メンダコやリュウグウノツカイなど珍モチーフ多数!ぎょぎょぎょ深海魚グッズに注目

この記事は約4分で読めます。

ぎょぎょぎょ深海魚シリーズ画像

「会いに行ける深海魚」としてダイバーたちの間でひそかに話題(!?)となっている
メンダコやリュウグウノツカイ、クリオネなどがこの度、可愛らしくデフォルメされたグッズとして登場!

「ぎょぎょぎょ深海魚」と題されたこのオリジナルシリーズは、全国171店舗ある雑貨店「Bleu Bleuet(ブルーブルーエ)」の一部ショップとオンラインストアで3/4(金)より販売中。

気になるラインナップをさっそく見ていこう!

お部屋やデスク周りも華やぐ‟マスコット”

ポップな色使いとつぶらな瞳がとってもキュートなマスコットタイプは、お部屋やデスク周りに1つ置くだけで、雰囲気も明るくなりそう。もちもちとした肌ざわりも魅力的。

ぎょぎょぎょ深海魚シリーズ画像

上段左:メンダコ(高さ17・横幅21)、上段右:ウミウシ(高さ13・横幅16.5)
下段左:リュウグウノツカイ(高さ8・横幅5・全長41)、下段中:クリオネ(高さ22・横幅13)、下段右:アンモナイト(高さ19・横幅23)

マスコットよりも小さいサイズの‟テノリマスコット”

手のひら(片手)サイズのマスコット(リュウグウノツカイだけ、全長31cmと横長!)。置き場所に困らないサイズで、持ち運びにも便利。ひとまわり大きい‟マスコット”と合わせて大小揃えても可愛らしい。

ぎょぎょぎょ深海魚シリーズ画像

左から時計回りに、メンダコ(高さ9・横幅11)、アンモナイト(高さ11.5・横幅15)、クリオネ(高さ14・横幅8.5)、ウミウシ(高さ7・横幅9)、リュウグウノツカイ(高さ7・横幅3・全長31)

二度見されること必須のユニークな‟パスケース”

‟マスコット”よりもひとまわり大きいサイズの‟パスケース”は、バッグにつければインパクト大!

ぎょぎょぎょ深海魚シリーズ画像

シュルっと伸縮するリール付きなので、改札のタッチもなんのその。珍しいモチーフに、周囲の目線を釘付けにしちゃうかも!?

ぎょぎょぎょ深海魚シリーズ

左から時計回りに、メンダコ(高さ12・横幅14)、クリオネ(高さ19・横幅11)、ウミウシ(高さ10.5・横幅11)、アンモナイト(高さ13・横幅16)

※ぎょぎょぎょ深海魚パスケース/ウミウシにつきまして(2022年4月14日追記)
上の写真は、サンプル商品で撮影しているため、リール位置が実際の商品と変わっております。(写真は真ん中位置ですが、実際の商品は頭の上)

未知の世界に連れてってもらえそう!?な深海魚‟スリッパ”

ぎょぎょぎょ深海魚シリーズ画像

足元を見るたびにウキウキしてきそうなスリッパは、メンダコ、クリオネ、ウミウシがモチーフ。アーモンド形の目とちょこんと小さめについている手足に癒される。スリッパのサイズはレディースフリーサイズ(縦26・横10)。

ウミウシとクリオネについては、深海にいかなくともダイビングで観察できるとあって「深海にもいるの?」と疑問に思ったので、調べてみたところ、生息域が深海に達している個体もいるようだ。

そのような事情からシリーズに仲間入りしたのかは不明だが、とにかくかわいいので、一匹お手元にいかが?

各ラインナップの詳細はこちら▼
【ぎょぎょぎょ深海魚】シリーズ
https://www.bleubleuet.jp/shop/e/etopi252/?filtercode13=1

・ブルーブルーエ公式サイト:https://www.bleubleuet.jp

\メルマガ会員募集中/

週に2回、今読んで欲しいオーシャナの記事をピックアップしてお届けします♪
メールアドレスを入力して簡単登録はこちらから↓↓

PROFILE
海とスキューバダイビングの総合サイト・オーシャナ、つまりこのサイトの編集部です。

いろんなニュースや、オーシャナからのお知らせを発信しています。
  • facebook
  • twitter
  • Instagram
  • youtube
FOLLOW