ocean+αヘッドラインHEADLINE

紀伊半島・串本ダイビング特集(2016Autumn)(第5回)

バブルリングの世界記録達成! ワンフレームに16個を激写閲覧無制限

カテゴリ:
現地からレポート
タグ:

串本バブルリング(撮影:越智隆治)

世界一のバブルリング遣いといえば、《南紀シーマンズクラブ》の岩崎俊哉名人。

撮影したいフォト派ダイバーに、「カメラの画角によってリングの大きさを変えるので……」「3Dでイメージすると、こうやって撮るとですね……」という会話を聞くと、もはや、名人であり、アーティストと言っても過言ではありません。

そんな名人のバブルリング。
これまで、一枚の写真に写っている数で最高は9個。
イコール、おそらくそれが世界記録ですが、今回、記録更新にチャレンジ!

岩崎名人による個人戦と、シーマンズクラブの精鋭3人による団体戦で世界記録に挑みました。

世界記録達成!
ワンフレームに16個のバブルリング

簡単に撮影しているように見えるバブルリングですが、実は入念な打合せが必要。
特に団体戦ともなれば、タイミング、フォーメーションのシミュレーションが成功のカギとなります。

串本バブルリング(撮影:越智隆治)

真剣な顔で打ち合わせる、バブルリング団体日本代表。前日は、個人練習に余念なく、最終調整も万全

満を持して、まずは、岩崎名人による個人戦。

中層に水平姿勢にスタンバイする名人。
呼吸を整え、静かにレギュレーターをはずした刹那、静から動に切り替わり、次々に繰り出される芸術的なバブルリングの連打。

ひと息で吐き出したバブルリングは20個。
そして、ワンフレームにおさまったバブルリングは……

16個!

串本バブルリング(撮影:越智隆治)

見事、世界一を達成!

放送席、放送席、ヒーローインタビューは、もちろん、岩崎名人に来ていただきました。
世界記録達成の率直な感想はいかがでしょうか?

岩崎名人

ひと息で成功さえられる最高の数、18個を目指してがんばりました。オーシャナの取材が入るということで、いつも以上の実力以上の力が出て、自己新記録の20個が出せました。でも、最後の方は星がチカチカしていて、きっとその先にあるのがブラックアウトなんだと実感しました(笑)。何はともあれ16個は嬉しいです!

続いての団体戦は採点競技。
連動性や芸術性が重要なポイントです。

自己記録20個の岩崎名人、自己記録10個の小池3段、自己記録8個の川島初段の3人による日本代表。
さて、どんな演舞を見せるのか。

水平・等間隔にポジショニングする3人。
息を整え、アイコンタクトを交わすと、名人の合図で静かに演舞が始まります。

串本バブルリング(撮影:越智隆治)

岩崎名人が鳴らすベルの合図に合わせて、次々にバブルリングを発射!

5個を確実に出す小池3段、プレッシャーに負けて3個の川島初段。
発射直後、2人は急いではけて、岩崎名人がリングの数を足していきます。
結果、団体戦の記録は10点満点で……

7.0点!

全部で12個。間隔が広かったのか連動性、芸術性ともにイマイチ採点はのびなかった

全部で12個。間隔が広かったのか連動性、芸術性ともにイマイチ採点はのびなかった

やや控えめな点数ですが、初めてのチームにしては大健闘ではないでしょうか。
皆さん、率直な気持ちを教えてください。

小池3段

いつもは自分のペースで出せるので10個くらいはいけるのですが、今回は団体戦。合図に合わせて発射するのが難しかったので、名人がカバーしてくれることを信じて、確実に5個を出すことに集中しまいた。成功してホッとしています

川島初段

前日から練習していたのですが、本番の一発目に失敗していまい、相当なプレッシャーになってしまいました。結果、3個が精いっぱいになってしまいましたが、団体ということで皆さんにカバーしてもらえました。今後は技術ももちろんなんですが、もっとメンタルを強くしなくては……

岩崎名人

小池はプレッシャーに負けずに確実なパフォーマンスを見せてくれました。川島は問題外です(笑)。楽しくできて良かったのですが、シーマンズクオリティとしては、もっと高みを目指したです

団体戦に関しては、まだまだ納得いかないといった様子の3人。
次回に期待しましょう。

なにはともあれ、岩崎名人の個人戦、世界記録達成おめでとうございます!

_1530287k

ナイトロックスを充填できる 串本唯一のダイビングサービス

創立30周年を迎える老舗ダイビングショップ。 クルーザータイプから小回りの利く小型船まで計3隻のダイビング専用船を保有しているので、スキルや目的に合わせて、最適なダイビングスタイルを提供できる。 ナイトロックスを唯一自社で充填しているので、ナイトロックスはたったのプラス500円。 今では、じっくり撮影するフォト派は、ナイトロックスが当たり前になっている。 また、無料バスタオルレンタルなど、「これがあったらな」がある、細かいところまで行き届いたサービス。

串本で唯一自社充填できるナイトロックス。安価で体に優しいダイビングが可能になった

串本で唯一自社充填できるナイトロックス。安価で体に優しいダイビングが可能になった

南紀シーマンズクラブ(撮影:越智隆治)

広々としたクラブハウスのバックヤードにはオーシャンビューのテラスも。串本最大最高レベルの施設

南紀シーマンズクラブ(撮影:越智隆治)

脱水機やカメラのためのエアジェット。あると嬉しいがある

南紀シーマンズクラブ(撮影:越智隆治)

施設が充実しているので、1日を通して快適

南紀シーマンズクラブ(撮影:越智隆治)

ボートは3隻あるので、レベルや目的に合わせてグループ分けが可能。また、徒歩1分に港があるので楽

和歌山県串本町ダイビングサービス 南紀シーマンズクラブ 〒649-3503 和歌山県東牟婁郡串本町串本630 TEL: 0735-62-1258 FAX: 0735-62-6256 http://nankiseamansclub.com/

カテゴリ:
現地からレポート
タグ:

ページトップへ