ocean+αヘッドラインHEADLINE

ライブ映像で観戦が可能! 世界最高峰のフリーダイビング大会VerticalBlue2018開幕!閲覧無制限

タグ:

世界最高峰のフリーダイビング大会VerticalBlue2018開幕!
~大会初の生中継、水深-100mの世界のライブ映像を配信~

photo by tetsuo hara

photo by tetsuo hara

今年も始まりました!

2018年7月16日(月)から7月26日(木)まで、中米バハマ・ロングアイランドのDean’s blue hole(ディーンズブルーホール)にて、世界中のトップ・フリーダイバーが集結するフリーダイビング大会Suunto Vertical Blue2018 (バーチカルブルー:以下、VB)が開催されます。

数あるフリーダイビング大会の中でも最高峰とされるこの大会には、世界中からトップ中のトップのフリーダイバーが集結。
なぜ、この大会が最高峰なのか? その理由はこちらをご覧ください。

今年はさらにグレードアップして初日から100m超え、ナショナルレコード、世界記録申告がズラリと並び、例年以上のハイレベルなパフォーマンスが繰り広げられています。

196E85D6-BF55-4345-9596-53ACB3EF3171

例年5月に開催されていたこの大会、今年は7月後半に開催。
くしくも日本では「海の日」の夜スタートとなりました。

水中の様子をライブ配信!
フリーダイビング観戦

そして、なんと言っても、今回の大会がこれまでと異なる点は、ダイブアイによる水中生中継が放映されること。
早速第一夜目、誰もがその映像に釘付けになりました。期待をはるかに超える生中継。

スポーツ観戦という点で、フリーダイビングの次元が変わったと言っても過言ではありません。
競技直前の選手の表情から、真っ暗なブルーホールの深海に潜る選手の一部始終、ボトム映像、浮上直後の様子まで、英語解説つきのライブ配信。
また、大会周辺の雰囲気、大会直後の選手インタビュー、すべてがライブ配信です。

photo by tetsuo hara

photo by tetsuo hara

何名ものクルーが、水面、水中とカメラワークを駆使し、フリーダイビングを知らない人にとっても手に汗を握るフリーダイビングの世界を伝えています。

これまでフリーダイビングの海洋競技は「肝心の水中の様子がライブで見られない」とうことが残念ながら特徴でした。
VBも、遠く日本からは応援といっても現地からポツポツと上がってくる「成功」「失敗」「選手の笑顔」などの切れ切れの情報を頼りにするしかなかったのですが、今大会は水中での一部始終が現地から生中継されています!

昨夜は興奮して眠れなかったフリーダイバーが世界中にいたようですが、もちろん私もその一人。
現地で、初日に参戦しなかった選手たちともライブ映像を見ながらチャットで会話。

「ブルーホールに行かずに宿でライブ配信を見てしまったよ」という人たちも多かったようです。

私もこれまで数回VBに参戦したことがありますが、現地でプラットフォームの周辺にいてさえも、水中の様子は計り知れない世界でした。
その一部始終が世界配信されるとは、フリーダイビングの新たな時代の幕開けを感じます。

★FacebookによるDay1のライブ配信

今夜も(7月17日)22時に大会DAY2がスタート。
ぜひ、ご覧ください!

世界でもトップクラスの日本女子“人魚ジャパン”たちも満を持して参戦しています。
一昨年2016年は木下紗佑里選手の世界記録CNF-72m、昨年2017年は廣瀬花子選手の世界2位の103mの記録もこの大会で生まれました。

まだまだ大会は始まったばかり。 今年はどんなドラマが繰り広れられるでしょう?

水中の様子から選手の心の中まで映し出すようなVB生中継を、ぜひお見逃しなく。
選手たちの素晴らしいパフォーマンス、そして安全なダイブを日本から応援しています!

<大会スケジュール>

  • 2018/7/16〜18 第一クール DAY 1 〜DAY3
  • 2018/7/20〜22 第二クール DAY 4 〜DAY6
  • 2018/7/24〜26 第三クール DAY 7 〜 DAY9

現地時間AM9:00(日本時間夜22:00開始)

<関連サイト>

■Vertical blue2018大会サイト(リザルト、申告表)
http://2018.verticalblue.net/
■Facebook https://www.facebook.com/verticalblue/
■Instagram Vertical_blue
★FacebookによるDay1のライブ配信

タグ:

ページトップへ