すみません、エイプリルフールでした ~海底温泉オープン記事~

FullSizeRender

4月1日は、そうエイプリルフールです。4月バカです。
ということで、昨日の海底温泉の記事は嘘でした。

■下田沖の水深20mに海底温泉オープン! ダイバーに大人気
https://oceana.ne.jp/infomation/60587

年に一度の冗談だと思って、海のような広いこころでお許しください。

ただ、まるっきり嘘かといえばそうでもありません。

このロケ地は石垣島から行った竹富島の「海底温泉」。

硫黄泉が湧き出た本物の温泉(開発途中の温泉が資金難で断念)で、温度も48度あって、本当にお風呂に入っているくらい温かい。
20100726-P1010040

もちろん、水深20mまで素潜りで行って快適にお風呂に入れるわけもなく、撮影のために船上では海パン一枚になってふるえ、エントリー後はダイビング器材を装着し、マイケロヨンを持って温泉ポイントまで潜っていきます。

20100726-P1010014

海底では、器材が写り込まないよう、イスから離れた場所で器材を脱いで、泳いでイスまで行って、体が浮かないようにウエイトをつけポージング……とかなり苦労して撮影しました。

後ろに脱いだ器材が微妙に見切れている

後ろに脱いだ器材が微妙に見切れている

世界各地で、本当に海底温泉が湧き出ているダイビングポイントはあります。
さすがに「ひとっぷろ浴びる」わけにはいきませんが、手をかざして「あたたか~いい」くらいの海底手湯ならできますよ。

ちなみに、この意味なく神秘的なヌード写真だけは僕ではなく「MOSS DIVERS」の森さん。

TIS_7951

写真対決をした時の罰ゲームでしたが、この時の撮影も大変。

まずは、マスクもつけずに全裸姿でオクトパスブリージングをしながら海底へ行かねばならないのですが、オクトから水が入ったからさぁ~大変。
ジタバタとかなり苦しそうですが、全裸でプラプラさせているので説得力がありません(笑)。

なんとか海底まで行って、神秘的なポージングをしながら浮上するわけですが、今度はカメラマンがその姿に笑ってしまって手ぶれが大変でした。

というように、両方とも意味なく、割と命を張った撮影なのでした(馬鹿)。

ちなみに、温泉おじさんは僕の友人で、温泉ソムリエではなく、旅のスペシャリストです(笑)。

ということで、また来年。
は~~~~ビバノンノッ!

コメントを残す

writer
PROFILE
法政大学アクアダイビング時にダイビングインストラクター資格を取得。
卒業後は、ダイビング誌の編集者として世界の海を行脚。
潜ったダイビングポイントは500を超え、夢は誰よりもいろんな海を潜ること。
ダイビング入門誌副編集長を経て、「ocean+α」を立ち上げ初代編集長に。

現在、フリーランスとして、ダイバーがより安全に楽しく潜るため、新しい選択肢を提供するため、
そして、ダイビング業界で働く人が幸せになれる環境を作るために、深海に潜伏して活動中。

〇詳細プロフィール/コンタクト
https://divingman.jp/profile
〇NPOプロジェクトセーフダイブ
http://safedive.or.jp/
〇問い合わせ・連絡先
teraniku@gmail.com

■著書:「スキルアップ寺子屋」、「スキルアップ寺子屋NEO」
■DVD:「絶対☆ダイビングスキル10」、「奥義☆ダイビングスキル20」
■安全ダイビング提言集
http://safedive.or.jp/journal


Instagram
https://www.instagram.com/teraniku/