パプアニューギニア・アロタウ 写真家・岡田裕介撮り下ろしレポート(第8回)

木漏れ日が美しいダイビングポイント「Deacon’s Reef」

木漏れ日が美しいダイビングポイント「Deacon’s Reef(ディーコンズ・リーフ)」

ここで撮れた美しい写真を何度も目にしていたので、わくわくしながら向かいました。

パプアニューギニアの木漏れ日の海(撮影:岡田裕介)

この木漏れ日は水深が3m~5mほどの切り立った岩のドロップ沿いに地上からの木が張り出していて、その木々の間を光が差し込むことによって生まれる光線。

この水中でしか見る事のできない、独特の美しい光を見上げながら、水中の世界ってやっぱりいいな~とうっとり。
改めてダイビングの素晴らしさを教えてもらいました。

パプアニューギニアの木漏れ日の海(撮影:岡田裕介)

お茶目なボートクルーがシュノーケリングで登場

この日は残念なことにバチャバチャ波があったのですが、べた凪の水面でこの光を見たらもっと凄いんでしょうね。

また、ここのダイビングポイントは、木々の密集している所は光が届かず真っ暗になっているので、明暗がばしっと分かれたコントラストの高い写真を撮る事が出来ます。

パプアニューギニアの木漏れ日の海(撮影:岡田裕介)

ガイドのアルベルト

連載の第6回目でご紹介したサンゴの美しい『コーラルガーデン』はこのポイントのすぐ近くなので、1本目にここで潜り、2本目にサンゴの『コーラルガーデン』、そして3本目にまたこのポイントを潜れば太陽の位置が変わっているので1本目とは違った光線を楽しめると思います。

また事前にガイドさんに頼んでおけば、喜んでモデル役を引き受けてくれますよ!

パプアニューギニアの木漏れ日の海(撮影:岡田裕介)

コメントを残す

writer
PROFILE
大学在学中にアジア及び日本を放浪。
東京綜合写真専門学校を中退後、フォトグラファー山本光男氏に師事。
2003年よりフリーランスフォトグラファーとして活動開始。
1年間の沖縄 石垣島移住を経て現在は東京を拠点に水中、生物、風景、人物と幅広い分野で写真活動を続けている。