ヘッドラインHEADLINE

今年も来ました、ドライスーツのシーズン到来中!閲覧無制限

カテゴリ:
徒然コラム
タグ:

こんにちは! オーシャナ編集部です。

みなさん、もうドライスーツで潜っていますか? それともまだウェットスーツ?
住んでいる場所やよく行く海によって違いがあるとは思いますが、秋が深まり水温も下がってくると気になるのがドライスーツのこと。

ドライスーツ

今よりちょっとだけ若い寺山編集長

みんないつからドライなの?

昨年、オーシャナでアンケートを取ったところ、水温が20℃くらいになるとドライにするという方が1位。
2位が23℃、3位以降は22℃、21℃……と続きました。

どうやらウェットからドライに切り替えるのは、「水温20度」というのがひとつのポイントなようです。

▸水温20度がひとつのポイント!? ~ドライスーツからウエットスーツへの衣替え~

「水が気持ちいいから、まだまだウェットスーツでがんばる!」「ドライスーツのほうが体が濡れなくてらくちん~」など、好みもあるかと思います。
また、ワンピースなのかツーピースなのか、フードベストなどインナーとの組み合わせ、体型や性別、さらに、当日の天候にも左右されるでしょう。

▸ウエット?ドライ?伊豆でのダイビングに最適なスーツの選び方

さらには、ドライスーツ、着慣れていないから躊躇しちゃう!という方も多いかもしれません。
(私はリゾートダイバーだったので、はじめはこういう感じだった…(;^_^A)

快適にストレスなく潜ることが一番大事

zero_radial_drysuit_20121028_24

でも、着慣れてしまえばドライスーツも快適!
体が濡れないぶん、ダイビング後の疲労感も軽減され、ダイビング後の身支度もパパパ~っとできてラク♪ 特に、髪の毛やスキンケアもしなくてはいけない女性ダイバーにはうれしい限りです。

▼ドライスーツの季節に役立つ記事はこちら
▸“ドライスーツ=大変”でなくなるために…。 ~自分なりのルーティンを確立しよう~

▸ドライスーツは手から先に着る!? ~ダイバーのための裏技~

▸知ってますか?ドライスーツの正しいたたみ方

▸ドライスーツで足に空気がたまった時の裏技リカバリー(解説動画つき)

大切なのは、“我慢”でなくて“快適に”。
自分なりの「ドライスーツの快適さ」を見つけて習得するのに、少し時間がかかることもあるかもしれませんが、そこは焦らず! 
イントラやガイド、ベテランのダイバーなど、身近な人にアドバイスをもらうのもいいかもしれません。

ストレスなく冬場のダイビングをダイビングを楽しみましょう!

ページトップへ