ocean+αヘッドラインHEADLINE

ダイビング×砂漠×キャンプ×ラクダ!?エジプト・レッドシー(紅海)で叶う異世界ダイブトリップ(第3回)

キャメルダイブって何だ!?エジプトの海も遺跡も丸ごと楽しむレッドシー(紅海)スタイルの旅の流れ閲覧無制限

カテゴリ:
PR, 行ってきたレポ
タグ:

1_12_2017 Dahab Complete_92

前回は妖艶に泳ぐキンギョハナダイの群れと色とりどりのソフトコーラルが魅力的だったダイバー憧れの紅海、水中をお届けした。

今回は、初体験だらけだったエジプトならではのダイビングスタイルと、実際に訪れたオススメの陸観光をご紹介しよう。

砂漠でダイビングとキャンプが楽しめる!?
究極のアウトドア、ベドウィンキャンプ

前回の記事の最後で紹介したラス・モハメッド国立公園のビーチポイント「シャーク・オブザーバトリー」。
実はラス・モハメッド国立公園でビーチポイントを潜る際に一緒に楽しめるのが、ベドウィンキャンプだ。

ベドウィンとは、遊牧生活をしている砂漠の民のこと。
日中はダイビングを楽しみ、夜はベドウィンのエッセンスを取り入れたキャンプで過ごせるのが、このベドウィンキャンプ!
キャンプとダイビングが同時に、しかも砂漠という非現実世界で楽しめる究極のアウトドアだ。
流れとともに紹介しよう。

30_11_2017 Sharm El Sheikh Complete_72

早朝、シャルム・エル・シェイクの街を出発し、1時間弱車を走らせるとラス・モハメッド国立公園に到着。
国立公園の美しい自然を満喫しながらのんびりとダイビングポイントへと向かう。

到着して早速ダイビングの準備をするのだが、美しい紅海を眺めながら砂漠で器材セッティングをしている様子がとても新鮮!
これもエジプトならではのダイビングスタイルだろう。

29_11_2017 Sharm El Sheikh Complete_155

1本目はキンギョハナダイの群れとソフトコーラルに感動した「シャーク・オブザーバトリー」を満喫した。

29_11_2017 Sharm El Sheikh UW Complete_58

29_11_2017 Sharm El Sheikh UW Complete_87

水面休息時間で事前に準備してきたランチパックでお昼を食べ、休んだ後は2本目のポイント「イール・ガーデン」へ。

29_11_2017 Sharm El Sheikh Complete_169

撮影の関係で少し時間が押し、時刻は夕方。夕暮れの柔らかい光とともにエントリー。
一面砂地の浅瀬を、美しいサンゴに囲まれながら泳ぐ時間はとても神秘的。

29_11_2017 Sharm El Sheikh UW Complete_137

ここは砂地に根が点在していて、根の周りには無数のハナダイが乱舞していたり、砂地にはマダラエイがいたり。
流れもほとんどなくリラックスしながら潜れるポイントだ。

29_11_2017 Sharm El Sheikh UW Complete_124

30_11_2017 Sharm El Sheikh UW Complete_30

エキジットして水面から顔を出したときに目に飛び込んでくるのももちろん砂漠。
南国などのダイビングではヤシの木など緑が豊富だったりするが、さすが国土90%が砂漠のエジプト。
初めての体験で、潜る度に感動してしまった(笑)。

29_11_2017 Sharm El Sheikh Complete_212

ビーチダイビングを楽しんだ後はいよいよキャンプ!
国立公園のビーチ沿いに、あらかじめいくつものテントが用意してあり、まずは大きめのメインテントで食事。

スタッフの方が作ってくれるエジプト料理を持ってきてくれるので、できたての温かいご飯が食べられる。
電気は通ってないのでいくつものランプで明かりをつける。

29_11_2017 Sharm El Sheikh Complete_244

なんともロマンチックな空間で、本格的なエジプト料理をお腹いっぱいいただいた。

寝るためのテントはまた別に準備されていて、インスタ映え間違いなしのとてもおしゃれな空間。
大人が2人寝ても余裕がある、広々した作りも嬉しい。

29_11_2017 Sharm El Sheikh Complete_223

やはり砂漠なのでシャワーが近くになかったり、トイレは大自然(!)などの不便さはあるが、飲み水と手を洗い用の水などはしっかりテントに完備されていて、食事もできたてのものを持ってきてくれるので至れり尽くせり。

29_11_2017 Sharm El Sheikh Complete_254

そして、キャンプの魅力といえば大自然のパワーを感じること。
夜は焚き火をしながら満天の星に囲まれ、朝はテントから出たら目の前に広がる紅海。
そこから登ってくる朝日を眺めながらベドウィンティーでまったり過ごす、贅沢な時間が味わえる。

移動手段は……ラクダ!?
キャメルダイブも見逃せない!

