ocean+αヘッドラインHEADLINE

マンタ林典子のダイビングお悩み相談室(第2回)

【お悩み相談室 第2回】一緒に潜っていたバディが引退。1人でショップに行きづらい……閲覧無制限

タグ:

マンタ典子バナー

こんにちは、あなたのダイビングのお悩みにお答えいたします、マンタ林典子です。

また、この時間がやってきてしまいました。

今回のお悩みはこちら。
ペンネーム「ばくばく」さんよりいただきました、「バディが引退してしまい、1人でショップに行きづらい……」というお悩みです。

こんにちは。
ずっと一歩踏み出せず悩みに悩んでいるのですが、5年前に先輩に誘われダイビングを始めました。それから20本ぐらいその先輩と一緒に潜りましたが、その方が結婚、出産のためダイビングをいったん引退しました。
それから3年。潜りに行きたいと思いながらも、ダイバーの知り合いが1人もおらず、また、超初心者なので1人で潜る(ショップに行く)ことができていません。
知り合いもいない初心者って周りからすると迷惑ですよね……?
ペンネーム ばくばくより

ダイビングの世界を教えてくれた人が引退。

1人残されたけど、ダイビングは続けたい。

が、知り合いがいない。

さらに、超初心者で、ショップに行ったら、「うわー、なんか新入り来たけど、1人で何もできないらしいぞ! 誰が教えるんだ? あー迷惑だわー」なんて、思われるんじゃないかと。

あぁ、わかる……(涙)
これを読ませていただいて、あるトラウマが蘇ってしまいました。

先生が関西から東京に出てきたばっかりで、干物のような休みを過ごしていたある日、ふと、あることに気づきました。

「友達がまったくいない」

大人になって、友達ってどうやって作るん??

勇気を出して、ジムに入会しにいったのです(干物生活で太った)。

すると、マシーンルームでは「わははは」と楽しそうな声。
すでにできているジム会員メンバーの輪。

そこへの入り方がわからなかった私、マンタ林典子32才。
「あのー、これってどう使ったらいいんですか?」って聞けない32才。

悩んだあげく、「よーし、始めるかー」と独り言を言いながら、別部屋のマッサージチェアで1日終え、その日に退会しましたとさ。

………。
ちょっと感情移入しすぎて、前置きが長引きましたが、お答えしていきましょう。

初心者やのに1人になってもた……。

なんもわからんのに1人になってもた……。

むしろウエルカム!
そんなあなたのためにショップがあるのです!

バディがいなくなって、寂しいですね。
しかも、誘ってくれた人となると、なおさら。

もともと、ダイビングショップからではなく、個人(バディ)でダイビングを始めた場合は、とくに1人になると進め方がわからなくなります。

ただ、その心配はいりません。
心の底から、言います。今すぐにダイビングショップへ行きましょう!

「迷惑かも?」という感情は切り捨てなさい

「ダイビングショップ」って何かというと、もちろんダイビングを教えてもらったり、ツアーで海に連れて行ってもらったりする場でもあるのですが、実は「ダイビングの環境を広げる場」でもあるのです。

ショップを通じて、たくさんの人と会い、交流をする場です。

そこでは、年齢も職歴もダイビング歴もなにも気にしなくていいんです、「海が好き」という共通のキーワードだけでいいんです。

そして、1人で来ている方もたくさんいます。むしろ、1人の方が知り合いが増えやすいでしょう。もしかしたら、新たなバディも見つかるも?
それに、バディがいなくても、潜るときにインストラクターが決めてくれるので心配はいりません。

また、ショップに来ている人たちみんながみんな、ダイビングができる人ばっかりではありません。
初心者もいますし、何より、ショップにたくさん来ているダイバーさんは、先生の持論ですが、「面倒見がいい人」が多い気がします。

