夏の田後×越智隆治~ベストシーズンの日本海でワイド撮影~(第3回)

潜水欲より食欲が勝った!? 鳥取・田後、第6回「夏の陣」開催レポート

田後夏の陣第六回(撮影:越智隆治)

2015年7月25~26日の間で、第6回目となるブルーライン田後夏の陣」が開催されました。

毎年参加者は増え続け、今年は県内外から約80名が参加!

Fish eye、TUSA、AQUALUNG、GULL、INONとメーカーも5社が集まり、器材モニター会も同時開催されました。

田後夏の陣第六回(撮影:越智隆治)

メーカー大集合!

田後夏の陣第六回(撮影:越智隆治)

たくさんレンタルしていました

特にメインデーとなった25日は朝から施設も海も超満員。

午前中は、所有する2隻の船で4便にわけてダイビング。
陸はもちろんながら、海の中も人・人・人。

田後夏の陣第六回(撮影:越智隆治) 田後夏の陣第六回(撮影:越智隆治)

4便全部に乗船しているメインガイドの山崎さんは、「1人に1つずつ写真を撮る被写体を見つけるのが大変……」と弱音を吐きつつも、これだけの人数が一気に潜って“1人に1つの被写体がある海”というのは、すごい。

今回はレベルもまちまちで、聞けば、50本以下の初心者の人も多いとのことなので、この日は水深も浅めでマクロが楽しめるゴイシワラへ。

田後夏の陣第六回(撮影:越智隆治)

ダイビングがひと段落したのもつかの間、14時からは田後漁協から、直に購入した食材もふんだんに使用したBBQ大会!

田後夏の陣第六回(撮影:越智隆治) 田後夏の陣第六回(撮影:越智隆治) 田後夏の陣第六回(撮影:越智隆治)

待ちに待ったBBQ、みんな海鮮やら、肉やらにむさぼりついていました。

田後夏の陣第六回(撮影:越智隆治)

焼くより食べるスピードの方が速いので、お皿を持って足しげくカキを焼く網の前に向かった越智カメラマンでしたが、「越智さんは、あとで持って行きますから!ちょっと待っててー!」と何度も追い返されていました。

後で聞いた話なのですが、この日用意された海鮮は、サザエ200個、イワガキ100個、白イカ1人1杯強に、ハタハタ1人1匹弱。

ちなみにこちらも後で聞いた話なのですが、「俺(越智)、サザエ10個は食べた!」と嬉しそうに話していたので、追い返されたくらいが食べ過ぎなくてちょうどよかったのかもしれません(笑)

まあそれでも食材の多くは食べきれずに余ってしまうほどだったのですけどね。

田後夏の陣第六回(撮影:越智隆治)

BBQのあとは、“自称日本一やる気のないカメラマン”越智隆治による「ワイドで魅せる田後」のスライドトークショー。

田後夏の陣第六回(撮影:越智隆治)

「皆にトークショーを本当に聞きたいか聞いてから、多数決でやるかどうか決めよう」とか、「もう酔っちゃった」とか子供のような理由をつけては逃れようとしていましたが(笑)、終わってしまえばいつものようにちゃんと笑いも取っていて、参加者からは「明日はワイドのポイントに行きたい」「新しい器材が欲しい」「もっといろんな海に潜りたい」などという声も出ていて、一安心。

田後のハマチ(撮影:越智隆治)

田後のワイド

田後夏の陣第六回(撮影:越智隆治)

菜種島の洞窟にて撮影

田後夏の陣第六回(撮影:越智隆治) 田後夏の陣第六回(撮影:越智隆治)

翌26日には、“トークショーで見たワイドのポイントに行きたい”という参加者が増えたことから、ちょっと流れはあったものの、ヤマダシという群れのポイントへ。

田後を代表する群れポイント「ヤマダシ」の撮り下ろし写真付きの記事についてはこちらをご覧ください。

ハマチの群れ遭遇率40%のポイント「ヤマダシ」で、取材時遭遇率100%だった理由|オーシャナ

2015年鳥取県史上最高の36度を記録した猛暑の中、第6回夏の陣は無事、終了。

参加していたメーカーの方も「関西の方でこんなに人の集まる(しかも1つのダイビングショップで)のは珍しいし、“夏の陣”は機材を借りてくれる人も多いからこちらも楽しいんです」と話すほどの盛況っぷり。

また、炎天下の中、現場を仕切っていた山崎由香里さん(嫁)は、「酒やけじゃないよ、酒やけじゃないよー」と言いながら、翌日ガラガラ声で向かえてくれ、「来年も夏の陣やりますーーーーー!」と今から鼻息は荒め。

田後夏の陣第六回(撮影:越智隆治)

山崎夫婦

初めて夏の陣に参加しましたが、来年もこの時期に合わせて取材組みたいかもと正直に思うイベントでした。

次回は2016年7月末の土日で開催予定です。

※岩美の花火大会に合わせて適宜変更になりますので、日程などの詳細はブルーライン田後へ直接お問い合わせください。

コメントを残す

writer
PROFILE
成蹊大学文学部国際文化学科卒業。
ナレーター、司会、ダイビング・モデルとして、TV、雑誌、モーターショー、トークショーなどで活躍。宝くじのキャンペーンガール「幸運の女神」では、46都道府県を旅する。

2013年からは、大物運・海況運をつかさどる「海の女神」へと転身し、舞台を海に変えてオーシャナの突撃体験レポートを担当。
潜水士資格も取得し、2014年は伊豆大島復興観光大使「ミス椿の女王」として、伊豆大島をはじめとした被災地復興支援活動にも尽力する。

「ダイビングがきっかけで、物の見方も感じ方も生き方も180度変わり、自分の周りまでもキラキラ輝き出したことを実感。 
いろんなことを体験しながら、たくさんの“きっかけ”を届けていきたいです」

【経歴】
・第25期 日本テレビイベントコンパニオン
・第11~12期 スバルスターズ
・第33期 宝くじ「幸運の女神」
・第23代 ミス椿の女王(2014.2~)
・第29代「ミス熱海・桜娘」(2016.1~)