ヘッドラインHEADLINE

シャンプーの常識が変わる?固形シャンプーバー、続々登場閲覧無制限

カテゴリ:
おしらせ
タグ:

液体製品が主流のコスメ業界において、プラスチックボトルの減プラ等の取り組みは行われ始めているものの、液体である以上は根本的な脱プラが困難である。そういった観点から見ると、そもそも「液体製品を固形化する技術」は、今後、脱プラを推進していく上で避けて通れない手段であり、今後サスティナブルな消費活動を行う上で主流となっていくだろう。
今回は、日本で初めて髪の軋みの原因となる石けん成分等の既存の洗浄成分を配合していないシャンプーの固形化に成功した「TheBARシリーズ」についてご紹介しよう。

Text:Nodoka Sekido

THE BAR

スキンケア・ボディケア・ヘアケア製品の化粧品製造を行う株式会社マックスは、脱プラスチックに向けた取り組みの一環として、日本で初めて髪の軋みの原因となる石けん成分等の既存の洗浄成分を配合していないシャンプーの固形化に成功(特許出願:2020年8月26日)。
これにより、プラスチックボトルを必要とせず、しかも従来の液体シャンプー&コンディショナーと比べて高いヘアケア機能を保持した固形シャンプー&コンディショナーを生み出すことができるのだ。

先行製造分として2020年10月1日よりクラウドファンディングプラットフォームMakuake(マクアケ)で限定販売を行い、お客様から使用感や使い心地などの様々な意見・要望を収取した後、一般販売を2021年2月から全国のバラエティショップやインターネットなどで開始する予定だという。
初年度の見込み販売数約50万個により、約40万トンのプラスチック削減が予測できるというのだから、将来的に日本の家庭全てのシャンプーが固形に変わったとしたら、環境問題解決への大きな手助けになるに違いない。

一般販売       :2021年2月~
初年度販売数(見込み) :約50万個(固形シャンプーと固形コンディショナーの合算)
上記プラスチック削減量:約40万トン/初年度

開発の背景

近年、SDGsなど「持続可能な社会に向けた取り組み」への意識が世界的に高まる中で、昨年はG20大阪サミットで「海洋プラスチックごみ問題への取り組み」ということがテーマとして掲げられた。

このような社会の大きな情勢の変化の中で、弊社でも企業活動を通じて環境に配慮した貢献ができないかと考え、その取り組みの一つとして、液体シャンプー&コンディショナーの固形化の検討を進めてきたという。

また、液体を固形化することが可能になると、液体洗浄料では配合できないヘアケア機能の高い成分(液体だと沈殿してしまう成分など)も使用可能になることから、「地球にも、髪にも良いシャンプー」をコンセプトとした開発を約1年前からスタートしたのが始まりだ。

気になる固形シャンプーの実際の使用感

ヴィーガン処方であり、環境、髪にも優しい、と聞くと、どこか洗浄力やトリートメント効果が弱いイメージがあるが、実際の使用感はどうなのか。

グラフによれば、それぞれの項目評価が劇的に低いという訳ではなく、むしろ髪の軋みやまとまり感については液体シャンプー以上の使い心地が期待できそうだ。
今なら早割でお得に購入ができるので、トライアルとして使用してみるのも良いだろう。

クラウドファンディングでの先行販売(2020年10/1~)概要

募集サイト:Makuake(マクアケ)

期間   :2020年10月1日12時~2020年10月30日18時(29日間)

品目・数量:(1) The BAR ソリッドシャンプー 300名分
      (2) The BAR ソリッドシャンプー・
        ソリッドコンディショナー セット 900名分
      (3) The BAR ソリッドシャンプー・コンディショナー・
        ボディソープ セット 300名分

価格:先行製造・限定特典(早割り)として、定価より5%~30%OFF・送料無料

会社概要


株式会社マックス
明治38年創業(今年で116周年)の化粧品メーカーで、古くは小学校の手洗い石けんとして知られる“レモン石鹸”を多く製造し、その後、液体洗浄料や粉体の入浴剤など、新しい剤型にも取り組み、現在ではスキンケア、ボディケア、ヘアケア製品の製造販売へと幅を広げています。ほぼ全ての商品を自社製造し、その9割以上を奈良事業所で生産しています。

【認定】
経済産業省「はばたく中小企業300社2018」、「地域未来牽引企業」、大阪府「大阪のものづくり看板企業(匠企業)」

本社   : 〒581-0084 大阪府八尾市植松町2丁目9番29号
奈良事業所: 〒634-0831 奈良県橿原市曽我町12番4号
東京支店 : 〒101-0064 東京都千代田区神田猿楽町2-1-1 浅田ビル2階
代表   : 代表取締役社長 大野 範子
創業   : 1905年(明治38年)3月
電話   : 072-994-5050(代)
FAX    : 072-994-4531(代)
URL    : http://soapmax.co.jp/
事業内容 : 化粧石けん・薬用石けん(医薬部外品)・
       液体石けん(ボディソープ)・入浴剤(医薬部外品)・
       液体洗浄料シャンプー・リンス)等の製造・企画・販売。
      
深刻化するプラスチック問題だが、いきなり生活を全て変えることは誰にとっても難しい。
まずは「手軽にできるちょっといいコト」から、少しずつ意識を変えていくのも良いだろう。
     

ページトップへ