ocean+αヘッドラインHEADLINE

お悩み解決&トラブル対処60(第9回)

【ダイビング中・安全潜水編】トラブル対処ワンポイト・アドバイス41〜42閲覧無制限

タグ:

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

自然と遊ぶダイビングには、「ならでは」のお悩みやトラブルがつきものです。
シーンに分けて、60のスキルをご紹介!

第9回目は、「ダイビング中・安全潜水編」です。

ダイビング中【安全潜水】

41、ダイコンに表示された「DECO」って何?

DECOとは、Decompressionの略、つまり「減圧停止」のことを指します。基本的にレジャーダイビングでは、無減圧潜水(減圧を必要としない水深・時間内で潜ること)が原則ですが、無減圧潜水時間をオーバーしてしまった場合には、減圧症を防ぐために減圧停止をする必要があります。

42、不安で仕方ない

これは、ストレスを抱えている状態です。ストレスは、さまざまなトラブルの引き金となります。
原因は、低水温や視界不良などの環境的なもの、「上手に潜らなくては」というプレッシャーや、スキルへの苦手意識等精神的なものなど人それぞれです。

心の乱れが引き起こすものとして、代表的なのが呼吸の乱れです。自分の呼吸が乱れていることに気づいたら、ガイド(近くにいないならバディ)にハンドシグナルで「呼吸が苦しい」と伝え、一度、着底するか、何かに捕まるなどして進むのをやめましょう。

それからゆっくり「深呼吸」します。焦っているときの呼吸は「吸う」が強くなりがちなので、「吐く」ことも意識して呼吸をコントロールしてみましょう。気持ちが落ち着いてきたら、またダイビングを再開しましょう。

ほかにも、バタバタとフィンキックをしたり、犬かきのような泳ぎ方になったり、目を見開いていたりと、ストレスによる兆候はさまざま。自分やバディが、「いつもと違うな」「少しおかしいな」と思ったら、パニックになる前に無理せず周囲に伝え、不安を取り除く努力をしましょう。

▼ダイビング事故や海辺のトラブル対処をもっと詳しく知りたい方はこちら

ページトップへ