ヘッドラインHEADLINE

【急募】奄美大島ホエールスイム・ホエールスイムウォッチング参加者募集中! ~3月15日発「ゼログラヴィティ」滞在~閲覧無制限

タグ:
2017年2月26日撮影

2017年2月26日撮影

今年の奄美のクジラは熱い! ということで
3月15~18日ホエールスイム急募

「今年は水温の関係で、奄美大島近海にクジラが多い」、地元の人も驚いています。

なぜ今年奄美大島なのかという理由は諸説ありますが、とにかく今年は「奄美でクジラがたくさん見られる」「タイミングが良ければ一緒に泳げる」と、ホエールスイムが熱いのです。

見られるクジラは、ザトウクジラ。

体調約13m(親)、子供のクジラは、4~5mの大きさくらいの成長している姿が見られます。
動物園の象やキリンよりさらに大きい生き物を間近にできる機会なんて、海を愛する者の特権かも。

2017年2月25日撮影

2017年2月25日撮影。手がキリンくらいの大きさあります。

2017年2月27日撮影

2017年2月27日撮影

オーシャナ取材班も、2017年の1月末と2月末で、奄美大島・南部のマリンレジャーの総合リゾートゼログラヴィティを拠点に、奄美大島の海でホエールリサーチした結果、なかなかの好感触。

そして、「クジラが多いぞ!」と情報をもらってからでも、さくっと、気軽に行けるのが奄美大島の魅力。

2017年1月下旬に撮影

2017年1月下旬に撮影

というわけで、急ではありますが、3月15~18日の日程で、ゼログラヴィティで快適なリゾートステイをしながらホエールスイムを楽しむプランをご提案。
最終日は、奄美大島の大自然を満喫しましょう。

※私、オーシャナの稲生薫子が同行いたします。

自然の生き物なので、どのくらい遭遇できるかはわかりませんが、地元も湧き上がるクジラの熱いこの冬最後のチャンスとなることは間違いないと思います。

平日~休日にかけての開催になりますので、ご都合の合う方はお早めにお問い合わせください。

ホエールスイムのルール上、最大5名までとさせていただきます。
※ホエールウォッチングご希望の方は人数制限はありません。

ウォッチングに関してはお子様でもご参加いただけますので、お気軽にお問い合わせください。

ホエールウォッチングの様子

ホエールウォッチングの様子

★滞在先は、大自然に囲まれた「ゼログラヴィティ」。
奄美大島・南部の美しい清水(せいすい)の海をのぞむロケーションです。
http://zerogravity.jp/scubadiving.php

奄美大島ホエールスイム2017

■日にち
2017年3月15日(水)~18日(土)

■参加費
ホエールスイム 128,000円
ホエールウォッチング 108,000円

■含まれるもの
・宿~港までの送迎代
・宿泊費(3泊)
・ホエールスイム4回分(16日午前・午後、17日午前・午後)
・ホエールウォッチング1回分(18日午前)
※全行程ホエールウォッチングの方は、ホエールウォッチング5回分が含まれます。
・ガイド代

■含まれないもの
・奄美大島までの航空券(推奨フライト:バニラエア)
・自宅~最寄空港までの交通費
・食費

■奄美空港~宿に関して
・往路、奄美空港~宿までの送迎は、15日16:30に奄美空港へ集合頂ける方は宿までお送りいたします(成田発のバニラの時間にあわせています)
・復路、宿~奄美空港までの送迎は、18日の16:55奄美空港発のバニラエアにあわせて送迎車を出します。
※もしもこの時間帯に合わないという方は、レンタカーなどで宿まで、空港までお越しください。
※オーシャナより稲生薫子が同行します。

■参加資格
Cカード保有者、あるいはドルフィンスイム、ホエールスイム、フリーダイビング経験者
※ウォッチングの場合は、子供でも参加可能(保護者の付き添い必須)

■スケジュール

15日(水) 16:15 奄美空港着~ 宿へ
16日(木) 終日ホエールスイム
17日(金) 終日ホエールスイム
18日(土) 午前ホエールウォッチング
16:55 奄美発~
18:55 成田着~ 解散

※最終日は奄美名物の鶏飯を食べて観光しながら帰りましょう!

■最少催行人員
3名

■最大催行人数
5名

■ご質問・お問い合わせはこちら
tour@oceana.ne.jp

ページトップへ