“ミスターオリンパス水中”清水淳の水中カメラレビュー(第8回)

【“ミスターオリンパス水中”清水淳のカメラレビュー】オリンパスカメラSTYLIS TG-870 Tough&PT-057

この記事は約3分で読めます。


水深15m防水・超広角21mmレンズ登載したタフカメラ「STYLIS TG-870 Tough」を、「PT-057」と共にリポート

※本記事は「清水 淳 水中カメラインプレッション」のアーカイブより転載しています。発売当初の情報となりますので、最新情報は「オリンパス公式サイト」などをご確認ください。

TG-870 & PT-057

水深15m防水・超広角21mmレンズを搭載したTG-860の後継機種TG-870がデビューした。TG-860のマイナーチェンジモデルに該当するが、ハード面での主な変更点は、高精細化されキレイになった液晶モニターが46万ドットから92万ドットにパワーアップされ、最大輝度も向上している。
実際、フィリピンの明るい海でのモニター視認性は抜群だった。今回、水中写真を撮影する際に、最も大切な機能である水中ホワイトバランスの見直しが図られ、ノイズの低減と色再現の改善によって、水中シーンでの美しさに一段と磨きがかかった。やや暗い環境での自然光撮影や、遠いところにいる被写体のマクロ撮影などで改善がはっきりと確認できた。

幅広いシーンに対応する、タフ性能&超広角21mm

●カメラ単体で水深15mまで使用可能
●高さ2.1mの耐落下衝撃性能
●-10度の耐寒性能
●100kgfの耐荷重性能
●「GPS」と「電子コンパス」、「Wi-Fi」を搭載
●スポーツカムモード
●星景撮影/ライブコンポジット
●超広角21mmからの光学5倍ズーム
●180度チルト液晶&フェイスボタン
●自撮りモード&ライブコンポジット

水中で威力を発揮する超広角21mmワイドレンズ搭載

TG-4
TG-870

水中では、空気と水の屈折率の関係で、画角が狭くなる。TG-870なら大型のワイドコンバージョンレンズなしでも広い範囲を写し込める。同一シーンをTG-4と画角の違いを比べてみた。

さらに磨かれた水中モード&水中ホワイトバランス

プログラムオート
水中ワイド1

水中では水深が進むにつれて、赤い光から減衰が起こるので緑がかった仕上がりになるが、OLMPUSの「水中モード&ホワイトバランス」なら自然の発色が得られる。フラッシュON時のカラーバランスも自然な発色に調整される。
被写体のカラーバランスだけでなく背景のブルーも魅力的な発色に仕上がるのが特徴。

4つの水中専用シーンモード

TG-870には4つの水中専用シーンモードが用意されている。

フェイスボタン

カメラ前面についたフェイスボタンは、シャッターボタンとして利用出来る。プロテクター収納時も同様に操作出来ているのがうれしい。フェイスボタンには、以下の機能を割り当てることができる。水中では、スーパーマクロを設定しておくと微小な被写体の撮影に便利だ!
●動画撮影:オン/オフ
●静止画撮影
●モニターブースト(モニター頻度を上げ、炎天下などでの視認性を高める機能)
●LEDライト
●スーパーマクロ(使用できる撮影モードに制限がある)

フェイスボタンの設定
水中マクロ撮影時にフェイスボタンを押すと撮影レンジ:スーパーマクロに変わる。通常撮影時は撮影レンジ:スーパーマクロをOFFに!

