寄生虫を愛するマニアック道「パラサイト・ラヴァーズ」第2弾(第3回)

宝探しやおもしろ顔で楽しむパラサイト(寄生虫)

パラサイトラヴァーズバナー

今月は柏島ダイビングサービスSEAZOOの目黒次生が担当させていただきまーす!

近々映画化の決まった岩明均の漫画「寄生獣」のようなホラー的なものや、アニサキスのような危険なものというイメージが強すぎるせいで、「寄生虫」と聞くだけで顔をしかめてしまう人は少なくありません。

そこで!このレポートを読み「愛する」までいかなくても、少しでも「気持ち悪い」から「好きかも」と思っていただけたら幸いです。

まずはどうすれば好きになるか?「楽しむ」ことです!

1.宝探し!

ダイバーならず釣り人にもなじみのある「ウオノエ」または「タイノエ」は魚の口の中に寄生しています。

口の中から顔が出てくるなんてめっちゃホラーやん!と思わないでください。
この「ウオノエ」は昔から「鯛の福玉」と言われ、とっても縁起の良いものとされていますので、見つけると「何か良いことあるかも〜!」。

いっぱい探してみてくださいませ〜!

クマノミに付くウオノエ(提供:目黒次生)

クマノミに付くウオノエ

ジョーフィッシュに付くウオノエ(提供:目黒次生)

ジョーフィッシュに付くウオノエ

2.おもしろ顔を探せ!

比較的見つけやすいのは、主にニザダイに外部寄生するニザダイヤドリムシ。
付く場所もいろいろなので「福笑い」のように魚の顔を「笑顔」、「怒り顔」、「泣き顔」、「変顔」と、小学生が教科書の顔写真にヒゲや眉を書いて楽しむようにおもしろ顔がいっぱいです。

タイトルを付けてコレクションしてみてはいかがでしょう?

ニザダイに寄生するニザダイヤドリムシ(提供:目黒次生)

ヒゲ顔

ニザダイに寄生するニザダイヤドリムシ(提供:目黒次生)

眉毛ボーン

このように悪いイメージの強い寄生虫ですが、ポジティブに考えると楽しめるのではないでしょうか!(笑)

著者プロフィール

SEAZOO目黒次生プロフィール

目黒 次生
柏島ダイビングサービスSEAZOOオーナーガイド

3度の飯より潜るのが大好き、ファインダーを覗いていると時間も忘れ、エアーはなくなりコンピューターは鳴りっぱなし!文字通り命かけてます!

2013年 写真集「柏島の海」発売 みんな買ってねぇ~!

コメントを残す

PROFILE
海とスキューバダイビングの総合サイト・オーシャナ、つまりこのサイトの編集部です。

いろんなニュースや、オーシャナからのお知らせを発信しています。