パプアニューギニア・アロタウ 写真家・岡田裕介撮り下ろしレポート(第1回)

ウミウシも躍動する、パプアニューギニアの海

パプアニューギニアのミゾレウミウシ(撮影:岡田裕介)

ミゾレウミウシ

タワリリゾート周辺を潜っていて気付いたことの一つに、パワフルなウミウシの動きがあります。

まるでロッククライマーのように岩場を降りたり登ったり、どんどん進んで行くので、通常のウミウシの撮影のようにのんびり構えている時間はありません。

パプアニューギニアのヒラムシ(撮影:岡田裕介)

ここでしか見れない珍しいウミウシもいるようですが、その辺りに詳しくない僕にとっては、一生懸命動き回るここのウミウシ達を微笑ましく見ているだけで大満足。

『生きる!』ってエネルギーが全開なので、こちらも元気を貰ったような、そんな楽しい毎日でした。

パプアニューギニアのシライトウミウシ(撮影:岡田裕介)

シライトウミウシ

パプアニューギニアのヒラムシ(撮影:岡田裕介)

ジャンプするヒラムシ

コメントを残す

writer
PROFILE
大学在学中にアジア及び日本を放浪。
東京綜合写真専門学校を中退後、フォトグラファー山本光男氏に師事。
2003年よりフリーランスフォトグラファーとして活動開始。
1年間の沖縄 石垣島移住を経て現在は東京を拠点に水中、生物、風景、人物と幅広い分野で写真活動を続けている。