ヘッドラインHEADLINE

水中カメラマンになる! オーストラリア1周潜り歩き(第2回)

初めてのダイビングは戸惑いだらけ……。 オーストラリアに渡り、あっという間の3ヵ月閲覧無制限

カテゴリ:
徒然コラム
タグ:

S__8175630

こんにちは、Yoshieです!
前回の記事で、カメラマンになりたいという思いを胸に、仕事を辞めてオーストラリアに旅立ち、潜り歩きながら一周することについて書きました。

そこからもう3ヵ月が経過。
早すぎてびっくりです。
1年がすぐ終わりそう……。

今回は3ヵ月のあいだにしていたこと、起こった出来事について書いていきます。

セカンドビザ申請のため
農家で働く

オーストラリアに(AUS)来て、まずセカンドビザ申請のために、農家で働いています。

S__8175618

AUSでのワーキングホリディビザは1年。
ファームジョブをすることで、追加で1年間のビザ申請権利を得ることができます。

ワーキングホリディが1年だけであればファームジョブをする必要はないですが、私は1年間で一周できる確信がなく、また、一周した後もオーストラリアでダイビングをする可能性もあると思って、やっています。

ファームや、泊まっているバックパッカー宿では、いろいろな人との出会いがあります。
ダイビングインストラクターと話が盛り上がったり、美容師に髪を切ってもらったり。
サーファーが多いので、みんなでサーフィンにも行きました。

YOS_3811_2301

写真を撮ってプレゼントすると、みんな喜んでくれるので嬉しいです!

電車もバスもないド田舎……
購入した車が大活躍中!

最初に選んだ農家は、電車もなければバスもありません。

小高い場所にあるので、景色はきれい。

小高い場所にあるので、景色はきれい。

散歩がてら海へ行こうと、グーグルマップで検索したら海まで歩いて1日と6時間……。
さすがは、広大なオーストラリア。歩いては、やっぱり行けない(泣)。

ということで購入した愛車が大活躍しています。

S__8175637

車を持った私は、まさに水を得た魚!
休みの日は愛車でどこにでも行けちゃいます。

ただ、有料道路と知らずに勝手に利用しちゃったり、眠くて途中、車で仮眠したら、ホテルの受付の時間に間に合わなかったというトラブルも……。

ちなみにその時は車でお休みしましたが、オーストラリアでは車内で寝ていると警察に怒られます!
やるんだったらこっそりと、バレないとこでやりましょう(笑)。

ついにオーストラリアでの
初めてのダイビング!

そんな生活を送りながらも、休みの日、ついに初めてのオーストラリアダイビングに行ってきました。
オーストラリアの東側、レインボービーチにある「ウルフロック」というポイントです。

初ダイビングということでワクワク、ドキドキして行ったものの……。

英語がまだまったくできない私。
ブリーフィングは理解できず、会話にも入れない。
「グレートナースシャーク!? なにそれ、おいしいの?」と、そんなレベル。
(シロワニのことでした……)

現実は全然甘くなかった。
何も知らない自分が、悔しくて悔しくて。

なので、海の本を手に入れました!

S__8175634

カメラに関しても、マクロレンズを解禁。
初めて使う60mmレンズ+クローズアップレンズで撮影してみました。

S__7995405

ピント合わせにものすごく時間がかかる……!
けど105mmのレンズより、めちゃくちゃ接近できる! というか接近しないとピントが合わない。

カメラを1つしか持っていない私にとって、2パターンの画角で撮れるのは魅力的。
使っていてとっても面白いです。水中写真家の中村卓哉さん、教えてくださりありがとうございました!

S__7995404

ダイビング後の団欒中も、皆んなめっちゃ笑ってるのに、私笑えてない……。
わからないことばかりで戸惑いだらけだけど、海に潜っちゃえばとても落ち着きます。

こうして初めてのダイビングを終えたのでした。

S__8175631

トラブル連続の3ヵ月間……
でもやっぱり海は楽しい!

この3ヵ月、常になにか起きています……。

ワイドポートに傷。
レギュレーターのカバーが破損。
サブのダイビングコンピュータが動かない。
風邪をひいてジンジャスープの日々。

けど、海の中に行けることがワクワクなので、問題なし!

S__7995406

3ヵ月で……

走った車の距離→約10,600km
潜ったポイント→11ヵ所
シャッターを押した回数→?

しかし、まだオーストラリアの1/20、いや、1/30しか探検してないなんて。
これからも、もっと潜って写真を撮ります。

自分で見なきゃ満足できない!
今後も私の冒険した海を写真と一緒にお届けします。

今はあまり写真の腕に自信がないので、「写真送ってね!」と言われた時に、「もちろん!」って、直ぐに答えられるようになりたい。
これがいま私の課題です。

ページトップへ