ニューカレドニアの超レア物、コンスピキュアス・エンゼルフィッシュに遭遇

ニューカレドニアの超レア物、コンスピキュアス・エンゼルフィッシュ

今日もイル・デ・パンで取材中。
2本目のダイビングの最後に、安全停止を兼ねて、浅いリーフの上でマクロ撮影していたら、突然ALIZEのガイドのマサシ君が、「あ〜!!おちさん!!!」と水中で叫びながら、前方を指差してダッシュで泳ぎ始めた。

自分は、指差した先の方に、何がいるのかと目を凝らしたけど、どうやら大物では無いらしい。
さらに目を凝らすと、あまり見かけないエンゼルフィッシュ系の魚が、前方に向かって泳いでいた。

「なんか、前にマサシ君にレアですって教えられた気がする」と追跡したその魚は、コンスピキュアス・エンゼルフィッシュというオーストラリアのロード・ハウ島からニューカレドニアまでの固有種。

ニューカレドニアで1999年からガイドをしているマサシ君でも、「1年に1回も見ない事もありますよ!しかもイル・デ・パンで見たのは初めてっすよ!」とエキジット後も興奮しまくり。

実は自分は5年前のロケでもヌメアで目撃して、あまり良い写真じゃないながら、撮影もしていた。

リーフの下の窪みに逃げ込んだコンスピ君、警戒するように、こちらに正面顔ばかり向ける。
「なんか正面顔しか撮れなかったんだけど」と言うと「正面顔撮る方がレアっすよ!」とマサシ君。

「なるほど〜」とあまりピンと来ないまま、一応納得してみた。
まあ、あまり見れないモノが見れるって事は、決して悪いことじゃないからね。

ダイビング後は、陸撮。
天気も徐々に良くなってきて、ビーチ回りを撮影した。
昨日も撮影した森の中で、今日はこんなシーンに遭遇した。

ニューカレドニア、イル・デ・パン

明日は、イル・デ・パンでのロケ最終日。
明後日には、ヌメアでのロケが始まる。

writer
PROFILE
慶応大学文学部人間関係学科卒業。
産経新聞写真報道局(同紙潜水取材班に所属)を経てフリーのフォトグラファー&ライターに。
以降、南の島や暖かい海などを中心に、自然環境をテーマに取材を続けている。
与那国島の海底遺跡、バハマ・ビミニ島の海に沈むアトランティス・ロード、核実験でビキニ環礁に沈められた戦艦長門、南オーストラリア でのホオジロザメ取材などの水中取材経験もある。
ダイビング経験本数5500本以上。