心を惹きつけて止まないハワイ島~小笠原愛のハワイ動画レポート2019~(第1回)

【ハワイ動画レポートvol.1】ハワイ島でハワイアンスピナードルフィンとスイム!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

アロハ! ハワイ島リトリート開催中の小笠原愛が、ハワイ島の海での出会いやドラマをお届けします。

ハワイと聞くと、多くの方はワイキキのあるオアフ島をイメージするかもしれません。
しかし、私が今いるのはハワイ諸島の中で一番大きく、一番東に位置するハワイ島、別名ビッグアイランド。

2018年にはハワイ島の東側で噴火が起こり、日本でもニュースになっていたあの島です。世界一アクティブな火山、キラウエア火山があるこの島には合計5つの山があり、その山を流れた水がきれいな海を作り出しています。

今回は島の西側のコナの海で、好条件の中、ハワイアンスピナードルフィンに遭遇することができました。

その様子を動画つきでお届けします!

言葉よりも確かなもの
イルカとの触れ合いは幸せなひととき

この日お世話になったのはイルカ高等学校のボート。ガイドは笑顔の眩しいりょうこさんです。

イルカ高等学校のりょうこさん

イルカ高等学校のりょうこさん

この日の天気は快晴で、コナを見守るようにそびえるフアラライ山には雲1つかかっていません。

ホノコハウハーバーから出港し、北に15分ほど走ったクアベイ前でイルカをたちを発見。ざっと見ただけでも、30頭単位のポッドがあちらこちらで回遊しています。

出航してすぐにイルカの群れが!

出航してすぐにイルカの群れが!

さっそく水中にエントリー。

すると、目の前に広がる光栄はまるで天国!!

水深7mほどの白砂が広がる海底に光が差し込み、透明度も抜群、イルカたちもゆったりと泳いでいます。

気持ちよさそうに泳ぐイルカたち

気持ちよさそうに泳ぐイルカたち

葉っぱを胸ビレや背びれにひっかけて、水中でキャッチし合うリーフゲームもしていて、イルカさんたちもご機嫌モード。

野生の動物と葉っぱをキャッチし合えた瞬間、言葉で気持ちを確かめ合うよりうれしくなるのは私だけでしょうか。

心を惹きつけて止まないハワイ島の海よりお届けしました! 
引き続きレポートをお楽しみに!

ハワイから小笠原愛がお届けしました☆

ハワイから小笠原愛がお届けしました☆

コメントを残す

writer
PROFILE
BSACスキンダイビングインストラクター。元No.1六本木ホステス。
ハワイ島に長期滞在を繰り返し、野生のイルカと日常的に泳ぐ生活を体験。
自然・動物と共生して暮らす美しい世界に魅せられたハワイ島ラバー。

永続可能な暮らしをデザインするパーマカルチャーを学び、持続可能な地球を実現するため自分ができる発信・活動を行う。地球環境を良くしていくには、人の心がハッピーになることや消費する暮らしを変えていくことが必要だと考え、自然と人をつなぐ体験プログラムを行う「ちきゅうの学校」プロジェクトを立ち上げ、活動している。

パニックになり辞めていたスクーバダイビングは2019年9月、13年越しにリベンジダイビングに成功、新たな一歩を踏み出した。フリーダイビングはトレーニング中。

夢は“世界中の人々とつながり、支え合い、調和のとれた地球を未来へつなぐこと”。

※ライター/スキンダイビングインストラクター/アースメディエイター/地球ワクワク探検隊

■ちきゅうの学校
https://www.schoolofearth.jp/blank-5