ocean+αヘッドラインHEADLINE

【取材レポート】ここがすごかった! サイパン・テニアン・ロタの魅力10(第5回)

イチオシはマニャガハ島! アフターダイブにオススメのスポット&楽しみ方10 @サイパン閲覧無制限

カテゴリ:
行ってきたレポ
タグ:

21_11_2017 Landscape Complete_53

基本的に午前中に2本潜るパターンが多い、サイパンのダイビングスタイル。
もちろんもっとダイビングを楽しみたい場合は午後も潜ることもできますが、陸にも観光スポットが盛りだくさん。
また、最終日の時間の使い方も選択肢が多く、そんな多彩なバリエーションがサイパンの魅力。

でも、逆に何をしようか迷ってしまう……。

そんな、初めてサイパンを訪れるダイバーの皆さんのために、独断と偏見で。オーシャナ取材班が「ここはオススメ!」というスポットをご紹介します!

もっと海で遊びたい!
マニャガハ島

Saipan Drone Complete_15

サイパンに訪れた際は、ぜひ行ってほしいのがマニャガハ島。
人気No.1の観光スポットといっても過言ありません。

サイパンの港からフェリーに乗って約15分で到着。
周囲1.5kmほどの無人島で、国立公園に指定されています。
ヤシの木が生い茂る島は、真っ白な砂浜が広がっていて、周りは透き通る海。
これぞ南国リゾート! という風景が広がっています。

Saipan Drone Complete_20

島にはロッカーやシャワーなどの設備が整っていて、アクティビティも豊富。
シュノーケリングやバナナボート、パラセイリングなどが楽しめ、体験ダイビングや、Cカードを取得することも可能です。
ノンダイバーの友達と行っても楽しめるし、ダイバーにしちゃうこともできますね!

イスやパラソルがあるので、ゆっくりしたり、島をぐるっと散歩したりするのもオススメです。

19_11_2017 Landscape Complete_125

迫力満点の、大きいガジュマルの木もありますよ!

19_11_2017 Landscape Complete_215

島へのアクセスは、黄色いフェリーが目印のターシツアーズ

ホテルによっては港までの送り迎えもやっているので、こちらから確認してみてください。

半日でも1日でも楽しめるマニャガハ島は、ぜひ足を運んでほしいスポットです。

他にも、サイパン島内に観光スポットはまだまだあります!
目的別にご紹介していきましょう。

陸でも体を動かしたい!
アクティビティ

<四輪バギーに乗って、タポチョ山へ登ろう!>

saipan_237のコピー

島の中央に位置するタポチョ山は、標高約475mのサイパンでもっとも高い山。
天気のいい時には、サイパンの町並みはもちろん、テニアンやロタまで望むことができます。

山頂までは四輪バギーで登ることができ、凸凹道でスリル満点!
日本の免許があれば自分で運転することもできます。

最初はドキドキですが、慣れれば意外と簡単!?
ぜひ挑戦してみては。

<禁断の島へトレッキング>

saipan_074のコピー

サイパンの南東部、カグマン岬の先端にある禁断の島は、政府によって自然保護区に指定されている場所。
車で行けるのは保護区域の入り口までで、そのあとは枝や草木をかき分けながらのトレッキングです。

結構ハードな道のりで、正直ちょっと大変……。
ですが、30分ほど歩いていくと視界が開き、切り立った崖の上に。

目の前には禁断の島と一面の青い海が広がり、なんとも言えない爽快感!
それまでの疲れが吹き飛ぶような光景でした。

また、崖を下りたところには岩場の隙間の洞窟に天然プールもあります。
透明度の高い水の中でシュノーケリングもできますよ。

saipan_080のコピー

お土産買いたい! 小物をチェックしたい!
ガラパン・ショッピング

お土産を選ぶのであればここ!
<アイラブサイパン>

17_11_2017 Landscape Complete_119

定番のお土産屋さんで、ファッションや小物、コスメ、お菓子や調味料など、とにかくなんでもそろう、豊富な品ぞろえ!
店内の一角にはイートインスペースもあり、作りたてのスムージーやコーヒーなどを飲むことができるので、一休みもできますよ。
夜には店先でダンスのパフォーマンスをやっていて、とても賑わっています。

