ocean+αヘッドラインHEADLINE

宮古島ダイビング特集(2013.10)(第7回)

神様に泥を塗りたくられる!宮古島の奇祭「パーントゥ」閲覧無制限

カテゴリ:
現地からレポート
タグ:

宮古島の奇祭「パーントゥ」(撮影:越智隆治)

台風の影響でダイビングができず、ホテルに閉じこもっていると、大司さん(山本大司潜水案内)に宮古島北部の島尻に伝わる「パーントゥ」という祭りに誘っていただいた。

どんな祭か聞いてみると、「全身泥まみれの神様が襲って来て、容赦なく泥を塗りたくられるんですよ(めっちゃ笑顔)」。

「お、おもしろ…そう…ですね?(困惑)」

正式には「パーントゥ・プナハ」と呼ばれ、国の重要無形民俗文化財に指定されている伝統ある行事。

パーントゥは妖怪や鬼、プナハは祈願祭という意味があり、全身泥まみれの3匹の神様が現れ、人はもちろん、新築の家、パトカーなど、容赦なく泥を塗りまくるとのこと。

ということで、汚れてもよい格好をし、カメラはハウジングに入れて、大司さん一家とパーントゥの里、島尻へ。

宮古島の奇祭「パーントゥ」(撮影:越智隆治)

到着したのは17時過ぎ。

パーントゥが生まれるとされる聖地「ンマリガー(生まれ井戸)」から、17時にパーントゥは現れるそうなので、すでに集落を歩き回っているころ。
集落は異様な熱気に包まれています。

すでに泥だらけの人たちとすれ違いつつ、集落の中心部までやってくると、いました!
パーントゥ2体が、人々に泥を塗りたくりながらやってきます。

宮古島の奇祭「パーントゥ」(撮影:越智隆治)

独特の仮面と蔓草のシイノキカズラをまとい、ンマリンガーの井戸からくみ上げた泥を全身に塗るパーントゥ

最初はゆっくり歩いていたパーントゥですが、ターゲットを定めると、いきなりダッシュをかけて、どこまでも追いかけて泥を塗りたくってきます。

宮古島の奇祭「パーントゥ」(撮影:越智隆治)

百数十年前のお祭りの日に、島尻の北の海岸に流れてきたクバの葉で包まれた仮面を、神女たちは海の彼方からの来訪神だと考え、大切に保管するようにと村の人々に伝えたといわれている

選りすぐりの若者に追いかけられれば、そうそう逃げ切れるものではありません。
女性の方が追いかけられる確率が高く、密着度も高い気がするのは気のせいでしょう(笑)。

早々に大司さんもやられ…。

宮古島の奇祭「パーントゥ」(撮影:越智隆治)

ダイバーの仲良し三人組もこの通り。

宮古島の奇祭「パーントゥ」(撮影:越智隆治)

どう見ても襲われているとしか見えない人も……。

宮古島の奇祭「パーントゥ」(撮影:越智隆治)

それでも皆、嬉しそうなのは、泥を塗られると無病息災、厄払いになるからです。

しかし、小さい子供たちにとっては厄払いもへったくれもありません。
ただひたすらの恐怖。

真剣に逃げまどい、泣き叫んでいますが、子供に容赦するパーントゥではありません。

逃げても無駄。

宮古島の奇祭「パーントゥ」(撮影:越智隆治)

泣き叫んだって無駄。

宮古島の奇祭「パーントゥ」(撮影:越智隆治)

むしろ、嫌がる子供を捕まえて、パーントゥに差し出す親も。

宮古島の奇祭「パーントゥ」(撮影:越智隆治)

特に赤ちゃんや新築の家屋に泥をつけると、悪霊を祓うのと同時に祝福するという意味もあるので、大人たちは泣き叫ぶ子供を喜んで差し出します。

昔は子どもが生まれた際に、ンマリガーの井戸の水を産湯に使っていたとのこと。
でも、差し出した大人に二度と寄り付かなくなった子供もいたり。

へっちゃらな赤ちゃんも。

宮古島の奇祭「パーントゥ」(撮影:越智隆治)

強烈なヘドロ臭、子供の絶叫、笑い声に包まれるパーントゥ狂騒曲。
17時に始まった祭は、途中、パーントゥの具合が悪くなって2体になってしまうというハプニングがあったものの(笑)、20時まで続くのでした。

宮古島の奇祭「パーントゥ」(撮影:越智隆治)

漂着した仮面を親(んま)、残り2つの仮面を、中(なか)と子(っふぁ)として、選ばれた若者が体中に泥を塗り、神の化身となって人々の無病息災を願う

パーントゥが開催されるのは、ダイビングのベストシーズンでもある10月ごろ。
ぜひ、アフターダイビングで遊びにいきたいところですが、開催日は、旧暦9月の戊の日から数日内とのことで、開催日の発表も直前。
※旧暦について→旧暦のしくみ – 旧暦入門

台風で気分もどんよりしていましたが、思いがけず珍しい祭りに参加することができ、楽しいひと時を過ごすことができました。

宮古島ダイビング特集(2013.10)(連載トップページへ)

  1. 台風23号のバカ!宮古島潜り歩きスタート
  2. 宮古島ダイビングのベストシーズンっていつ?
  3. 進撃の巨人を探せ!?地形の新しい楽しみ方(宮古島・ビーストキャニオン)
  4. 台風直前の海で知る、ダイバーの楽しみ方それぞれ~宮古島潜り歩き~
  5. 宮古島で一点ものの海の作品を作り続ける職人
  6. 宮古島の名高い霊場「漲水御嶽」(はりみずうたき)での台風よけ祈願は神様に届くか
  7. 神様に泥を塗りたくられる!宮古島の奇祭「パーントゥ」
  8. 夫婦で好きなことを仕事にすること、南の島へ移住すること
  9. 海と星空しかない贅沢。大人の休日・宮古島ダイビングクルーズ
  10. 今日も宮古島のどこかの洋上で営業中。住所不定「さちこ食堂」
  11. 夢体験!宮古島の海で100頭近いシワハイルカと遊ぶ
  12. モデルのマスクがキラリと光る水中写真の撮り方とは?
  13. カールおじさん?トップレスのエビ?水中で何かに見えるあれこれ
  14. 宮古島の海底に貯蔵した泡盛は、まろやかで美味しかった!
  15. ゴージャス!ひと味違う宮古島の地形ポイントを味わいたいなら南海岸へ
  16. 宮古島・南海岸エリア唯一のダイビングショップはサメ取り名人
  17. 宮古島でもらったいろいろなお土産と思い出
  18. 潜れないけど遊びたい!台風時におススメの宮古島のハンドメイド体験
カテゴリ:
現地からレポート
タグ:

ページトップへ