パプアニューギニア・アロタウ 写真家・岡田裕介撮り下ろしレポート(第5回)

クマノミ好きにはたまらない、クマノミ撮り放題のハウスリーフ

パプアニューギニアのスパインチークアネモネフィッシュ(撮影:岡田裕介)

スパインチークアネモネフィッシュ

パプアニューギニア・タワリリゾート周辺の海では 多くの種類のクマノミを見ることが出来ました。
自分が潜った中では、特にハウスリーフのクマノミが印象的。

今回のスケジュールは他で3本潜った後にリゾートに帰り、その後4本目にハウスリーフを潜るパターンだったのですが、時間も忘れてクマノミ撮影に夢中になり、気がついたら日が暮れていたなんて事も。

パプアニューギニアのカクレクマノミ(撮影:岡田裕介)

動きが速く止まっている時間も短いので、とにかくシャッターを数多く押す事が重要なクマノミの撮影には、ハウスリーフが最適でした。

浅く穏やかで海で落ち着いて撮影する事が出来るので、ライティングや構図を考えながらじっくり作品作りができます。

あのデビッド・デュビレもナショナルジオグラフィック誌で撮影した、パプアニューギニアのクマノミとイソギンチャクの世界。

種類も個体数も豊富なこの海で、ぜひ挑戦してみたください。

パプアニューギニアのホワイトボンネットアネモネフィッシュ(撮影:岡田裕介)

ホワイトボンネットアネモネフィッシュ

パプアニューギニアのオレンジフィンアネモネフィッシュ(撮影:岡田裕介)

オレンジフィンアネモネフィッシュ

writer
PROFILE
大学在学中にアジア及び日本を放浪。
東京綜合写真専門学校を中退後、フォトグラファー山本光男氏に師事。
2003年よりフリーランスフォトグラファーとして活動開始。
1年間の沖縄 石垣島移住を経て現在は東京を拠点に水中、生物、風景、人物と幅広い分野で写真活動を続けている。