ocean+αヘッドラインHEADLINE

アジアチャンピオン・篠宮龍三が極寒氷点下の海に挑む ~究極の素潜り「知床ウトロ・流氷フリーダイビング」映像~閲覧無制限

カテゴリ:
スキンダイビング

○文:武藤由紀 ○写真:野口智弘ほか ○映像:大川拓哉

2016年3月3日、北海道斜里町ウトロ。
今年で4回目となる、流氷下の素潜り「流氷フリーダイビング」に行ってまいりました。

氷に覆われたウトロの海

氷に覆われたウトロの海

フリーダイビングとはタンクを背負わずに、一息で素潜りで深度や泳ぐ距離を競う競技。

水中で呼吸を止めるこの競技はそもそも危険と隣り合わせでもありますが、極寒の海でのフリーダイビングはさらに過酷なものとなります。

流氷下の水温はマイナス2度前後、塩分を含む海水のため凍りません。

この水と氷の狭間の環境でウェットスーツだけを身につけ、身一つで潜水する究極にエクストリームな素潜り、それが「流氷フリーダイビング」なのです。

今回この体験に挑むのは、初の参加となる水深-115m潜水というアジア記録保持者でもある、日本を代表するフリーダイバー篠宮龍三選手をはじめ、常連のベテラン・フリーダイバー達。

そして寒冷地ダイビングを熟知したサポート・スクーバダイバーとともに、万全の準備と武者震いとともに挑みました。

ウトロに到着した私たちはびっしりと海を覆う一面の流氷に迎えられました。

これはウトロの湾内、一面の氷に覆われています。通常はここが船が行き来する港内とは不思議です

これはウトロの湾内、一面の氷に覆われています。通常はここが船が行き来する港内とは不思議です

前日まで知床半島は猛吹雪に見舞われ、北海道方面行きの飛行機は軒並み欠航、道路も通行止めという状況でしたが、そのおかげで強烈な北風が沖合の流氷を沿岸まで押し進めてくれたのです。

地球温暖化の影響など諸説ありますが、近年流氷の接岸は不安定化しています。
特に暖冬の今年は数日前まで接岸が危ぶまれていましたが、奇跡的ともいえるタイミングで、流氷下のフリーダイビングにうってつけのコンディションに恵まれました。

3日間に及んだ流氷フリーダイビングの様子は、水中写真に加えてドローンによる空撮映像も取り入れて撮影しました。

水中写真撮影は流氷フリーダイビングの発起人でもある写真家の野口智弘氏。
ドローン撮影とスクーバ潜水でのサポート作業は、札幌在住の北の海のスペシャリスト大川拓哉氏が担当しました。

つかの間接岸した流氷での貴重な映像を、ぜひ動画でゆっくりご覧下さい。

流氷フリーダイビング映像

大川氏コメント(プロモーション映像撮影・編集)

大川拓哉氏

大川氏

彼方水平線まで続く流氷。
この雄大さを表現するには俯瞰映像が最適だと思い空撮を選択しました。
また、上から見る流氷塊の”カタチ”にもぜひ注目してください。
スケール感と造形美を表現できたと思います。

流氷下の海は、閉ざされた闇と隙間から射す光とが織り成す幻想世界。
そこへフリーダイバーという表現者が描く軌跡はどう映るのか。
目の当たりにして、とても興奮しました。

そして印象的なのが潜り終わった後の篠宮さんの言葉。

「ぜんぜん息もたないよ。10mくらいで十分だね!笑」

息堪えで100m以上潜るフリーダイビング界の雄が放つこの言葉に最初は可笑しさを感じました。
しかし、翻せばそれだけ過酷な環境であるという事。
スクーバ潜水においても万全の器材と装備で十分な安全対策がなにより重要です。

しかし、リスクがあっても楽しい世界である事は間違いなく、過酷な環境だからこそ挑戦意欲を掻き立てるとも言えます。

「いやー、つらいけど楽しい!来年も来ます!」

どうやら流氷の海には人を虜にする”チカラ”があるようです。

氷上でドローンを操縦する大川氏

氷上でドローンを操縦する大川氏

迫力の動画、氷点下映像はいかがでしたか? 

次回は、流氷フリーダイビングのハイライトを写真と文章でもレポートいたします。

流氷の上でソリをつかって荷物を運ぶ

武藤由紀

武藤由紀

Apnea AcademyAsiaフリーダイビングインストラクター。 2015年フリーダイビング日本代表選手。CWT(フィンをつけて潜る競技)では水深-60mの公式記録を有する。オーシャナ主催のスキンダイビング講習会ではメイン・インストラクターをつとめる。また、自ら主催するフリーダイビング&スキンダイビングサークル「リトル・ブルー」や地元葉山での素潜りを通じ、素潜りや水の世界の素晴らしさを伝える活動をしている。
武藤 由紀 プロフィール

カテゴリ:
スキンダイビング

ページトップへ