ocean+αヘッドラインHEADLINE

国際サンゴ礁年2018 オフィシャルサポーター 〜イベント告知及びレポートまとめ〜(第1回)

【レポート】2018年は国際サンゴ礁年。「東京サンゴカフェ」でサンゴ礁の現状について学ぼう!閲覧無制限

カテゴリ:
おしらせ
タグ:

cebu_phototour_20130515_3-500x333

こんにちは〜。マンタ林典子です!

2018年は、国際サンゴ礁イニシアチブ(ICRI)が定めた「国際サンゴ礁年」。

「国際サンゴ礁年」とは、サンゴ礁保護の活動を全世界的に協調して行う年のこと。

前回のサンゴ礁年は2008年だったので、今年は10年ぶりとなります。

そんなサンゴ礁年を盛り上げるための取り組みの一つとして、環境教育に特化したネットワーク海辺の環境教育フォーラムで出会った仲間が中心になって集まり、「サンゴ礁についてたくさんの人に知ってもらおう」ということで、今年は、月に1回「東京サンゴカフェ」が開催されます。

さっそく、2月28日に開催された「第2回 東京サンゴカフェ」に、私、行ってまいりました!

30年後には絶滅……?
映画「Chasing Coral」で学ぶサンゴの現状

「第2回 東京サンゴカフェ」は、映画「Chasing Coral」の上映会。

題名通り「サンゴを追う」ということで、ダイバーと科学者、写真家らが結成したチームが、海底で気候変動により枯れ果てゆくサンゴの姿を追っていくというドキュメンタリー映画です。

感想は、もう、言葉になりませんでした。
ダイバーならきっと心が動きます。

でも、目をむけなければいけない現実です。

サンゴは植物でもなく石でもなく
同じ「動物」だということ

お恥ずかしながら海育ちの私は、「サンゴは白い」と思っていました。
近場の海水浴場にいくと、白いサンゴが散らばっているので、サンゴは白いものだと思い込んでいたのです。

なので、ダイビングを始めて石垣島の美しいサンゴ礁を初めて見たときは、それはもう衝撃的。
魚もたくさん住み着き、生き生きとしていました!

そんなサンゴは、何モノか。
海藻でもなく、石でもなく、私たちと同じように口や胃もありウ●コもする「動物」だということ。

サンゴ礁は「巨大な動物」

サンゴ礁は「巨大な動物」

白いサンゴは「死んだサンゴ」で、私が小さい頃から見てきたのは、サンゴの「亡骸」だったのです。

地球上の全てはつながっている
サンゴの絶滅は“種の絶滅”に関係する

世界中で進行しているサンゴの白化現象。

美しいサンゴ礁で有名なオーストラリアのグレートバリアリーフでは、1年で29%のサンゴが絶滅しています。

このままいくと、30年後にはサンゴ礁は絶滅してしまうとか。

自分が生きてる間に、ひとつの生命体が絶滅って……

great_coral_20130912_4-500x333

ダイバーにできること
サンゴの情報を共有しよう

30年後って、海のなか、どうなるの?
ダイビングできるの?

今回の企画のキャッチフレーズとなっている「つながる、広がる、支えあう」。
これは、サンゴ礁自体のことも意味するのですが、これ、ダイバーやん……。

ていうか、ダイバーの武器やん!
ダイバーの(不思議なぐらい強烈な)ネットワークを使って、サンゴのこともっとみんなで知ればいいやん!

ちょっと取り乱しましたが、このままだと映画の内容を全部言ってしまいそうなので
映画「Chasing Coral」をみたい方はこちらからどうぞ。
※ただし、Netflixの登録が必要になります
(1ヶ月無料体験あり(小声))

ということで……

サンゴについて気軽に語り合おう!
第3回「東京サンゴカフェ」は2018年3月28日

ダイバーも、ダイバーでない方も、気軽にサンゴについてお話ししましょう!

<東京サンゴカフェ 第3回>

【日時】
2018年3月28日(水)18:30-20:00

【テーマ】
日本全国みんなでつくるサンゴマップ 新たな旅立ち(仮題)

【会場】
三菱商事 MC FOREST(東京都千代田区丸の内2-3-1 /東京駅徒歩3分)

【申込先】
国際サンゴ礁年2018サンゴカフェ実行委員会
team4sangocafe@gmail.com
※お名前のみお知らせください。

【講演者】
宮本育昌
IMG_4267
コーラル・ネットワーク事務局長/代表
「この数年で、人は環境について興味を持ち始めている。気候変動などたくさんの問題はもちろんありますが、まずは“悲惨さ”よりも“素晴らしさ”を何よりも知ってほしい」

(文:マンタ林典子)

カテゴリ:
おしらせ
タグ:

ページトップへ