伊豆大島で水中ボルダリングに挑戦!

伊豆大島での海中ボルダリング

ジオダイブについてはご紹介しましたが(伊豆大島発の新ダイビングスタイル“ジオダイブ”の魅力とは)、ダイナミックな地形が水底に切り立つ、伊豆大島・南部ならではの新しいダイビングスタイルがあります。

水中ボルダリング。

以前、ケンボーダイビングのケンボーさんこと佐藤健二さんに“水中ボルダリング”の話を聞き、ぜひやってみたいと思っていました。

ボルダリングとは、フリークライミングの一種で、最低限の道具(シューズとチョーク)で岩や石を登るスポーツ。
※フリークライミングとはロッククライミングの一種で、自己の技術と体力で岩を登るものを指します(安全のため確保用具は使用しますが、登りきった結果、確保用具を使用しないで登ったのと同じなので「フリー」の名が付く)。

しかし、水中で実際にやってみると、壁に張り付いているのって結構難しい・・・。

伊豆大島での海中ボルダリング

水中ボルダリング、うまく伝わっていますか?(笑)

陸上のボルダリングは指と腕の力を酷使しますが、水中は腕ではなく、腹筋が最も重要と判明。
楽しくなり長時間やってしまいましたが、陸に戻った時にはダイビングでは味わったことのないお腹の疲労感が(笑)。

だた、水中ボルダリングはフィンを脱ぎ、崖を登ることで水深が変わるので、中性浮力に自信がない人にはオススメしません。
希望者はガイドの許可を取ってから楽しんでくださいね。

撮影/中村卓哉

※伊豆大島への船代が格安になる「伊豆大島往復きっぷ」が好評につき12月26日まで期間延長。
このお得な機会にぜひ大島へ!

コメントを残す

writer
PROFILE
成蹊大学文学部国際文化学科卒業。
ナレーター、司会、ダイビング・モデルとして、TV、雑誌、モーターショー、トークショーなどで活躍。宝くじのキャンペーンガール「幸運の女神」では、46都道府県を旅する。

2013年からは、大物運・海況運をつかさどる「海の女神」へと転身し、舞台を海に変えてオーシャナの突撃体験レポートを担当。
潜水士資格も取得し、2014年は伊豆大島復興観光大使「ミス椿の女王」として、伊豆大島をはじめとした被災地復興支援活動にも尽力する。

「ダイビングがきっかけで、物の見方も感じ方も生き方も180度変わり、自分の周りまでもキラキラ輝き出したことを実感。 
いろんなことを体験しながら、たくさんの“きっかけ”を届けていきたいです」

【経歴】
・第25期 日本テレビイベントコンパニオン
・第11~12期 スバルスターズ
・第33期 宝くじ「幸運の女神」
・第23代 ミス椿の女王(2014.2~)
・第29代「ミス熱海・桜娘」(2016.1~)