ocean+αヘッドラインHEADLINE

ライター・小笠原愛と行く! ドルフィンスイム in ハワイ島ツアーレポート(第2回)

暗闇の海に舞う白いドレープ!大迫力のナイトマンタ in ハワイ島閲覧無制限

カテゴリ:
行ってきたレポ
タグ:

IMG_6277 3のコピー

ドルフィンスイム in ハワイ島ツアーのレポート第2弾はナイトマンタ!

空がゴールドに染まる夕方6時、カイルア・コナから北に約10分のホノコハウ・ハーバーからボートに乗り込みます。

ハワイ島の西側に位置するコナから見えるサンセットは「コナサンセット」と呼ばれ、ここに来たら見逃せない美しい景色の1つ。
私たちを乗せたボートは、空を反射した金色の海の中を、マンタを探しに岸に沿って南下していきます。

IMG_6281 3のコピー

みんなが太陽が沈む水平線とボートの間に視線が釘付けなのは、いつ現れるかわからないザトウクジラのブローを探すため。
11月〜4月は、陸からもザトウクジラの姿を確認できるほど出会えるチャンスが多いのです。

そんななか、出港して20分ほどでマンタが出現したとの連絡を受け、その場所へ向かうため舵をきります。
マンタが出現したのは、ホノコハウ・ハーバーから南へ17kmほど南下した、ケアホウベイのシェラトン・コナ・リゾートの前のスポット。

IMG_6280 3のコピー

ポイントに到着すると、ダイヤモンドのように輝く太陽がちょうど水平線に沈んでいくころでした。

IMG_6279 3のコピー

今回お世話になったのは、マンタ大学・夜学部の早坂ありささん。

IMG_0154のコピー

ありささんが、海の中にライトのついたボードをセッティングして、マンタに集まってもらう準備を整えます。

このライトに寄ってくるプランクトンを狙って、マンタがボードに寄ってくるという訳です。ボードにマンタがつくまではしばし待機。

IMG_6282 3のコピー

「マンタがきました!」の一声で、マスクとシュノーケルをつけてノーフィンで入水し、ライトのついたボードまで泳ぎ、ボードについた取っ手につかまります。
足を水面に綺麗に浮かせていると、マンタの回転の邪魔にならず、水面まで上がってきやすいそうで、足の下にヌードル(浮き具)を入れてジッと待機。

すると海底5mほどの辺りから視界に入ってきた1枚目のマンタ。
この子がかなりのビッグサイズで、体長3mほどでした。

IMG_6273 3のコピー

海底から水面に向かって、真っ白いお腹を見せながら綺麗に回転を繰り返し、徐々に私たちに近づいてきます。どんどんと近づいてくるマンタのお腹で、視界が真っ白に。
私もゲストさんも「わーーーー!!!きゃーーーー!」と興奮して大絶叫(笑)。
本当に顔面スレスレまできてくれるサービス精神旺盛なマンタさん。
私も人生で3回目、8年ぶりのマンタとの遭遇に、まるで初めて会うかのように興奮してしまいました。

IMG_6276 3のコピー

クルクルと回転するライトに照らされたマンタの白いお腹は、夜の海で揺れるドレープのようでとても幻想的です。

IMG_6277 3のコピー

大きな口を開けてこちらに向かって泳いでくるので、口の中までよ〜く見ることができました。

IMG_6274 3のコピー

大きなマンタが去った後は、2枚目、3枚目と次々にサイズの違う個体が入れ替わり立ち代わりやってきて、持ち時間いっぱいまでマンタとの時間を過ごすことができました。
夜の海に入るのは初めてというゲストさんもいましたが、ウェットスーツや、ヌードル(浮き具)での浮力確保や、ガイドさんのブリーフィングで、不安なく海に入ることができていたので、泳ぐのが苦手な方にもオススメのアクティビティ。
ハワイ島へ行ったら一度は体験してほしいです!

<協力>
マンタ大学・夜学部

カテゴリ:
行ってきたレポ
タグ:

ページトップへ