店内も商品もかわいい!
<マリアナ・オーシャン>

16_11_2017 Landscape Complete_162

女子ならテンションがあがってしまいそうな、かわいらしいパステルカラーの店内。
色とりどりで、さまざまな香りの石鹸が並んでいます。

北マリアナ諸島発のコスメブランドで、なんと、1つ1つ手作り。
見た目がかわいいだけでなく、肌の自己治癒力を高め、皮膚疾患を改善したり、お肌本来の力の覚醒を促したりといった効果もあるんだとか。
お土産はもちろん、自分のお気に入りの1つを見つけてみてください。

種類が盛りだくさん!
グルメ

ファイアーダンスは迫力満点!
<フィエスタリゾート&スパジョイフルディナーショー>

16_11_2017 Landscape Complete_55

毎日開催される、ビュッフェ形式のディナーショー。
料理は、サイパンの郷土料理やチャモロ料理、デザートがずらりと並びます。

料理はとても美味しいので、食べ過ぎ注意です!
食べ放題でお祝いの時に供される「レチョン」(子豚の丸焼き)などもありますよ。

座席の目の前のステージで繰り広げられるミクロネシア、ポリネシア、メラネシアなど、島々の伝統ダンスショーやファイアーダンスは、迫力満点。

16_11_2017 Landscape Complete_129

スタッフから選ばれて、ステージでダンスすることも!?

16_11_2017 Landscape Complete_113

最後には観客全員で盛り上がるダンシングタイムもあるので、楽しい1日の締めくくりができること間違いなしです♪
フィエスタの宿泊者以外でもこちらから予約することができます。

フォトジェニックなレストラン
<サーフクラブ サイパン>

21_11_2017 Landscape Complete_95

真っ白なビーチに、青い海と、バランスの良い位置に生えているヤシの木。
取材班も思わずみんなで写真を撮りだしてしまいました……!

2016年にオープンしたばかりのレストラン&バーで、店内は窓が一面ガラス張りになっていて開放感たっぷり。
目の前には美しいビーチが広がり、抜群のロケーションです。
テラス席もあるので、浜辺で美味しい料理やお酒を堪能することができますよ。

BLTサンドウィッチ、ハンバーガー、ステーキ、BBQリブなど、どれもボリュームたっぷり!

21_11_2017 Landscape Complete_123

もちろんランチだけでなく、夕暮れ時やディナーもオススメです。

他にも見どころが盛りだくさん!

<パセオ・デ・マリアナ通り>

20_11_2017 Landscape Complete_44

ガラパンに位置するサイパン一の繁華街で、周辺にはお土産店やカフェご飯屋さん、マッサージなどが集まり、夜になるととても賑やかに。
食事やショッピングなど、ここに来れば困ることはありません。

<ガラパンマーケット>

16_11_2017 Landscape Complete_17

毎週木曜日の夕方から開催されている、ストリートマーケット。
ローカルフードや土産物屋がずらりと並び、地元の人たちも集まってお祭りのような雰囲気が楽しめます。

<マイクロビーチ>

18_11_2017 Landscape Complete_49

サイパンにはいたるところにビーチがありますが、このマイクロビーチは、特に絶好のロケーション! 1日に七回海の色が変わると言われ、日の光の加減で、移り変わる色彩豊かな空と海のグラデーションは感動ものです。
浜辺にはバーや椅子があったりと、のんびり過ごすことができますよ。
特に夕方は、真っ赤に焼けた空と棚引く雲、ヤシの木のシルエットと、まさに絶景。フォトジェニックなこと間違いなしです。

今回紹介したスポット以外にも、マリアナ・サイパン島には見どころがたくさんあります。
ぜひお気に入りの場所を見つけてくださいね!

(撮影:関戸紀倫)

supported by ターシツアーズ

19_11_2017 Landscape Complete_246

ターシツアーズ

ターシツアーズは、サイパンで35年間にわたってオプショナルツアーとバスで最上のサービスを提供しています。
マニャガハ島につくと、明るいスタッフのみなさんが迎えてくれます。ターシツアーズのモットーは、お客様の安全第一、そしてお客様に安心・快適・満足をお約束すること。初めての人でも安心してマリンスポーツを楽しむことができます。

ツアーのお申し込みはこちらから。

marianas_50070_003

フィエスタリゾート&スパ
FiestaResort&SPA SAIPAN

NMDOA(北マリアナ諸島ダイビング事業者協会)
株式会社キヌガワ cocoloa
株式会社タバタ TUSA

▼サイパン・テニアン、ロタのWEB MAGAZINEはこちらから。

mariana_bunner_325*226

カテゴリ:
行ってきたレポ
タグ:

ページトップへ