場所は変わって、シャルム・エル・シェイクから車で約1時間半、美しい赤茶色の岩山地帯を抜けるとダハブという街がある。
物価がとても安い上に、おしゃれなレストランや美味しい食事、そばには美しいレッドシー(紅海)。
世界中から多くのバックパッカーが訪れる場所でもある。

1_12_2017 Dahab Complete_278

ダイビングスポットとしても有名で、Cカードも格安で取ることができ、旅人同士でバディを組んで講習を受けている間にカップルになるケースが多いらしく、別名「恋するダハブ」とも呼ばれている。

この場所でダイバー間で密かに流行っている新しいダイビングスタイルがあるという。
まさにエジプトらしい「キャメルダイブ」が体験できるのだ!

1_12_2017 Dahab Complete_92

キャメルダイブとはラクダに乗りポイントに向かうというなんとも斬新なスタイル。

ポイントまでは約30分ほどで、ラクダは人に慣れているので誰でも乗ることができる。
海を眺めながらラクダに乗ってポイントまで行くダイビングスポットはおそらくここだけではないのだろうか。
ぜひとも体験してほしいアクティビティだ。

1_12_2017 Dahab Complete_242

ダハブでのダイビングは基本的にビーチダイビング。
世界的にも有名な深さ100mほどのブルーホールもビーチから行くことが可能。

街はかわいらしいカフェやご飯屋さんも多いので、ぜひ陸も楽しんでみては?

1_12_2017 Dahab Complete_202

神秘のエジプトでこれは見逃すな!
陸観光のオススメ

<カイロ周辺>

これを見ずにはエジプトに行ったとは言えない!?みなさんもご存知、ギザの三大ピラミッドやスフィンクス!

2_12_2017 Cairo Complete_169

圧倒的なスケールと規則正しく並んでいる形。
これが紀元前に建てられたものなんて、なんて神秘的でロマンがあるんだろうと感じずにはいられなかった。

2_12_2017 Cairo Complete_237

ピラミッドやスフィンクスなどが見られるのは国際空港のある首都カイロ周辺。
これら以外にもエジプトが誇る多くの遺跡など歴史的建造物が見られる。

<ルクソール周辺>

遺跡好きにオススメなのがルクソール方面。
歴代のファラオ(王)の墓が多く集まる王家の谷や、巨大なカルナック神殿などが有名で、数多くの遺跡などが点在している。

28_11_2017 Luxor Complete_214

28_11_2017 Luxor Complete_290

時間があれば1日ツアーに参加して、いろいろな神殿を巡るのもオススメ。
ここで最も印象に残ったのが、これらの遺跡や砂漠、ルクソールの街並み、ナイル川などが上空から一望できる熱気球ツアー。

28_11_2017 Luxor Complete_111

28_11_2017 Luxor Complete_13

これは本当に格別な体験だった。
ルクソールへはカイロから飛行機で約1時間、もしくはフェリーで行くことができる。

<シャルム・エル・シェイク周辺>

ちなみに紅海ダイビングの拠点となるシャルム・エル・シェイクでは、アフターダイブにオールドマーケットを楽しむのがオススメ。

30_11_2017 Sharm El Sheikh Complete_224

大きなモスクがあり、周辺にはレストラン、カフェ、商店が集まっていてお土産もここで揃えることができる。
エジプトっぽいランプや雑貨、スパイスなどなんでも揃っていて見ているだけでも楽しい。

2_12_2017 Cairo Complete_366

エジプトの伝統衣装、ガラベーヤも売っているので体験するも良し、お土産用にするも良し。
お店の方との値段交渉も楽しみの1つだ。

30_11_2017 Sharm El Sheikh Complete_235

海でじっくり潜るのももちろんいいが、せっかくエジプトまで来たのであればやはり遺跡巡りやエジプトの文化に触れたいもの。
時間があればルクソール方面にも足を伸ばし延泊するのがオススメだが、時間がない方は帰国前の飛行機前にカイロの半日ツアーなどに参加して、ぜひともピラミッドやカイロの街を巡ってほしい。

■取材協力
エス・ティー・ワールド

\レッドシー連載の記事はこちら!/

カテゴリ:
PR, 行ってきたレポ
タグ:

ページトップへ