ヘッドラインHEADLINE

手軽に水中写真を楽しみたいなら中古iPhoneだ!? 防水スマホケース「エムパック+Dive」を相棒に、目指せ“水中インフルエンサー” 〜実践編〜閲覧無制限

カテゴリ:
PR, 水中写真, 水中動画
タグ:

th_th_DSC_2765

さて、水中写真のスキルアップを試みようと思ったが、ひょんなことから中古iPhoneをゲットし、水中インフルエンサーを目指すことになった私。

訪れたのは、西伊豆の大瀬崎。
大瀬崎は魚影が濃くて穏やかなので、カメラの練習にはもってこいのスポットだ。

これまで水中写真のスキルが皆無だった私。

「地獄写真」と名付けられた作品の数々……。

「地獄写真」と名付けられボツられた作品の数々……。

でも、私は変わる。

なぜなら「中古iPhone」という新アイテムをゲットしたからだ!

某フリマサイトで中古でゲット〜!

某フリマサイトで中古でゲット〜!

さらに、最強アイテムの水深30m防水スマホケース「エムパック+Dive」もゲット!

この子が中古iPhoneを守ってくれるはずだ!

この子がiPhoneを守ってくれるはずだ!

あとは実践するのみとなり、とある取材に便乗しデビューすることに。
DSむらいの村井さんとむらいさちカメラマンの「Wむらい」に協力してもらった。

エントリー前、予行練習と言いつつ遊びまくるWむらい

エントリー前、予行練習と言いつつ遊びまくるWむらい

さっそく、中古iPhoneを「エムパック+Dive」に入れて準備。

①付属品の確認

「エムパック+Dive」本体・ストラップ・

「エムパック+Dive」本体・スマホ位置固定パッド・ストラップ・タオル・取扱説明書が入っている

②スマホを準備

付属の固定パッドにスマホを貼り付ける

付属の固定パッドにスマホを貼り付ける。スマホは電池消耗を防ぐために機内モードにしておこう

③「エムパック+Dive」の準備

パック内に水が侵入したら大変だ!使用前の水没チェックはしておく

パック内に水が侵入したら大変だ!使用前に水没チェックして、水が侵入していないか念入りにチェック

③パックの中にスマホを入れる

固定パッドに貼り付けたスマホをパックに入れていく。カメラレンズが下側になるようにいれよう

固定パッドに貼り付けたスマホをパックに入れていく。カメラレンズが下側になるように入れよう

固定パッドが底に当たるまで差し込む

固定パッドが底に当たったら完了

④パックを密閉する

内部の空気を軽く押し出したら、黄色のベルクロを巻き取り、同色のベルクロに付け、白いベルクロ同士をくっつけて密閉完了!

内部の空気を軽く押し出したら、黄色ベルクロを巻き取り、同色のベルクロにつけて……

最後に白いベルクロ同士をくっつけて密閉完了!

最後に白いベルクロ同士をくっつけて密閉完了! すごく簡単だけどしっかり密閉されている

パックのストラップをBCDにつけて、いざ、海へ〜!

ちゃっかり「Wむらい」の取材に入り込む。

いくぞー!

でも、スマホを海中に持っていくって変な感覚。なんだか緊張する……。
中古といえど……。

いや! きっとこの「エムパック+Dive」が守ってくれるはずだ!

感動!
中古iPhoneで水中写真撮っちゃいました

さぁ、水中写真撮っちゃいますよ。
被写体探しでキョロキョロしてたら、村井さんから「おいでおいで」の合図。

そこには、とっても可愛いらしいイロカエルアンコウが!
さっそく撮ってみる。

カシャ。

カシャ

あれ?ブレブレだ

あれ?ブレブレだ

タッチパネルを操作しピントを合わせる

タッチパネルを操作しピントを合わせる

撮れた〜!

撮れた〜!

よし、この調子でどんどん撮っていこう!

ミノカサゴと目が合ったので激写

ミノカサゴと目が合ったので激写

鳥居も撮れた。ワイドもいける!

鳥居も撮れた。ワイドもいける!

やはり、iPhoneカメラのフラッシュだけでは光が足りないけど、それはもうしょうがない。
とにかく今日は「使えるかどうか」だ。

水深20mでも問題ない。エムパックありがとう(涙)

水深20mでも問題ない。「エムパック+Dive」ありがとう(涙)

ただ、深いところだとどうしても「青被り」がひどくなってしまう。

そうだ!付属の「レッドフィルター」を使おう。

レッドフィルターをカメラのレンズに被らせると……

レッドフィルターをカメラのレンズに被らせると……

このように自然色に補正される!

このように自然色に補正される!

これで、深場の青被りの問題も解決だ!

タコの赤ちゃんが貝の中に入ってるのを発見。モゾモゾしてて可愛い!
よし、動画も撮ってみよう。

動画も問題ない!
陸上でiPhone使うのと、同じように使えばいいから操作が楽チンだ。

iPhoneといえばやっぱりコレ!
アプリで遊んでみた

iPhoneといえば、やっぱりアプリ!
水中でアプリを使うなんて、不思議だけど面白い。

水中インフルエンサーになるにはアプリは必須。
いろいろ試してみよう。

中古iPhoneで水中遊び①
カメラアプリ「SNOW」を使ってみた!

