衝撃。ハワイへ大量に流れ着く日本からの漂流ゴミ

日本のビーチで見るプラスチックや空き缶などのゴミが、遥か遠くの異国の地へと流れ着くことが想像できるだろうか。
先日、「日本の皆さん助けていただけないでしょうか」というメッセージとともに、クラウドファンディングサイト「GoodMorning」で、ハワイ州NPO法人AlohaOceanPlusが悲痛の声を挙げた。

Text:Nodoka Sekido

「日本の皆さん助けていただけないでしょうか」

「ハワイに日本のゴミが流れ着いています。
無謀だと言われるかもしれませんが、ハワイの海の為にも目標にチャレンジしたいと思います」

そう声を挙げる発揮人の関口さんは、日本で水中を基本に海洋環境保全活動をしており、ハワイでも同様に海洋環境保全をしたいと長年考えていたという。
知人の水中カメラマンから「水中の掃除から始めませんか」と声をかけられたことをきっかけに、昨年よりハワイの観光地域の水中清掃を開始したそうだ。

活動を進める中で、ハワイ島南部のカミロポイントでの清掃を行なった方々の話のなかで、日本方面から日々大量のゴミが流れ着くということがわかり、ショックを受けた関口さん。
「私自身、ハワイに住みながら全然知りませんでした。」とその時の衝撃を伝えている。

ハワイ諸島は太平洋ゴミベルトのすぐ横に位置しているが、ハワイ島南部は日本メディアで大きく取り上げられることも少なく、この深刻な問題に気付かない人は多いだろう。

また、ハワイ島だけではなく、オアフ島カフクエリアから、観光地でも人気のワイマナロビーチやカイルアビーチも深刻な状況だ。
日本方面から流れ着く浮遊ゴミがあり、カフクポイントではハワイ島南部と同様深刻な状況で、マイクロプラスチックゴミが非常に多く、海洋生物もプラスチックゴミによる誤飲などで命を絶っているのが現実だ。

実際にハワイ島で南部のビーチ清掃を行っている方にも話を聞くと、カミロポイントまでは道が険しく、専用のオフロードトラックなどでいかなければならない。また、清掃したゴミもそのトラックで運ぶことが必要で、それが何台も必要な状況なこと、そしてその費用がかかるので実際は身動きが中々取れない状況であることがわかった。

「ハワイに流れ着く日本のゴミを処分する費用を支援して欲しい!」

この深刻な問題に直面し、立ち上げたのがハワイ州NPO法人「AlohaOceanPlus」。
ハワイの海の環境をマイナスからプラスに変えるために、アロハの精神に共鳴した海中のプロフェッショナルが集まり誕生した。
以下が彼らが掲げる目標である。

ハワイ州が制定した「Aloha+Challenge」(2030年までに、ハワイの持続可能な目標SDGsを達成する為の試み)に計り、水中と陸上が一体となった環境保全活動を行います。中でも、日本から流れ着く浮遊ゴミと観光地の水中から水際の清掃、を対象に清掃を行います。

同時にレスポンシブルツーリズム(旅行者にも責任ある行動を)
各種ハワイにおける海洋環境保護情報を事前に旅行者に伝えていきます。

そして、それらに付属する持続可能な活動を通じ体制を整えるこで、ハワイの海の環境を守り続けます。

ハワイ島のメンバーだけでは人数も少なく、オアフ島からの応援が必要。
そうなると、その渡航費も必要になり、水中にもゴミがあり、タンクや水中器材などの費用負担も大きい。

さらに、本来予定していた支援がコロナウイルスによって無くなってしまったことから、今回クラウドファンディングで支援を募る決意に至ったそうだ。

「ハワイには年間約150万人の日本人が訪れます。アメリカ以外では、観光客数は日本がナンバー1です。
しかし日本から日々ハワイに到着するのは観光客だけではありません。
数年をかけてハワイ諸島の岸辺には、日本方面から流れ着いたゴミがあります。
ハワイでの活動では、日本方面から流れ着く浮遊ゴミをハワイ在住日本人だけではなく、現地ハワイ在住の方々も言葉の違いを越え、一緒に清掃をしていただいております。
今日本からハワイには普通に来られる状況ではありませんが、ハワイの素晴らしい海のために、みなさんの支援を是非お願いできませんでしょうか!」

現在、この取り組みには多くの活動家から応援のメッセージが寄せられている。ここではその一部をご紹介。

◆写真家 むらいさちさん
「ハワイは毎年写真を撮りに通っている大好きな場所です。 そのハワイのビーチに多くのゴミが漂着していると聞きました、その中には日本のゴミも多いそうです。海は全世界と繋がっています。ぜひ、現地で海底清掃をしてくれる人たちを、サポートしていただければ幸いです。」

◆水中カメラマン 石丸智仁さん
「日本からハワイ島のビーチに流れ着いたゴミを、日本人が主体となって回収する。この活動は海全体のゴミ問題をさらに認知してもらえるきっかけになると思います。」

◆フリーマガジン ハワイラバーズ 石丸路衛さん
「ハワイに住み20年が経ちました。ハワイの魅力に癒され、そして伝達すべくハワイラバーズを創立し、ハワイの「今」を伝えることを大切に取り組んでいます。近年ハワイの海にも環境問題が積算されています。メディアとして少しでも改善出来るサポートが出来れば幸いです。」

少しでも興味を持ったなら、まずはクラウドファンディングページで詳細をチェック!
みんなで日本の漂流ゴミに、責任を持ちましょう。

Webサイトhttps://www.alohaoceanplus.org
オンラインショップ→https://alohakobo.com/
売り上げの⼀部は、ハワイの清掃活動費として寄付されます。

\メルマガ会員募集中/

週に2回、今読んで欲しいオーシャナの記事をピックアップしてお届けします♪
メールアドレスを入力して簡単登録はこちらから↓↓

コメントを残す
PROFILE
海とスキューバダイビングの総合サイト・オーシャナ、つまりこのサイトの編集部です。

いろんなニュースや、オーシャナからのお知らせを発信しています。