圧巻!伊豆海洋公園でオキノスジエビの大群が出現なう〜海底を覆い尽くす動画映像も〜

th_③

伊豆海洋公園に、オキノスジエビの大群が出現しました。

普段、水深200~300mの深海で暮らしている深海エビですが、この時期になると繁殖のために浅場に上がってきます。
浅場といっても30~40mなので、ダイバーにとっては深場になっちゃいますが……。

さて、発見者は先日ノコギリザメの撮影に成功したスキューバサービスステーションNASOの柳田満彦さん。

ノコギリザメに続いてオキノスジエビ。
今、伊豆海洋公園は深海フィーバー中です!

さっそく、柳田さんにお話を伺いました。

ーオキノスジエビの群生が見れるのは珍しいですか?

「毎年、数日間~数週間見られますが、現れる場所はなにしろ遠くて深いので、それを観ることのできるダイバーはほんのひとにぎり。それゆえあまり知られていません。結果とてもレアな出来事になるのでしょう。今回は比較的浅い(それでも水深30m以深)ところに現れました」

なるほど。
遠くて、深いところに発生するから、ダイバーはあまり目にすることがないということですね。

今回の30mでも浅いとのことなので、発見しようと思ったら、残圧と減圧との戦いになることは間違いないでしょう……。

ー群れはざっと何匹ほどいるのでしょうか?

「数は検討がつきませんが数万の単位でしょう。20m四方くらい範囲で最大高さ1.5mくらいの高さまで重なりあって海底を覆っている光景を目撃したことがあります」

おお!
海底を覆うほどのオキノスジエビの群れ、想像したらすごくないですか。

ーいつまで見れるのでしょうか?

「数日から2~3週間くらいです。浅いところはマダイなどの外敵が多いせいか、急に数が減ってしまうことがあります」

なかなかの短期戦。

これは今すぐに見に行かなければです!

でも行けない……という方に!

海底を覆うオキノスジエビの貴重な動画映像もいただきました。

th_②

ワラワラワラワラ
ワサワサワサワサ

というような音が聞えそうなな映像です。

生で見たい方は、自分のスキル、デコと相談しながら、伊豆海洋公園で潜ってみてください。

(情報・写真提供/スキューバサービスステーションNASO柳田満彦)
(場所/伊豆海洋公園

文・マンタ林典子

\オキノスジエビはここでも出ている!/

\メルマガ会員募集中/

週に2回、今読んで欲しいオーシャナの記事をピックアップしてお届けします♪
メールアドレスを入力して簡単登録はこちらから↓↓

PROFILE
海とスキューバダイビングの総合サイト・オーシャナ、つまりこのサイトの編集部です。

いろんなニュースや、オーシャナからのお知らせを発信しています。