沖縄県恩納村の海の魅力と一押しポイントを現地ショップが語る(第6回)

【恩納村】目の前のビーチで回遊魚にサンゴ礁。身近な自然を感じられる【SeaTrust】

2018年に「サンゴの村宣言」を掲げ、世界一サンゴと人にやさしい村を目指す恩納村(おんなそん)。ダイビングスポットとしても人気のこのエリアだが、実際はどんな海なのか、現地で環境に優しいダイビングのガイドライン「Green Fins」を導入するダイビングショップにそれぞれインタビュー!第6弾はビーチの目の前という抜群のロケーションに店舗を構える海先案内人SeaTrust江洌(えす)友博さんへ、海の魅力一押しポイント恩納村のおすすめスポット、そして海の環境の変化についてオーシャナのスイカが聞いてきました!

目の前の海で出会える様々な生き物たち

スイカ

江洌さんが感じる、恩納村の海の魅力とはなんでしょうか。

江洌さん

海がとても身近にあって、たくさん人が入っている割には、まだ自然が残っているところでしょうか。うちのショップを例にするとわかりやすいのですが、道路に面していて隣がホテルという、一見開発が進んでいる立地にも関わらず、目の前の「マリブビーチ」は本当に面白いです。

ショップのテラス席とマリブビーチ

ショップのテラス席とマリブビーチ

スイカ

たとえばどんな魅力があるのでしょうか。

江洌さん

手軽に行きやすいだけでなく、サンゴがきれい地形も楽しめるところでしょうか。時々カメサメも見かけます。マンタも2回ほど見かけましたし、運が良ければ、エイの群れも見たことがあります。こんな感じで色んなものが見られるので、わざわざ外に行かなくなってしまいました(笑)。

スイカ

外洋の生き物も入ってくるんですか?

江洌さん

はい。近所のレストランのオーナーさんは、ビーチで70〜80cmのタマン(ハマフエフキ)や101cmのロウニンアジを釣っていました。結構、回遊魚も回ってくるんですよ。

スイカ

穴場感がすごいですね。

目の前のビーチで見られたエイ

目の前のビーチで見られたエイ

江洌さん

おそらく、入る人が少ないからかもしれません。このエリアでビーチからダイビングする場合、うちからしかエントリーできないので。

スイカ

バディダイビングでもすごく入りやすそうな場所ですが、そういう方はいらっしゃいますか?

江洌さん

駐車場に車を自由に停められないので、あまり来ないんです。

スイカ

なるほど。シートラストさんではビーチエントリーが多いんですか?

江洌さん

基本的にビーチからになります。初めて潜るお客様は足がつかないところだと不安を覚える方が多いと思うので、なるべく足がつくビーチエントリーにしています

スイカ

体験ダイビングの方が多いということでしょうか?

江洌さん

そうですね。体験ダイビング、カヤック、シュノーケリングやそれらのセットで申し込まれる方が多いです。ご家族で来られる方はリピーターさんも多いですよ。

家族みんなで楽しめる

家族みんなで楽しめる

やっぱりマリブビーチ!遠征はカヤックで!?

スイカ

おすすめのポイントはどこですか?

江洌さん

やっぱり目の前の「マリブビーチ」です。11年前に初めて見たときは道路からも近いし、この海のどこがいいんだろうっていう感じだったんですけど、入ってみたら感動がありました

スイカ

そんなに!

江洌さん

慶良間に行かなくてもいいなと思ったくらいです。 テーブルサンゴもきれいで。

サンゴが豊富なマリブビーチ

サンゴが豊富なマリブビーチ

江洌さん

沖の方にはカヤックにタンクを乗せて行くこともあるんですよ。

スイカ

それいいですね!

江洌さん

ビーチ前にお店がある、うちならではのサービスです。なかなかこの辺りではないと思います。

スイカ

ボートダイビングって言ったら漁師さんにお願いしなければいけないと思ってました。

江洌さん

クマノミがたくさんいる「クマノミパラダイス」はオリジナルツアーです。恩納村の壮大な絶景を見ながらカヤックに乗って移動するので、海の中も景色もどちらも楽しめます。

クマノミパラダイス

クマノミパラダイス

海と山、歴史も感じるトレッキング

スイカ

アフターダイビングでオススメの場所はありますか?

江洌さん

マリブビーチで過ごすのが一番です。サップもカヤックもできるし、これ以上の環境ないんじゃないかな。休みたかったらお店で休めるし、 夏場は時々スタッフと一緒にバーベキューしながら遊んで。最近はめっきり減りましたが、ウミガメも産卵に上がって来ていました。去年も産卵に上がってきていましたが、途中でやめて海へ戻った形跡がありました。マリブビーチでのツアーでは、運が良いとウミガメにも会えることもしばしばあります

カヤック

スイカ

この場所本当に素敵ですよね。他にはありますか?

