小田原・石橋の海でダイビング中に発見された謎の白骨。その正体は……

石橋で発見された謎の白骨(提供:滝田)

2015年10月14日(水)、小田原のダイビングエリア「石橋」で、白骨化した謎の生物が見つかり話題になりました。

ダイビングショップがダイビング中、水深12m前後のゴロタ周辺で発見した、この謎の白骨は、サメ? エイ? はたまた、ドラゴン? 地球外生命体? といろいろな見解が出たようですが、ことの真相は「石橋ダイビングセンター」の滝田叔歳さんが突き止めたようです。

「2m弱の大きさで、何の生物の骨だろう? と思い、江の島水族館に問い合わせみたところ、『おそらくサメだと思われるが、骨の状態だと専門外なので博物館に問い合わせた方が良いと』と、今度は、生命の星・地球博物館の瀬能宏先生にお聞きすると『種類までは確定できませんが、間違いなくサメの仲間です』との回答をいただきました」

サメの骨であることは間違いないようです。

ダイバーたちの間ではネコザメ説が有力のようですが、ネコザメにしては2m弱はかなりの大きさで、ここまできれいな状態で骨が見つかることも珍しいこと。

石橋で発見された謎の白骨(提供:滝田)

頭部がネコザメっぽい?

石橋で発見された謎の白骨(提供:滝田)

こんな不思議な出会いもあるからダイビングはおもしろいですね。

ちなみに、骨のその後は……。

滝田さんが、「なにか研究のお役に立てるのであればお持ちしますが……」と申し出たところ、「大丈夫です」と丁寧に断られたので、石橋の海に返しましたとさ(笑)。

■情報・写真提供/石橋ダイビングセンター

\メルマガ会員募集中/

週に2回、今読んで欲しいオーシャナの記事をピックアップしてお届けします♪
メールアドレスを入力して簡単登録はこちらから↓↓

PROFILE
海とスキューバダイビングの総合サイト・オーシャナ、つまりこのサイトの編集部です。

いろんなニュースや、オーシャナからのお知らせを発信しています。