冬のダイビングで意外に有効な防寒対策とは?

この記事は約3分で読めます。

「何か防寒の裏ワザを教えてください」

よく聞かれますが、残念ながら、そんなに裏ワザという裏ワザは思い浮かびません。
「とにかく温かくしましょう」というほかないのですが、ひとつだけ、裏ワザというか、当たり前のことなのに、結構、皆さんがやっていない防寒をご紹介します。

それは……マスク。

ダイビング後の移動中の船上は風を受けて冷えます。
特にエグジット後の漁船など。

ダイビングマスクと冬の防寒

頭部から熱が逃げやすいことは広く知られているので、フードをかぶったままのダイバーは少なくありませんが、皆さん、意外とマスクは取ってしまいます。

かつての自分もそうでしたが、伊豆のガイドさんたちに言われてから、船上での移動中もマスクをするようにしたら、これがかなり温かい。
いや、正確に言えば、寒くなりづらく、マスクを付けるのと付けないのとでは大違いということです。

顔の周りには脳神経が張り巡らされて、温度センサーとして役割をはたしていますし、目の周りには副交感神経があります。
副交感神経は、血管を開いて全身の血めぐりをよくし、身体をリラックスモードにしてくれる神経で、温めると手足までポカポカしてくると言われていますが、温めないまでも、マスクをすることによって冷やさないようにすることはできます。

ということで、とても当たり前のことのようで、見落とされがちなマスクでの防寒。
その効用は小さくないと思いますので、特に船上移動でお試しあれ。

\メルマガ会員募集中/

週に2回、今読んで欲しいオーシャナの記事をピックアップしてお届けします♪
メールアドレスを入力して簡単登録はこちらから↓↓

writer
PROFILE
法政大学アクアダイビング時にダイビングインストラクター資格を取得。
卒業後は、ダイビング誌の編集者として世界の海を行脚。
潜ったダイビングポイントは500を超え、夢は誰よりもいろんな海を潜ること。
ダイビング入門誌副編集長を経て、「ocean+α」を立ち上げ初代編集長に。

現在、フリーランスとして、ダイバーがより安全に楽しく潜るため、新しい選択肢を提供するため、
そして、ダイビング業界で働く人が幸せになれる環境を作るために、深海に潜伏して活動中。

〇詳細プロフィール/コンタクト
https://divingman.co.jp/profile/
〇NPOプロジェクトセーフダイブ
http://safedive.or.jp/
〇問い合わせ・連絡先
teraniku@gmail.com

■著書:「スキルアップ寺子屋」、「スキルアップ寺子屋NEO」
■DVD:「絶対☆ダイビングスキル10」、「奥義☆ダイビングスキル20」
■安全ダイビング提言集
http://safedive.or.jp/journal
  • facebook
  • twitter
FOLLOW