ヘッドラインHEADLINE

写真家・細田健太郎がタイの魅力・ベストな潜り方をレポート!(第6回)

リゾートステイで優雅に過ごす ~タオ島「コタオリゾート」~閲覧無制限

カテゴリ:
現地からレポート
タグ:

コタオリゾート

写真家・細田健太郎がタイの魅力・ベストな潜り方をレポート!

コタオリゾート

せっかく南の島へ潜りに行くなら、快適なリゾートに泊まってゆっくり過ごしたいもの。
コタオリゾートは、そんな快適なリゾートステイをしたいというダイバーにピッタリだ。

快適なコタオリゾートでのんびり

コタオリゾートは、パラダイスゾーンとビーチゾーンに区分されている。
パラダイスゾーンは山側にあり、海が一望できるプールやラグジュアリーな部屋が特徴で、ゆっくりと寛ぎたい人向きだ。

ビーチゾーンは、ダイビングボートに乗る船着場やビーチが近く使い勝手がよい。
部屋の値段もビーチゾーンのほうがリーズナブル。

今回の取材でお世話になったサムイダイビングサービスはこのリゾート内に入っているのでとても便利だ。

パラダイスゾーンにあるインフィニティプール。プールと水平線が重なる素晴らしい眺めが楽しめる

パラダイスゾーンにあるインフィニティプール。プールと水平線が重なる素晴らしい眺めが楽しめる

たっぷりとしたスペースがあるパラダイスシービューの部屋

たっぷりとしたスペースがあるパラダイスシービューの部屋

パラダイスシービューの部屋には、バルコニーにバスタブを備えている。海を眺めながらのんびりくつろげる

パラダイスシービューの部屋には、バルコニーにバスタブを備えている。海を眺めながらのんびりくつろげる

ダイビングはリゾートの桟橋から出発

タオリゾートのビーチゾーンは、ビーチ沿いにバンガローやコテージタイプの部屋が並んでいる。

リゾートレストラン

リゾートに桟橋があり、ダイビングはここから出発するので移動がなくとてもラクだ。
レストランのテラス席では、海を眺めながらの食事が楽しめる。

ビーチゾーンにあるプール。サンセットの時間はとってもいい雰囲気になる

ビーチゾーンにあるプール。サンセットの時間はとってもいい雰囲気になる

桟橋にはバーがあって、カクテルやビールなどのお酒が楽しめる

桟橋にはバーがあって、カクテルやビールなどのお酒が楽しめる

コタオリゾートのビーチは、人が少なく静かでのんびりしている

コタオリゾートのビーチは、人が少なく静かでのんびりしている

コテージタイプの部屋が並ぶビーチゾーン

コテージタイプの部屋が並ぶビーチゾーン

清潔に整えられたスタンダードタイプの部屋。(ビーチゾーン)

清潔に整えられたスタンダードタイプの部屋。(ビーチゾーン)

アフターダイブはスパイシーなタイ料理を満喫!

タオ島に行ったら、ぜひ本場のタイ料理を食べに行こう! 

本場タイ料理

コタオリゾートからは徒歩圏内、遠くてもタクシーで10分程度の距離に数多くのレストランがある。
写真は一緒に潜ったゲストの人たち。タイ料理を食べながらダイビングの話題で盛り上がった。

ヤムプラドゥーックフゥー(青マンゴーと揚げたナマズフレークのサラダ)はピリ辛で食べだすと止まらない旨さ

ヤムプラドゥーックフゥー(青マンゴーと揚げたナマズフレークのサラダ)はピリ辛で食べだすと止まらない旨さ

コームヤーン(豚のノド肉のグリル)は非常に美味しく、ビールのつまみにピッタリ。タイの東北部エリアのイサーン料理

コームヤーン(豚のノド肉のグリル)は非常に美味しく、ビールのつまみにピッタリ。タイの東北部エリアのイサーン料理

★オススメ・ダイビング付きツアー
タオ島を潜りつくせ! 10ダイブ付コタオ パラダイスゾーン泊 6日間
※発着空港、ホテル、日程はアレンジ可能

★ダイビング付きツアー一覧
タオ島・サムイ島のツアー

サムイダイビングサービスの自社ボート

今回の取材でお世話になったサムイダイビングサービスの自社ボート。2Fに広々としたスペースがあって快適! タオ島でのダイビングはこの船を使ってダイビングを使う。

ページトップへ