江洌さん

最近気になっているのは、ですね。うちのショップから見て海と反対側にすぐハイキングコースの入り口があるんですが、自然が結構残ってるんです。川があって少し上に登るとちょっとした滝壺みたいな場所があって。イノシシもそこで初めて見ました。

スイカ

川とか滝壺の所って、普通に歩いて行けるんですか?

江洌さん

僕はそこまでは行ったことなくて、その手前までですね。結構海外の方とかはトレッキングしてます。

スイカ

海だけじゃなくて山の自然も感じられるのはいいですね。

江洌さん

面白いと思います。「仲泊(なかどまり)遺跡」という3500年以上前の貝塚や住居跡といった史跡も一緒に楽しめます。「おんなの駅」という道の駅の近くの入るハイキングコースもあるのですが、ここは絶景ポイントでもあるので、ぜひ一度行ってみてください。

たった10年で見られる生き物が変わった?

スイカ

海の環境の変化について感じることはありますか?

江洌さん

台風の接近が沖縄に少なかった2016年、2017年は沖縄県全土にわたりサンゴに被害があり、マリブビーチも例外ではなく、かなりの被害が発生しました。ビックリするくらいサンゴが死んでしまいました。

2016年に真っ白になってしまったサンゴの様子

2016年に真っ白になってしまったサンゴの様子

江洌さん

それ以外でもサンゴが壊されたっていうのもあるのですが、真栄田(まえだ)岬が一番変わりました。僕らが20〜30代の頃に潜っていた時と見られる魚がまるっきり変わりツバメウオやカマスの群れがいなくなっています。最近はみかけないですが、 外洋を泳ぐはずのツバメウオが洞窟の中にまで入ってきたりとか…そういう変な現象がありましたね。

スイカ

餌に釣られて入ってきたとか…?

ツバメウオの群れ

江洌さん

そんな感じかもしれないですね。ただすごく群れていたんですよ、壁のように。すごく見ごたえがありました。それが一気になくなりましたね。

スイカ

数としてはどれくらい泳いでたんですか?

江洌さん

少なくとも40~50匹はいたんじゃないんですかね。本当に壁が泳いでるようでした。その下にもカマスの群れとかいました。

スイカ

逆に見られなかった魚が見られたりというのもありますか?

江洌さん

あります。人が与える餌に寄ってきたと思います。ここのお店をオープンして11年になりますが、そういう変化や、人が少ない場所のサンゴがきれいというのを目の当たりにしているので、魚の餌付けをやめたり、サンゴを守る行動はやっていかないといけないという実感が大きいですね。

スイカ

これからもきれいな海にしていきたいですね。ありがとうございました。

のんびりビーチでダイビングやカヤックなどを楽しめるシートラスト。ご家族や友人と恩納村の海を目一杯感じてみてはいかがだろうか。

取材協力:海先案内人SeaTrust


天然のビーチが目の前に広がる立地は恩納村でも他ではなかなかお目にかかれない。ダイビングはもちろんカヤックやシュノーケリングといったアクティビティもあり、子どもから大人までゆったりと海遊びを楽しむことができる。

Green Fins


UNEP(国連環境計画)とイギリスのReef World財団によるサンゴ礁保全の取組み。環境に配慮したダイビングやシュノーケリングのガイドラインの作成と、それを遵守しているダイビングショップの評価・認定を行なう。世界ではフィリピン・ベトナム・タイなど11カ国、約600のダイビングショップに採用され、日本では沖縄県の恩納村が本格導入を進めている。

ガイドライン一例

ガイドライン一例

\メルマガ会員募集中/

週に2回、今読んで欲しいオーシャナの記事をピックアップしてお届けします♪
メールアドレスを入力して簡単登録はこちらから↓↓

コメントを残す
writer
PROFILE
IT企業でSaaS営業、導入コンサル、マーケティングのキャリアを積む。その一方、趣味だったダイビングの楽しみ方を広げる仕組みが作れないかと、オーシャナに自己PR文を送り付けたところ、現社長と当時の編集長からお声がけいただき、2018年に異業種から華麗に転職。
営業として全国を飛び回り、現在は自身で執筆も行う。2020年6月より地域おこし企業人として沖縄県・恩納村役場へ駐在。環境に優しいダイビングの国際基準「Green Fins」の導入推進を担当している。休みの日もスキューバダイビングやスキンダイビングに時間を費やす海狂い。