なので、スタッフはもちろん、ゲストのベテランダイバーさんも初心者にはすごく優しくしてくれるし、みんな丁寧に教えてくれますよ。

逆に、自分に合わないな……と思ったら、別のショップに行ってみるといいかもしれません。とにかく、自分が楽しくて、居心地がいいショップに出会うことです。

自分に合った入り口を決めなさい

ダイビングの入り口としては「ダイビングショップ」が一般的ですが、海の近くにお店がある「現地ダイビングサービス」と都心にお店がある「都市型ショップ」の大きく2つに分かれます。

さらに、1人でショップに行く勇気がどうしてもでない場合は、mixiやFacebookなどのSNSより作られる「ダイビングコミュニティ」、社会人の「ダイビングサークル」などを利用する方法もあります。

主なダイビングの入り口
①現地ダイビングサービス
海のそばにあるショップで、海の中を案内してくれるガイドさんはほぼ毎日潜っています。その海の中は世界の誰よりも詳しいので、まさに「その海のスペシャリスト」。「どんな生物が見られるか」「シーズンによっての違い」など情報・知識をたくさん蓄えています。その人に合ったダイビングプランを提示してくれるでしょう。
また、基本的に現地集合・現地解散なので、移動手段やダイビングプランなどは自由自在。「マイペースで、自由にスケジュールを組みたい」という方にもおすすめです。現地に行けば、海で一緒に潜ったメンバーと仲良くなったりでコミュニティも広がっていきます!

②都市型ショップ
都心や街の中にあるショップで、ツアーなどを開催しています。仕事終わりにさっと寄れるし、海には送迎車で一緒に連れて行ってもらえるところが多いです。さらに、予約、計画も全部おまかせ、スキルアップや器材に関する知識・ノウハウなども手厚く教えてもらえるので、「自分で調べるよりもプロにお任せしたい」という方には向いているかもしれません。飲み会などのイベントも多く開催しているので、友達やバディ作りにはもってこいかも?
きっと、立派なダイバーに育ててくれるでしょう!

③ダイバーのコミュニティやサークル
ダイビング好きが集まるSNSなどのコミュニティや、ダイビングサークル。これらに参加して、仲間を増やしていくという方法もあります。
コミュニティではネットを通じて交流できたり、サークルは「ビギナー」「40代以上」「学生」など種類もさまざま。自分に合った仲間を見つけて、ツアーに参加するのも手ですよ!(ちなみにオーシャナ営業部のスイカちゃんはこの方法だそうな)

ダイビングの楽しみ方は人それぞれ。
自分に合ったダイビングの入り口を探しましょう!

勇気を出して
ダイビングショップの扉を叩くのです

1人で新たな環境に行くのってすごい勇気が入りますよね。
人にもよりますが、先生も同じです。

しかし!
そこに集まってるメンバーって、必ずもともとはみんな「初心者」だったのです。

始めた理由はそれぞれ。
純粋にダイビングを始めたかったのか、新しい趣味が欲しかったのか、友達が欲しかったのか……そこはバラバラやねん。

ただ、「海」が好き。それはみんな共通してる。

それだけで、いいねん!
初心者だとか、1人だとか、何も考えんくていい!!
まずはトントンと、ダイビングのショップのドアをノックしてみ!!
そしたら、新たなダイビングライフが絶対始まるからーーーー!!!

……ちょっと、また取り乱しました。
ということで、今日はここまで。

マンタ林典子でした。

バディダイビング

ダイバーみな優しい……

マンタ林典子への
ダイビングのお悩み募集!

ダイビングの始め方、技術などの基本的な知識から、ダイバー同士の恋愛、人間関係など他人に聞きづらいことまで、マンタ林典子先生に聞いてみたいダイビングに関するお悩みを募集しています。
(注意:お悩みは編集部で厳選させていただきます)

お悩みは、editor@oceana.ne.jpに以下の内容を送ってください。
■ペンネーム(何でもOK)
■お悩み内容(わかりやすくお願いします)

お悩みを解決して
あなたのダイビングライフに輝きを……!

タグ:

ページトップへ