ヘッドラインHEADLINE

水温20度がひとつのポイント!? ~ドライスーツからウエットスーツへの衣替え~閲覧無制限

カテゴリ:
アンケート
タグ:

水中写真講座用写真(提供:大川拓哉)

夏服への衣替えといえば、陸上では6月。

では、日本の海の四季を楽しむダイバーが、ドライスーツから、海の夏服・ウエットスーツへ衣替えするのはいつごろがよいのでしょうか?

まず、先日行ったアンケート「Q.ドライスーツからウエットスーツに切り替える水温は?」の結果がこちらです。

ドライスーツからウエットスーツへの切り替える水温は?

  • その他 (2%, 7 Votes)
  • 10℃以下 (1%, 2 Votes)
  • 11℃ (0%, 0 Votes)
  • 12℃ (0%, 1 Votes)
  • 13℃ (1%, 2 Votes)
  • 14℃ (1%, 2 Votes)
  • 15℃ (0%, 1 Votes)
  • 16℃ (2%, 7 Votes)
  • 17℃ (2%, 7 Votes)
  • 18℃ (5%, 19 Votes)
  • 19℃ (3%, 9 Votes)
  • 20℃ (24%, 84 Votes)
  • 21℃ (8%, 27 Votes)
  • 22℃ (16%, 56 Votes)
  • 23℃ (12%, 44 Votes)
  • 24℃ (9%, 33 Votes)
  • 25℃ (11%, 39 Votes)
  • 26℃ (3%, 9 Votes)
  • 27℃ (1%, 2 Votes)
  • 28℃ (0%, 1 Votes)
  • 29℃ (0%, 1 Votes)
  • 30℃ (1%, 2 Votes)

Total Voters: 355

Loading ... Loading ...

結果を分析すると、最も多かった答えが20℃で24%。
19℃が3%であることからも、20℃がひとつの大きな基準となっていることがわかります。

そして、20℃では少し寒いという人が、21~25℃のボリュームゾーンに集中しており、この辺りが5ミリのウエットスーツへの衣替えのひとつの基準となるのかもしれません。

「日本の海中の四季は、陸上の2カ月遅れ」とはよく言ったもので、水温だけを考えると、水温が20℃を超える7~8月ごろが衣替えに最適な気もしますが、自分の場合、8月の陸上でドライスーツだと暑いので、例年、7月くらいが衣替えの時期となっています。

“大丈夫”イコール”快適”じゃないとダメ

もちろん、「水を感じていたいから少々寒くても我慢できるまでウエットスーツがよい」とか、「寒いのが嫌いなので、少しでも寒かったらドライスーツ」と個人の好みも大きいでしょう。

また、ワンピースなのかツーピースなのか、フードベストなどインナーとの組み合わせ、脂肪、さらに、天気にも左右されます。

なので、最終的には自分のポイントを探っていくしかないのですが、防寒や安全に関する、ダイビング界の至言をひとつ紹介しておきます。

“大丈夫”イコール”快適”じゃないとダメ

これは、潜水歴50年を超えるダイバーが防寒に関しておっしゃっていた言葉。

ダイバーはよく“大丈夫”という言葉を使います。
防寒に関して、「その装備で大丈夫?」「その装備で寒くないの?」との問いに、「大丈夫、大丈夫」。
ストレスに関しても、「辛くない?」「潜れる?」と聞かれ、「大丈夫、大丈夫」。

その”大丈夫”に込められた意味は、「我慢できる」「まあ、何とかなる」という場合が多く、中には「冷たい海に我慢して潜った」ことを勲章のように語る人までいます。

しかし、”大丈夫”の意味は”快適”でなければならず、寒いのを我慢するのは事故の一歩手前ということですね。

“快適に潜り、余力を残す”のがダイビングの大原則なので、大げさなくらい防寒して潜る方がよいのではないでしょうか。
実際、南国でもフードをかぶるプロのダイバーも少なくありません。

ストレスのないスーツを着て、年間通して快適にダイビングを楽しみたいですね。

ページトップへ