へその緒が残っているイルカの赤ちゃんに初めて大接近

GW、海に行かれた方も多いでしょう。
御蔵島もいよいよイルカシーズン開始です。

春から夏にかけて、赤ちゃんイルカがどんどん生まれてきます。
親子イルカに出会えるチャンスが広がる季節です。
今年もすでに2頭の赤ちゃんが生まれているとのことです。

こちらは生まれて間もない赤ちゃんイルカ!

御蔵島のへその緒が残る赤ちゃんイルカ(撮影:鈴木あやの)

生まれて間もない赤ちゃんイルカ photo by Ayano Suzuki Olympus TG-2 Tough+フィッシュアイコンバーター SCNワイド2モード

母イルカの名は「とんそく」といいます。
左ヒレが豚足でしょ。笑
(イルカの名前は、御蔵島観光協会による個体識別調査により付けられています)

御蔵島のへその緒が残る赤ちゃんイルカ(撮影:鈴木あやの)

へその緒の残っている赤ちゃんイルカ photo by Ayano Suzuki Olympus TG-2 Tough+フィッシュアイコンバーター SCNワイド2モード

なんとおへそが!!
へその緒が2cmぐらい残っていました~!

イルカの赤ちゃんのへその緒をこんなに間近で見たのは初めてでした。
生後1日~2日程度かと思われます。

更に、赤ちゃんの性別は「メス」ということもわかりました。
生殖孔はおへその下(尾びれ側)にあり、メスは両側にお乳の孔があるため「小」の字の形になっています。
オスの生殖孔は、男性器が隠れているスリットと肛門で、「!」のような形です。

生まれて間もない赤ちゃんイルカにここまで近寄れることはなかなかないのですが、この「トンソク」という母イルカは、今まで何度も一緒に泳いでおり、人と遊ぶのが大好きなイルカでもあります。
お腹には斑模様がたくさん、結構なおばあちゃんイルカです。
安心して近寄ってきたのかもしれません。

普段、親子イルカはメスの群れの中におり、メスの集団に守られています。
赤ちゃんイルカを人間から引き離すために、人の注意を引いて人の周りをぐるりと回ったりと遊ぶフリをする「おとり」もいるんですよ~

御蔵島の赤ちゃんのおとりイルカ(撮影:鈴木あやの)

おとりイルカ photo by Ayano Suzuki Canon EOS Kiss X4, 10-22mm

こちらはおそらく「おとり」のイルカ。
奥にかなり小さい赤ちゃんを連れた親子イルカが見えますね。

こんな風にカメラの前に割り込んできて、注意を引こうとします。
「おとり」かと思ったら、そのままずーっと遊んでいるイルカもいたりしますが。笑

イルカは集団で社会生活を営み、協力して子育てをしています。
母イルカの他にも、ベビーシッター役のメスが赤ちゃんを連れて子育てをしていることもあります。

そんな様子も、観察してみるといろんなことが分ってきてとても楽しいですよ!
野生のイルカの生態を観察するには、野生本来の行動を妨げないように、少し離れたところから、驚かさないようにそっと観察するのがコツです。

■「イルカと泳ぐ」鈴木あやの写真集(新潮社)
昨年夏に出版された「イルカと泳ぐ」写真集のご案内です。

「イルカと泳ぐ」写真集

「イルカと泳ぐ」写真集表紙

水中モデルとして野生のイルカと泳ぐ様子、そのように泳いでいるときに見えているイルカの瞳や表情を写真家として撮影、その二つの視点を組み合わせた写真たち。
赤ちゃんイルカや授乳、オス同士の絡み合い、捕食、遊びなど様々な野生のイルカのおもしろい生態行動の写真も掲載。

初版本の残りが少なくなってきていますので、イルカシーズンに向けて是非!
鈴木あやの『イルカと泳ぐ』|新潮社
サイン本の発送も承ります。
詳細はこちら→鈴木あやの Official Website — 「イルカと泳ぐ」鈴木あやの写真集 2013年7月26日刊行(新潮社) —

■2014年5月10日(土)発売 月刊「PHP」6月号の「ヒューマン・ドキュメント」にて、8ページのインタビュー特集記事が掲載されます。
「イルカに恋して」 ドルフィンスイマー 鈴木あやの
月刊「PHP」 | 雑誌 | PHP研究所

PROFILE
野生のイルカと目を合わせ、心通わせ共に泳ぐ。それは至福の時。

その感動を伝えるべく、水中モデルとしてイルカと泳ぐ様子を発信し、写真家としてドルフィンスイマーであるからこそ撮れるイルカの表情を撮影。
野生のイルカの生態や行動、人との関わりなど、独自に研究も行っている。

1979年 東京生まれ
2001年 東京大学農学部卒業
2003年 東京大学大学院 農学生命科学研究科 修士課程修了
2007年 企業での研究職・商品開発職を経て、小笠原にて野生のイルカに出逢う
2009年 五反田映像祭グランプリ受賞「小笠原の大自然と皆既日食」
2010年 「イルカの瞳に魅せられて」個展
2012年 「野生のイルカと共に」個展
2012年・2013年度 世界自然遺産小笠原諸島カレンダー出版
2013年2月 「イルカの暮らす島」個展 オリンパスギャラリー東京・大阪
2013年7月 「イルカと泳ぐ」鈴木あやの写真集 新潮社より刊行

テレビ東京「ソロモン流」(人物ドキュメンタリー番組)出演、BS朝日「ボクらの地球・イルカの島の奇跡」出演、フジテレビニュースJAPAN出演など、現在、テレビ、ラジオ、CM出演や、講演、フォトセミナー講師、記事執筆、映像制作などの活動を行っている。