ocean+αヘッドラインHEADLINE

オーストラリア(グレートバリアリーフ)ダイビング特集(2013.8-9)(第2回)

巨体がすぐ目の前に!ジャイアントポテトコッドとにらめっこ

カテゴリ:
現地からレポート

【GBR潜り歩きパート1】
グレートバリアリーフのその先へ、スピリット・オブ・フリーダム号でコーラルシーへ向けて出発! | オーシャナ

リボンリーフのジャイアントポテトコッド(撮影:越智隆治)

出港日はグレートバリアリーフ(GBR)でチェックダイビングし(贅沢!)、一晩寝て目を覚ますと、スピリットオブフリーダムがいる場所は、すでにグレートバリアリーフのその先。
10のリーフが連なるリボンリーフの北端、No.10の「コッドホール」です。


大きな地図で見る

エントリーすると、水がクリア!
前日のチェックダイビングのポイントより格段に透明度が良く、純白の砂地に巨大なサンゴの根が点在する、潜るたけで気持ちのよいポイントです。

そして、お目当てのジャイアントポテトコッド(カスリハタ)もすぐに登場!
数匹いる中から、1.5mはあろうかというひと際大きな個体が、こちらに気が付くとシッポをふりふり寄ってきます。
ワンコみたい(笑)。

リボンリーフのジャイアントポテトコッド(撮影:越智隆治)

コッドはカメラのレンズやダイバーのマスクをものほしそうにのぞき込むのですが、しばらくして何もくれないことがわかると、プイっと行ってしまいました。

フィード(餌付け)されているとはいえ、巨大なハタとの、まさに”目と鼻の先...

記事全文をご覧いただくには、
オーシャナメンバーシップへのご 登録・ログインが必要です。
(ご登録は無料でできます)

クルー(会員)の方は下記のボタンからログインページへお進みください。
クルー(会員)登録がまだお済みでない方は、登録申し込みページにてお手 続きください。

オーストラリア(グレートバリアリーフ)ダイビング特集(2013.8-9)(連載トップページへ)

  1. グレートバリアリーフのその先へ、スピリット・オブ・フリーダム号でコーラルシーへ向けて出発!
  2. 巨体がすぐ目の前に!ジャイアントポテトコッドとにらめっこ
  3. こんなナイトダイビング、経験したことない!大物狙いのワンダフルナイト
  4. トカゲが歩く自然豊かな島、リザード・アイランドでの小休憩
  5. サメが集まる狂乱の宴!オスプレイリーフのシャークフィーディング
  6. サンゴの海のど真ん中、絶海のオアシス「オスプレイリーフ」の実力
  7. 地味でも美しい、グレートバリアリーフの小さな魚たち
  8. 大人だけどダイビング中にうんちをもらしました
  9. グレートバリアリーフをクルーズで潜る良さとは?スピリット・オブ・フリーダム号の全て
  10. グレートバリアリーフを洋上ステイで楽しむダイビングスタイル
  11. 一緒に自分撮りできるナポレオンのウォーリー~バディ潜水で気ままに潜るGBR~
  12. 「ニモはカクレクマノミ?」を本場グレートバリアリーフの海で考える
  13. 【水中写真4コマ漫画】寺山編集長がナポレオンにはたかれた理由
  14. サメとロウニンアジが眼前を飛び交う!GBRの衝撃ナイトダイビング
  15. バディ潜水とガイド付きダイビングを使い分けられるグレートバリアリーフ
  16. 迫力のナイト含め1泊2日で7ダイブ!洋上ステイでグレートバリアリーフ満喫ダイビングクルーズ
  17. グレートバリアリーフをポートダグラス発のデイトリップ(日帰りツアー)で楽しむ!
  18. 美しい!グレートバリアリーフのまさにグレートなサンゴ礁
  19. グレートバリアリーフダイビングをポートダグラス発デイトリップで楽しむ!まとめ
  20. 【プレゼントあり】人懐っこいヤイトハタのセリフを考えてみよう!
  21. ダイビングデビューの理想形?「Cカード取得後そのままバディ潜水」に密着!(前編)
  22. バディ潜水(セルフダイビング)を後押しする規定とは~Cカード取得後そのままバディ潜水(後編)~
カテゴリ:
現地からレポート

ページトップへ