うーん、どのアプリで試そうかな……と中古iPhoneをいじっていたその時。

私のiPhoneが何者かに奪われた!

この時を今か今かと待ち構えていたさちさん

この時を今か今かと待ち構えていたさちさん

村井さんと遊び始めた

村井さんと遊び始めた

SNOWできてる!(笑)

SNOWできてる!(笑)

でた〜!(笑)
でも、SNOWのスタンプモードも撮れてる!

マスクをつけていると鼻が隠れるので「顔認識」がなかなかできない。
さちさんのように鼻が隠れるマスクを装着している場合は、外すと顔認識してくれるが、マスクを外すのに抵抗がある方は厳しいかも……。

なにこのカメラフォルダ……(笑)こわい

なにこのカメラフォルダ……(笑)こわい

中古iPhoneで水中遊び②
音楽を聞いてみた!

ふふふふ、実はやってみたかったことがある。
水中で音楽を聞くことだー!

ノリノリの曲にしてみた

ノリノリの曲にしてみた

カーモンベイビーアメリカ~

おおおおお。
水中なのに、音楽が聞こえてくるー(笑)
これは楽しい!

すると、またまた私の中古iPhoneが消えた。

恐る恐る後ろを向くと、ものすごいキレキレに踊るむらいさちカメラマンがいた。

USAを踊るむらいさちカメラマン。なんでこんなに完璧なんだ?

USAを踊るむらいさちカメラマン。カメラマンですよね?(笑)

さちさんのキレキレダンスをフルバージョンで見たい方はこちらからどうぞ。

(「うみさちTV」チャンネル登録よろしく♡ byさちさん)

中古iPhoneで水中遊び③
「Instagram」を使ってみた!

水中インフルエンサーになるには、最低限「Instagram(インスタグラム)」は使いこなさなきゃダメでしょ。

インスタの「ストーリー」をやってみよう!
水中にはネット環境がないので投稿はできないけど、撮影して「下書き保存」まではできるようだ。

ベラを「ブーメラン」で撮影。ベラ……ごめん……(笑)

Wむらいとクリスマスツリーを「逆再生」で撮影。
これは、おもしろい(笑)泡が吸い込まれていく(笑)

これには水中で大爆笑でした。

中古iPhoneで水中遊び④
AI魚図鑑アプリ「リンネレンズ」を使ってみた!

今度は、魚のAI図鑑アプリ「リンネレンズ」だ!

実際にどこまで魚を認識してくれるのか、自分で試してみたかった。

間違っているが、めっちゃがんばるリンネレンズ

間違っているが、めっちゃがんばるリンネレンズ

勝敗は5分5分かな?

勝敗は5分5分かな?

ピントを合わせるのがなかなか難しくて認識がうまくいかないことがあったけど、おもしろかった〜。

中古iPhoneで水中遊び⑤
「TikTok」撮ってみた!

最後は、若者の間で流行中の「TikTok(ティックトック)」!

陸上で入念に練習して、結果が……

いやー、難しい(笑)
前半はうまくいったと思いきや、後半で音楽とズレてる。

音楽聴きながらできないのが難点だ。

率直に楽しすぎた!
そして強者あらわる……

カメラ代わり、と思って持って入った中古iPhone。
結果、アプリや機能の力で、今までと全然違うダイビングを楽しむことができた。

とにかく、楽しい。
笑いすぎて、3人とも最後は残圧が大変なことになっていた(笑)

なんだこの新感覚は。
楽しい。新しい。

そして、最後まで守ってくれた「エムパック+Dive」にも感謝!

深場までいったけど、中古iPhone自体は水没もせず傷もなかったのでやはりすごいアイテムだ!

見た目はシンプルで可愛いのに、TPU(熱可塑性ポリウレタン)製で、とても丈夫なのだ

見た目はシンプルで可愛いのに、TPU(熱可塑性ポリウレタン)製で、とても丈夫なのだ

今回、私は、壊れることを恐れて自分のiPhoneは使えなかったけど、もし、自分のiPhoneを持っていくことができたら……

浮上したときに通話もできるから、漂流時などのトラブルがあったときのことを考えると安心感もあるんじゃ?
さらに、そのとき「iPhoneを探す」のようなのGPSアプリもあれば、もっと安全性が増すのでは?

いろいろと考えが広がっていく。

と、そんな中、なんと、本当に自分のiPhoneでダイビングした勇者がここにいました。

ライブ配信もしてて、楽しそう!
(それにしても、すごい勇気だ……)

あぁ、夢が広がる〜。

ありがとう、中古iPhone。
ありがとう、「エムパック+Dive」。

水中インフルエンサーへの道はまだまだ遠いけど、がんばるぞ!

ライバルはハッキリした(笑)

ライバルはハッキリした(笑)

■special thanks Diving Service むらい。村井 智臣うみカメラマンむらいさち
■sponsored by mobbys

ページトップへ