イルカと泳ぐということ 〜鈴木あやの〜

■斜めから見る御蔵とイルカ
その1 その2 その3

最後は、斜めから見ないで、正面から御蔵とイルカの魅力ををご紹介(笑)。

これがイルカの魅力、イルカと泳ぐということです。

http://www.youtube.com/watch?v=KLmAzh1K-IU&feature=related

このビデオに登場する水中モデルは、鈴木あやのさん。

遺伝子や分子生物学、微生物学など、バイオ系の研究者を経て、
水中モデル、写真家、ドルフィンスイマーとして活躍している、イルカの魅力を伝えるトップランナー。
「あやのちゃんのビデオを見てドルフィンスイムにはまった」という人も多い。
プロフィール

野生のイルカと人間は心通わせ泳ぐことができる!
ということを映像という真実で伝えたかった
」と
この動画を作ったあやのさんが教えてくれる、ドルフィンスイムの3つのポイント。

1.イルカの行動を観察!
2.ゆっくりと、イルカの動きに合わせて泳ぐ
3.イルカの瞳を見よう!

イルカを追いかけ回すのではなく、イルカが遊びたいから、
イルカの方からやってきて一緒に泳ぎ、遊ぶということを知って欲しい。
目を合わせてゆっくり泳ぐと、イルカもこっちを見て、こちらの動きに合わせてくれます

そういう視点でビデオを見返すと、イルカの方から興味を持って寄ってきて、
あやのさんは縦に潜るだけでほとんど泳がず、移動もしていないことが分かる。

すると最後には、「イルカと私の距離が時間と共に次第に近づき、
やがて心が通い合っていきます
」というあやのさんだが、
最初の頃のただただ可愛い!という思いから、最近は、
御蔵島のイルカなら、泳ぎながら個体識別できるイルカも結構いるので、
あー今日はこの子とこの子が一緒にいるなぁ、また傷が増えたなぁ、
今は魚に夢中なのね、さっきはあんなに一緒に泳いだのに〜
」と
生態や行動など、イルカをじっくり観察するのがおもしろいという。

寝ている群れや、捕食、喧嘩、オス同士の絡み合い、
オスの集団がメスや親子連れを追い掛け回す様子など、
通えば通うほど、いろんなイルカの社会的行動が見えてくるという。

明らかに嫉妬している、狂ったようにぐるぐる遊びまくる、
海草をかじって遊ぶ、変な声や音を出す、などなど、
イルカの生態行動は本当に面白いのです。次にビデオを作るならば、
イルカと人の行動、イルカが人に対して行う面白い行動や
イルカの面白い生態や、珍しい行動や表情などまとめたいです

イルカと泳ぐということは、イルカと心を通わせること。
そして、その先に見えてくるものがある。

あやのさんが教えてくれたイルカの世界は、実は世界的にも希なほど身近にある。
黒潮の海に囲まれ、緑に覆われた御蔵島。
この大自然残るイルカの楽園が、すぐそばにあることはなんて幸福なことだろう。

■初めての御蔵とイルカの楽しみ方
http://diving-commu.jp/divingspirit/item_4166.html

【鈴木あやのさんTOPICS】
■あやのさんとイルカが表紙の2012年度スケジュール帳が発売!
御蔵島 バハマ
※水中モデル:鈴木あやの、撮影:福田克之

■2012年度世界自然遺産小笠原諸島のカレンダーが発売!
http://amzn.to/peXinU
※写真・文:鈴木あやの

■東日本大震災の復興支援ポストカード
http://wecandoit.jp/goods_013.html
※1枚100円、そのうち90円を義援金、10円が制作会社の材料費になっています。

 

writer
PROFILE
法政大学アクアダイビング時にダイビングインストラクター資格を取得。
卒業後は、ダイビング誌の編集者として世界の海を行脚。
潜ったダイビングポイントは500を超え、夢は誰よりもいろんな海を潜ること。
ダイビング入門誌副編集長を経て、「ocean+α」を立ち上げ初代編集長に。

現在、フリーランスとして、ダイバーがより安全に楽しく潜るため、新しい選択肢を提供するため、
そして、ダイビング業界で働く人が幸せになれる環境を作るために、深海に潜伏して活動中。

〇詳細プロフィール/コンタクト
https://divingman.jp/profile
〇NPOプロジェクトセーフダイブ
http://safedive.or.jp/
〇問い合わせ・連絡先
teraniku@gmail.com

■著書:「スキルアップ寺子屋」、「スキルアップ寺子屋NEO」
■DVD:「絶対☆ダイビングスキル10」、「奥義☆ダイビングスキル20」
■安全ダイビング提言集
http://safedive.or.jp/journal


Instagram
https://www.instagram.com/teraniku/