>>次のページ:TG-860/870用に専用設計されたPT-057

\メルマガ会員募集中/

週に2回、今読んで欲しいオーシャナの記事をピックアップしてお届けします♪
メールアドレスを入力して簡単登録はこちらから↓↓

“ミスターオリンパス水中”清水淳の水中カメラレビュー(連載トップページへ)

  1. 【“ミスターオリンパス水中”清水淳のカメラレビュー】オリンパスカメラTG-6 + PT-059
  2. 【“ミスターオリンパス水中”清水淳のカメラレビュー】オリンパスカメラTough TG-5 + PT-058
  3. 【“ミスターオリンパス水中”清水淳のハウジングレビュー】-OLYMPUS PEN E-PL10&UH-EPL10-
  4. 【“ミスターオリンパス水中”清水淳のカメラレビュー】-オリンパスカメラE-M1 Mark II + PT-EP14-[前編]
  5. 【“ミスターオリンパス水中”清水淳のカメラレビュー】-オリンパスカメラE-M1 Mark II + PT-EP14 Part.1[後編]
  6. 【“ミスターオリンパス水中”清水淳のカメラレビュー】-オリンパスカメラSTYLUS TG-Tracker
  7. 【“ミスターオリンパス水中”清水淳のカメラ・ハウジングレビュー】-E-M5MKⅢ&UH-EM5Ⅲ-
  8. 【“ミスターオリンパス水中”清水淳のカメラレビュー】オリンパスカメラSTYLIS TG-870 Tough&PT-057
  9. 【“ミスターオリンパス水中”清水淳のカメラレビュー】M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO&PPO-EP02
  10. 【“ミスターオリンパス水中”清水淳のカメラレビュー】OLYMPUSユーザーのための水中専用フラッシュ UFL-3[前編]
  11. 【“ミスターオリンパス水中”清水淳のカメラレビュー】OLYMPUSユーザーのための水中専用フラッシュ UFL-3[後編]
  12. 【“ミスターオリンパス水中”清水淳のカメラレビュー】レンズのポテンシャルを引き出し、最高の画質を提供するE-M1をPT-EP11と共にレポート Part.1
  13. 【“ミスターオリンパス水中”清水淳のカメラレビュー】水中でE-M1の実力を発揮させるセッティングをシチュエーションに応じてレポート Part.2
  14. 【“ミスターオリンパス水中”清水淳のカメラレビュー】アクティブシーンを確実に残すアドバンスムービー撮影を新搭載。 完成された最強アウトドアカメラ「TG-830」
  15. 【“ミスターオリンパス水中”清水淳のカメラレビュー】絞り優先モード&進化したスーパーマクロモードを新搭載。水深15m防水を実現した、タフ最高峰「TG-2」
  16. 【“ミスターオリンパス水中”清水淳のカメラレビュー】F2.0 ハイスピードレンズを搭載した本格的なタフ・システムカメラ TG-1 をリポート
  17. 【“ミスターオリンパス水中”清水淳のカメラレビュー】iHS 搭載で高速処理を可能にした プロフェッショナルタフ TG-820 をリポート
writer
PROFILE
1964年生まれ。水中写真や海辺の風景を撮り続けている。執筆や撮影を行ないながら、沖縄・那覇にて水中写真教室マリーンプロダクトを主宰。 また、カメラメーカーの研究開発にも携わり、水中撮影モードや水中ホワイトバランスの開発アドバイザーも務める。1998年にデビューしたOLYMPUS C900Zoomから最新機種まで全てのOLYMPUS水中モデルのチューニングテストを行なっている。カメラ機材に精通し、機材の特性を生かす能力が評価され、水中撮影アクセサリーメーカーのアドバイザーやテスト撮影の要望も多い。執筆活動では、水中撮影機材の解説や撮影の仕方、楽しみ方の記事をPADI Japan/デジカメ上達クリニック、OMDS/水中デジタルカメラ・インプレッション、マリンダイビング.ウェブ/水中デジカメ撮影教室、オーシャナ/カメラレビューを現在連載中。最近では、「清水淳のマンツーマン水中写真教室」が好評いただき熱意あふれるフォトグラファーたちと一緒に撮影をしている。
公式ホームページ https://shimizu.marine-p.com/ 公益社団法人日本写真家協会会員。
  • facebook
FOLLOW