ヘッドラインHEADLINE

鳥取・田後(たじり) ダンゴ女子旅ドキュメント(第2回)

東京から鳥取・田後へ! ~意外と近いぞダンゴウオの海 編~閲覧無制限

カテゴリ:
現地からレポート

鳥取・田後 女子旅 ダンゴウオなら日本海

○撮影/大川拓哉 ○構成・文/寺山英樹 ○モデル/稲生薫子
○協力/ブルーライン田後

■前回の記事

ダンゴ女子旅

意外と近いぞ⁉ ダンゴ女子旅

嵐でもなく、福士蒼汰でもなく、なぜか、ダンゴウオに目がハートになってしまう、へんた……ゴホン、素敵な女性ダイバーたち。

ということで、ダンゴ萌えな女子ダイバー・ルコさんが、週末、東京から行ける、最も効率のよいダンゴ女子旅へ!

無理をすれば土日でも行けますが、初めて行くなら、せっかくなのでせめて金曜日はお休みをとりたいところ。

金・土と潜って、日曜日は観光をして帰って来るプランがオススメです。

8時過ぎには鳥取空港!

鳥取空港

羽田からは全日空が1日5便就航(2016年3月現在)。
http://flyteam.jp/airline_route/hnd_ttj/flight_schedule

最も早い6:50便に乗れば、8:10には鳥取砂丘コナン空港に到着です。

空港から田後まで、送迎可能なのでお店にご相談を。

なんやかやで9時に空港を出て、車でおよそ30分。
田後の海の窓口「ブルーライン田後」に到着!

シャイなガイド、ザキさんがお出迎え!

ブルーライン田後の“ザキさん”こと山崎英治さんがお出迎え

ブルーライン田後の“ザキさん”こと山崎英治さんがお出迎え

急げば9時、どんなに遅くても10時には田後の海に到着できます。
ということはつまり、到着した日もたっぷり潜れます!

ブルーライン田後の山崎さんと稲生薫子

ダンゴオウには一家言あり ザキさんからレクチャー

オープン以来、ダンゴウオのリサーチに余念のないザキさん。
もちろん、田後のダンゴウオで右に出るものはいません。

そんなザキさんに、ダンゴウオの実物大の模型を使って、寄り方や撮り方など、まずはレクチャーを受けると、水中でもスムーズ。

特に“天使の輪”を撮りたい場合、相手は2ミリですからね……。

まずは陸上で撮影方法のレクチャーを受けよう。いきなり本番だとちょっと難しいかも

まずは陸上で撮影方法のレクチャーを受けよう。いきなり本番だとちょっと難しいかも

★本気で撮影したい方はこちらを!

港まで0分、ポイントまで5分 コンパクトに楽しめる海

港までは徒歩0分!

港までは徒歩0分!

港は目の前。
器材はトラックで運ばれるので、スーツに着替えて歩いて港へ。

ダイビングボートに乗船

ボートは2艇あるので、目的やレベルに合わせてチーム分けが可能。
ダイビング用に作られているので、フラットな船床とダイビング用のラダーがいい感じ。

キャプテンは山口さん。他の漁師からも「先生」と言われるほどの名船長だが、ウルトラいい人

キャプテンは山口さん。他の漁師からも「先生」と言われるほどの名船長だが、ウルトラいい人

ポイントまでは5~10分ほどと、お店からダイビングポイントまで、コンパクトに潜れるのも女性に優しい。

途中、ザキさんが「ほらほら、あそこにダンゴウオがいっぱい!」。とにかくダンゴウオがいっぱいると聞かされていたモデルのルコさんも思わず「え~! どこどこ!」と真剣に海を見つめる。いやいや……笑

途中、ザキさんが「ほらほら、あそこにダンゴウオがいっぱい!」。とにかくダンゴウオがいっぱいると聞かされていたモデルのルコさんも思わず「え~! どこどこ!」と真剣に海を見つめる。いやいや……笑

いざ、海へ!

東京から意外と近いとわかった日本海・鳥取の海。
週末利用で十分楽しめそうです(弾丸、土日旅も可能)。

次回はいよいよ、ダンゴウオに会いに海の中へ……。

(続く)

田後の海をナビゲートしてくれるダイビングサービス「ブルーライン田後」

田後の海をナビゲートしてくれるダイビングサービス ブルーライン田後

「地元の海でダイビングショップを開きたい!」との思いから、地元出身の山崎英治さんが日本海に面する鳥取県の田後にオープンした現地ダイビングサービス。

オープンから7年目となり、ダウンゴウオをはじめ、生物のデータもそろってきて、多岐なリクエストに応えてくれます。
日本海の撮影ガイドも多く引き受け、NHK取材班とはタツノオトシゴの貴重な交接シーンの撮影にも成功。

施設、港、ダイビングポイントとコンパクトにまとまっており、ダイバーが過ごしやすい施設も整っているので、一日を快適に過ごすことができるだろう。

「スタッフもその雰囲気を大切に、日々の喧騒を忘れて、思いっきり海を満喫して頂けるよう心がけています。ゆったりした時間の中で、マイペースに海遊びを楽しんでください」

ブルーライン田後
〒681-0071鳥取県岩美郡岩美町田後37-1
TEL&FAX 0857-72-8520

ページトップへ