紀伊半島・串本ダイビング特集(2016Autumn)(第7回)

宮古島と串本の「ランチが美味しい」と評判のダイビングサービスの意外な共通点とは?

串本センターウエル(撮影:越智隆治)

以前からランチがおいしいと評判だった《センターウェル》に今回たまたまお世話になることになり、そんな話をガイドの中井嘉昭さんに振ってみると、

「そうなんですよ。『ランチがおいしそうなので予約しました』と言う方もいて、私の海ブログよりも嫁の今日のランチ・ブログの方がアクセス数が多いんですよ。ランチに負けないようにガイドしなくては(笑)」

早速、ブログをチェックしてみると、サッと作っていそうで実は手が込んでいて、自分たちのオカンが作りそうで絶対に作らなそうな、美味しそうで目も楽しめる家庭料理が並んでいます。

14767169869540 14767818036192 14768782657392

日替わりランチを毎日作るのは大変ではないのでしょうか?

奥様の明日香さんに聞いてみると、「もともと料理が大好きで、食材選びから楽しくやっています。最初は変わったものを出したりもしていたんですが、結局、家庭料理が喜ばれるようです」

今では、すべて把握しているリピーターさんの好き嫌いも考慮して作っているとのこと。
また、逆にダイビングの予約の際に「明日はしらす丼で」「がっつりハンバーグが食べたいな~」といったリクエストもあるそうで、ダイビング後の船上でも魚の話より「今日のランチは何かな~」という会話も多いそう(笑)。

ここで、ふと宮古島のダイビングサービス「フィッシュアゴーゴー」を思い出す。

こちらも料理上手の奥様さちこさんのランチが評判で、なんと、船の名前は“さちこ食堂”。

sachiko_20131012_1-500x333

そんな話をすると、「そ、そうなんですね……あはは……」と変な空気の中井さん。

しばらくして、話の流れの中で、ふと「ところで、中井さんのボートってなんで“TOMMOROW”なんですか?」と聞くと、「いや~、お恥ずかしい。いや~」とおっさんがくねくね照れている。

突っ込んで聞くと、「実は、嫁の明日香という名前から“明日”を取ってTOMMOROW号……なんて。でも、明日に向かってという意味なんかもあってですね……(照)。内緒でお願いします」。

わかりました! 絶対に内緒にしておきます!

串本センターウエル(撮影:越智隆治)

TOMORROW号。言い換えれば、奥様号

どうやら船の名前にしてしまうほど妻を大事にすると、おいしいランチが出てきて商売繁盛する説がありそうです(笑)。

ダイビングの合間にホカホカのランチが嬉しい

今日はお得意メニューのから揚げが主役。

美味しかったのはもちろんですが、冷めたお弁当であることも多いダイビングのランチにあって、炊飯器から炊き立てのご飯を盛り、熱々の味噌汁にできたてのご飯を食べられるのが、とっても嬉しい。

Image_cb989d5

美味しいランチが食べたい方は、ぜひ《センターウェル》へ!

「あ、いや、ランチというかですね、海のガイドもがんばっていましてですね……」(中井さん)

Image_b53d30d
\メルマガ会員募集中/

週に2回、今読んで欲しいオーシャナの記事をピックアップしてお届けします♪
メールアドレスを入力して簡単登録はこちらから↓↓

コメントを残す
writer
PROFILE
法政大学アクアダイビング時にダイビングインストラクター資格を取得。
卒業後は、ダイビング誌の編集者として世界の海を行脚。
潜ったダイビングポイントは500を超え、夢は誰よりもいろんな海を潜ること。
ダイビング入門誌副編集長を経て、「ocean+α」を立ち上げ初代編集長に。

現在、フリーランスとして、ダイバーがより安全に楽しく潜るため、新しい選択肢を提供するため、
そして、ダイビング業界で働く人が幸せになれる環境を作るために、深海に潜伏して活動中。

〇詳細プロフィール/コンタクト
https://divingman.jp/profile
〇NPOプロジェクトセーフダイブ
http://safedive.or.jp/
〇問い合わせ・連絡先
teraniku@gmail.com

■著書:「スキルアップ寺子屋」、「スキルアップ寺子屋NEO」
■DVD:「絶対☆ダイビングスキル10」、「奥義☆ダイビングスキル20」
■安全ダイビング提言集
http://safedive.or.jp/journal


Instagram
https://www.instagram.com/teraniku/