ヘッドラインHEADLINE

自然写真家・高砂淳二さんと環境活動家・武本匡弘さんが「地球の未来を語る トークセッション」を開催閲覧無制限

カテゴリ:
おしらせ

自然写真家・高砂淳二さんと環境活動家・武本匡弘さんが、「地球の未来を語る トークセッション」を、11月3日(火・祝日)に東京・水道橋で開催。メキシコ・セノーテをはじめ、自然写真家として全世界を飛び回る高砂さんと、気候変動・海洋漂流ごみ調査等を目的に太平洋航海を行っている武本さんは共にダイバー。世界の海や自然に向き合い続ける二人の視点から語られる“地球の未来”は一体どんなものなのだろうか。

トークセッション詳細

地球の未来を語る トークセッション・冒頭
武本さん:「今夏、私達は久しぶりの再会を喜び合い、そしてじっくりと語り合った。それはあっという間の10時間。コロナ禍で沈む都会の片隅で“海に生き・地球の変化を見てきた者として、もっとやれることがあるはずだ”と」。

トークセッションの序盤では、武本さん、高砂さんそれぞれが、今までに撮りためてこられた世界の映像や写真を見せながら報告・語りを行う。その後、二人でのトークセッションがスタート。二人の話を聞きながら、地球環境が過去から現在に至るまでどのように変化してきたかを追体験し、地球の未来について何ができるかを一緒に考えよう。希望者には二人との交流タイムも設けられるそうなのでお楽しみに。
※希望される方はお申し込み時にその旨お伝えください。

●セッション当日の内容
・武本匡弘さん 映像と報告 「気候変動・気候危機・気候正義」
・高砂淳二さん 映像と語り 「光と虹と神話」
・地球の未来を語る トークセッション
●日時:11月3日(火・祝)14:00~16:00(開場13:00)
●参加費用:一般1,500円/小・中・高校生800円
●開催場所:東京学院ビル2階会議室(水道橋駅 西口徒歩1分 東京都千代田区神田三崎町3-6-15)

お申し込み:kikokikinet@ybb.ne.jp宛に参加希望の旨をご連絡、または0466-50-0117(エコストアパパラギ)までお電話ください。登壇者との交流を希望する方は、その旨もお伝えください。
※トークセッションは完全予約制です。お申し込み状況によってお受けできない場合もあります。お早めにお申し込みください。

お二人からのメッセージ

高砂さん、武本さんからオーシャナ読者に向けてそれぞれメッセージをいただいた。

高砂さんからメッセージ

高砂淳二

「ここ20年で、世界の海はすっかり変わってしまいました。ふたたび美しい海に
潜れるよう、そしてこれからも地球と僕ら生き物が存続できるよう、何ができる
かを一緒に考えてみませんか?」

武本さんからメッセージ

武本匡弘

「ダイビングの仕事をしていて、海の環境変化を知りはじめたのは25年ほど前のことでした。当時、NPO法が議員立法で制定されてすぐ立ち上げた環境NPOは『ダイビングに限らず、先ずは誰でも海に親しんでもらおう!」をスローガンに海岸生物観察会をはじめとするダイバー以外へのアプローチでした。そしてスノーケル教室では、プロのダイビングのインストラクターが担当するという、当時国内では画期的なものでした。しかし、若いインストラクター達からは敬遠され、子供や中高年者を連れている私の姿は奇異なものに映っていたよう。

それから四半世紀、各地でのスノーケル行事も活発になり、後輩たちも子や孫のいる世代になるにつれ、ようやくダイビング業界も環境への意識が少しずつ高まっているように感じています。『ダイバーが海の環境に良いこととして、どういうことをすれば良いですか?」という質問には、『一生ダイビングを続けてください!』と必ず答えています。自分の成長と共に、きっと見えるものが変わってくると信じています。それは、自分の家族、子や孫たちのことが大切なように、海や自然が人間にとっていかに大切かということを、永いダイビング人生と共に解っていくのではないかと思っているからです」。

言葉の一つひとつに温度を感じられる二人のトークセッションを、是非一度聴いてみて頂きたい。

高砂淳二(たかさご じゅんじ)さん プロフィ-ル              
自然写真家。1962 年、宮城県石巻市生まれ。熱帯から極地まで世界中の国々を訪れ、海中、生き物、虹、風景、星空など、地球全体をフィールドに、自然の繋がり、水や生命の循環、人と自然の関わり合いなどをテーマに撮影活動を行っている。ザルツブルグ博物館、東京ミッドタウンフジフイルムスクエア、渋谷パルコ、阪急百貨店他写真展も多数開催。TBS「情熱大陸」、日本テレビ「未来シアター」をはじめ、テレビ、ラジオ、雑誌等のメディアや講演会などで自然の大切さ、自然と人間の関係性、人間の地球上での役割などを幅広く伝え続けている。
●著書:「PLANET of WATER」(National Geographic)、「night rainbow」「LIGHT on LIFE」「free」「夜の虹の向こうへ」(小学館)、「Dear Earth」(Pie International)、「光と虹と神話」(山と渓谷社)ほか多数。
●他活動:海の環境 NPO OWS 理事、みやぎ絆大使。

高砂淳二さんのオフィシャルサイト:junjitakasago.com

武本匡弘(たけもとまさひろ)さん プロフィ-ル 
プロダイバー・環境活動家。1985年ダイビング会社・PAPALAGI設立。2014年にPAPALAGIを後継者に引継ぎ経営から引退。気候変動・海洋漂流ごみ調査等を目的に太平洋航海プロジェクトを開始し「環境活動家」としての活動を始め現在に至る。2019年藤沢市に「プラスチックフリー・ゼロウエイスト」をコンセプトとした「エコストア パパラギ」を開設 。NPO 法人気候危機対策ネットワーク代表。

(文:染谷遥)

ページトップへ