“ミスターオリンパス水中”清水淳の水中カメラレビュー(第6回)

【“ミスターオリンパス水中”清水淳のカメラレビュー】-オリンパスカメラSTYLUS TG-Tracker

この記事は約1分で読めます。

水中撮影の準備

陸上用のレンズプロテクターを外して、水中用のレンズプロテクターを装着する。シール面の清掃を行い、ゴミなどの付着がないことを確認する。




平面で四角いレンズプロテクターが水中用。




バッテリーの向きに注意しながら装填。予備バッテリーは用意したい。記録メディアは、マイクロSDカード。カードがセットされていないとカメラは起動しないので注意。同梱のグリップとストラップをセットする。



電源を入れたら、日付をセットする。


基本SET UP

水中で使われる、VIDEO、PHOTOの設定を行う。

モードボタンを押し、ホーム画面を表示させる。矢印ボタンを押して、SETUP、VIDEO、PHOTOについて水中向けセットアップを行う。カメラでの再生はホーム画面から再生モードに入る。




基本設定

まずは、SETUPの項目から設定する。ホーム画面からSETUPを選びOKボタンを押す。順に下記のようにセットする。EXITまで設定ができたらOKボタンを押す。














*1:LEDをビデオ撮影時に常に自動点灯させたい場合はON。
*2:Manometerのセットは標高0mの時に0mに合わせる。気圧は頻繁に変わるのでズレが出るが、水圧は大気によってズレることがないので水中で使う場合はここのセットは必要ない。

VIDEO SET UP

次は、VIDEO項目の設定をする。ホーム画面からVIDEOを選びOKボタンを押す。順に下記のようにセットする。EXITまで設定ができたらOKボタンを押す。










*1:ホワイトバランスは、AUTOを選んでおくと、水検知で自動で水中に変更される。
*2:扱いやすいデータ量となめらかな動きを期待して画質はFHD。
*3:フレームレートは60P

PHOTO SET UP

次は、PHOTO項目の設定をする。ホーム画面からPHOTOを選びOKボタンを押す。順に下記のようにセットする。EXITまで設定ができたらOKボタンを押す。








*1:ホワイトバランスは、AUTOを選んでおくと、水探知で自動で水中に変更される。
*2:静止画の画質は最高画質の8.0MP。

\メルマガ会員募集中/

週に2回、今読んで欲しいオーシャナの記事をピックアップしてお届けします♪
メールアドレスを入力して簡単登録はこちらから↓↓

“ミスターオリンパス水中”清水淳の水中カメラレビュー(連載トップページへ)

  1. 【“ミスターオリンパス水中”清水淳のカメラレビュー】オリンパスカメラTG-6 + PT-059
  2. 【“ミスターオリンパス水中”清水淳のカメラレビュー】オリンパスカメラTough TG-5 + PT-058
  3. 【“ミスターオリンパス水中”清水淳のハウジングレビュー】-OLYMPUS PEN E-PL10&UH-EPL10-
  4. 【“ミスターオリンパス水中”清水淳のカメラレビュー】-オリンパスカメラE-M1 Mark II + PT-EP14-[前編]
  5. 【“ミスターオリンパス水中”清水淳のカメラレビュー】-オリンパスカメラE-M1 Mark II + PT-EP14 Part.1[後編]
  6. 【“ミスターオリンパス水中”清水淳のカメラレビュー】-オリンパスカメラSTYLUS TG-Tracker
  7. 【“ミスターオリンパス水中”清水淳のカメラ・ハウジングレビュー】-E-M5MKⅢ&UH-EM5Ⅲ-
  8. 【“ミスターオリンパス水中”清水淳のカメラレビュー】オリンパスカメラSTYLIS TG-870 Tough&PT-057
  9. 【“ミスターオリンパス水中”清水淳のカメラレビュー】M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO&PPO-EP02
  10. 【“ミスターオリンパス水中”清水淳のカメラレビュー】OLYMPUSユーザーのための水中専用フラッシュ UFL-3[前編]
  11. 【“ミスターオリンパス水中”清水淳のカメラレビュー】OLYMPUSユーザーのための水中専用フラッシュ UFL-3[後編]
  12. 【“ミスターオリンパス水中”清水淳のカメラレビュー】レンズのポテンシャルを引き出し、最高の画質を提供するE-M1をPT-EP11と共にレポート Part.1
  13. 【“ミスターオリンパス水中”清水淳のカメラレビュー】水中でE-M1の実力を発揮させるセッティングをシチュエーションに応じてレポート Part.2
  14. 【“ミスターオリンパス水中”清水淳のカメラレビュー】アクティブシーンを確実に残すアドバンスムービー撮影を新搭載。 完成された最強アウトドアカメラ「TG-830」
  15. 【“ミスターオリンパス水中”清水淳のカメラレビュー】絞り優先モード&進化したスーパーマクロモードを新搭載。水深15m防水を実現した、タフ最高峰「TG-2」
  16. 【“ミスターオリンパス水中”清水淳のカメラレビュー】F2.0 ハイスピードレンズを搭載した本格的なタフ・システムカメラ TG-1 をリポート
  17. 【“ミスターオリンパス水中”清水淳のカメラレビュー】iHS 搭載で高速処理を可能にした プロフェッショナルタフ TG-820 をリポート
PROFILE
海とスキューバダイビングの総合サイト・オーシャナ、つまりこのサイトの編集部です。

いろんなニュースや、オーシャナからのお知らせを発信しています。
  • facebook
  • twitter
  • Instagram
  • youtube
FOLLOW