@gmail.com

■著書:「スキルアップ寺子屋」、「スキルアップ寺子屋NEO」
■DVD:「絶対☆ダイビングスキル10」、「奥義☆ダイビングスキル20」
■安全ダイビング提言集
http://safedive.or.jp/journal
  • facebook
  • twitter
FOLLOW