ヘッドラインHEADLINE

お悩み解決&トラブル対処60(第4回)

【ボートエントリー編】トラブル対処ワンポイント・アドバイス15~19閲覧無制限

タグ:

skill60_04

ボートエントリー

15. 船酔いでぐったり

精神的な要素も大きく、緊張していると酔いやすくなってしまうものです。
また、近くばかりを見ていると酔いやすいので、なるべく遠くを見て、景色を楽しみながらポイントまで向かいましょう。

16. エントリーがうまくいかない

▶バックロールエントリー:回転しすぎると、うまく浮き上がれずもがいてしまう原因になります。イメージとしては“バックロール”ではなく、“バックフォール”。回転するのではなく、ヘリからお尻を海側へずらしていって、タンクの重みで背中から落ちるようなイメージです。

34

また、バックロールエントリーでありがちなのが、タンクの上部に後頭部を打ち付けてしまうことです。これはBCがゆるいのが原因と考えられるので、しっかり締めてエントリーしましょう。

▶ジャイアントストライドエントリー:つんのめってしまうのを避けるためには、視界を真正面に向けて、歩く延長のように大きく足を一歩踏み出すのがポイントです。イメージは“前を向いて大きく一歩”。

17. エントリーしたら器材が外れた

マスクやレギュレーターはエントリーの衝撃で、外れてしまいがちです。しっかり押さえながらエントリーしましょう。
タンクが外れてしまったら、BCに給気して水面でセッティングし直しましょう。
また、ゲージをボートのへりに引っ掛けてしまうケースも見られます。ホース類は必ず抱えてエントリーを。

18. バルブを開け忘れた

近くにバディがいるなら、開けてもらうのがベストです。
まわりに誰もいなかったら、自分の左手でタンクの底を持ち上げて、右手でバルブを回して開けます。
くれぐれもエントリー前には、バルブを開けたかどうかチェックを忘れずに。

19. ウエイトをつけ忘れた

船上のスタッフに声をかけて取ってもらい、講習時に習ったウエイト脱着を行いましょう。ベルトを持った手を腰に当てて、クルリと回転しながらベルトを巻きつけます。

▼ダイビング事故や海辺のトラブル対処をもっと詳しく知りたい方はこちら

ページトップへ