パプアニューギニア・アロタウ 写真家・岡田裕介撮り下ろしレポート(第9回)

昔から変わらない光景なんだろうなと思わせる原始の海

パプアニューギニアの魚の群れ(撮影:岡田裕介)

タワリリゾートから行けるダイビングポイント『サンゴ海』と『ソロモン海』。

共に圧巻だったのはパープルビューティーやキンギョハナダイなどの美しい魚の量と密度。

ストロボの光が遠くまで届かない水中では全てを同時に写せないのが非常に残念なところで、パノラマカメラなんかでこの魚の大群を一発撮りできたら凄い写真が撮れそう。

パプアニューギニアの魚の群れ(撮影:岡田裕介)

潮当たりが良いサンゴの周りには、見渡す限りと言った表現がピッタリなほどの魚が元気に泳ぎ回っています。

養分が一杯のこの海はプランクトンも多いので、けして透明度は良くはありませんが、とにかく全てが濃い海。

パプアニューギニアの魚の群れ(撮影:岡田裕介)

びっしりと行き交う様々な魚群を眺めていると、この圧倒的な世界は、僕のこれまでの願望を一気に満たしてくれるかのようでした。

世界中どこへ行っても「昔はもっと良かったよ」と言われる事の多い海中の世界で、ここは遠い昔と何にも変わってないだろうなと思わせてくれる、そんな海。

パプアニューギニアにはタイムスリップしたかのように思える、そんな原始の海が確かに残っていました。

パプアニューギニアの魚の群れ(撮影:岡田裕介)

光が届く浅場で自然光で撮影

コメントを残す

writer
PROFILE
大学在学中にアジア及び日本を放浪。
東京綜合写真専門学校を中退後、フォトグラファー山本光男氏に師事。
2003年よりフリーランスフォトグラファーとして活動開始。
1年間の沖縄 石垣島移住を経て現在は東京を拠点に水中、生物、風景、人物と幅広い分野で写真活動を続けている。