パプアニューギニア・アロタウ 写真家・岡田裕介撮り下ろしレポート(第2回)

工場がほとんどない陸の豊かさが海の豊かさに直結するパプアニューギニア

パプアニューギニアのミノカサゴ(撮影:岡田裕介)

先月中旬の1週間、パプアニューギニアのアロタウ、タワリリゾートに行ってきました。

タワリリゾートはオーシャニックというアメリカのダイビングメーカーの社長さんが世界中の海を潜り歩き見つけた、普通ならクルーズでしか行けないような場所に建つダイバーの楽園のようなリゾート。

最寄りの空港からバスに揺られ、1時間半、そこからさらにボートで15分、船でしか行く事が出来ない岬の先にそのリゾートはあります。

パプアニューギニアの海(撮影:岡田裕介)

『魚影が濃く、生物のエネルギー溢れる海』
これがこの海の感想。

サンゴは元気いっぱいに成長し、
ハナダイなどの魚の群れはカメラには納まりきらないほどの数で広範囲に広がり、
ミノカサゴは他の海では見た事もないぐらい肉厚で、
現地ガイドさんがやたらと紹介してくれたウミウシは元気一杯に動き回る、
そんな海。

今は日本人ガイドさんが不在なので、少し不安もあったのですが、陽気でフレンドリーで真面目な現地ガイドさんと潜るのもそれはそれで楽しかった~。

このリゾートに滞在中に潜りに行くポイント周辺は、ほとんど開発の進んでいない本当の大自然。
点々とある住宅も高床式の昔ながらの建物でトイレも海に直接だったし、着ている服さえ違えば、まるでタイムスリップしているかのようなんです。

パプアニューギニアのトイレ(撮影:岡田裕介)

これがトイレ

人口密度が低く生活排水も少ない、工場もほとんどない陸の豊かさが、この海の豊かさに直結しているんだなと素直に思う。

そんなパプアニューギニア、タワリリゾート周辺の海中とリゾートで体験出来るアクティビティを数回に分けてレポートします!

コメントを残す

writer
PROFILE
大学在学中にアジア及び日本を放浪。
東京綜合写真専門学校を中退後、フォトグラファー山本光男氏に師事。
2003年よりフリーランスフォトグラファーとして活動開始。
1年間の沖縄 石垣島移住を経て現在は東京を拠点に水中、生物、風景、人物と幅広い分野で写真活動を続けている。