ヘッドラインHEADLINE

“バディダイビングの海”潜り歩き・おすすめコース攻略法(第6回)

【井田】トサカに潜むアイドルたちに胸キュン!閲覧無制限

カテゴリ:
バディダイビング

井田はこんなところ

東名高速道路沼津インターより車で約50分。西伊豆の静かな村に位置する井田の海。
伊豆縦貫道が完成してからさらにアクセスが簡単になり都心からの多くのダイバーにも人気で日帰りダイビングも気軽に行うことができる。
「海の恵みは山の恵みから」とも言い、自然豊かな真城山から流れてくる水が山の栄養をいっぱい吸収してそれを井田の海に届けてくれて、今日も井田の海には多くの魚や珊瑚で溢れかえっている。

マクロで潜る!井田「井田ビーチ」
海の見どころ

井田のアオサハギ(撮影:関戸 紀倫)

「井田ブルー」と称され、美しい透明度が期待できる井田の海。

その綺麗な景観からワイド派ダイバーに好まれているが、可愛い幼魚、美しい南方系の魚など、レア生物もよく現れ、井田の海は多くのマクロ派ダイバーにも愛されている。ワイドもマクロも両方楽しめるまさにポテンシャルの高い海だ。

毎日のように現地サービスのスタッフが海を調査しているので、日々海の生物情報は更新されていて、一回のダイビングでは見きれないほど生物豊富だ。またトサカやヤギなど背景がカラフルに仕立てられるシーンが多く、カメラ派にも嬉しい。
自分好みの背景を求めてみよう。

井田のエントリー口(撮影:関戸 紀倫)

Buddy Dive的
おすすめコース

ポテンシャル溢れる「井田ビーチ」でかわいいアイドルをサーチ

Ita Diving Center

1. エントリーして防波堤を右手に見ながら傾斜するゴロタまで進む

井田のゴロタ(撮影:関戸 紀倫)

2. ゴロタの傾斜が見えて来たら西へ

井田のゴロタ(撮影:関戸 紀倫)

3. キンギョハナダイとアカオビハナダイの群れ

井田(撮影:関戸 紀倫)

水深12mくらいに群れているキンギョハナダイとアカオビハナダイを見ながら進もう。

▼CHECK

井田のアカオビハナダイ(撮影:関戸 紀倫)

アカオビハナダイのオスは浅い水深の同じところにいるので、とても撮りやすい

4. パイプの魚礁

井田のパイプの魚礁(撮影:関戸 紀倫)

進んでいたらパイプで組んである魚礁が見えてくる。
周辺で生物を探してから、次の目印へ移動する。

▼CHECK

井田のボシウミタケハゼ(撮影:関戸 紀倫)

パイプの魚礁をよく見てみると、タマミルの上で休むセボシウミタケハゼがいた

5. ケイソンブロック

井田のケイソンブロック(撮影:関戸 紀倫)

さらに進めばケイソンブロックが見える。
ブロックに生えているトサカには、可愛い生物が住み着いているのでじっくり観察してみよう。

▼CHECK

井田のオキゴンべの幼魚(撮影:関戸 紀倫)

ケイソンブロックの大きなトサカでは、可愛いオキゴンべの幼魚が元気に動き回っていた

井田のスケロクウミタケハゼ(撮影:関戸 紀倫)

スケロクウミタケハゼもトサカのピンクの背景に溶け込んで美しかった

6. 三角の砂地でUターンして、戻って行く

井田の三角砂地(撮影:関戸 紀倫)

ある程度沖まで行ったら、三角形に開いた砂地が見える。
そこでUターンして、防波堤の方向へ戻って行く。

▼CHECK

井田のカミソリウオ(撮影:関戸 紀倫)

砂地とゴロタの際では、うまく擬態していたカミソリウオが見られた

井田のオルトマンワラエビ(撮影:関戸 紀倫)

トサカには、フォト派に人気のオルトマンワラエビも潜んでいた

7. 防波堤を目指して、帰って行く

井田のゴロタエリア(撮影:関戸 紀倫)

ゴロタのエリアに戻ったら、残圧と無減圧潜水時間に気をつけながら、防波堤目指して帰って行く

▼CHECK

井田のアオサハギ(撮影:関戸 紀倫)

ゴロタの間などを探すと、小さいアオサハギの赤ちゃんも見られた

8. ゴロタが砂地混じりに変わってきたら防波堤はすぐ目の前

井田のゴロタから砂地エリア(撮影:関戸 紀倫)

▼CHECK

井田のコケギンポ(撮影:関戸 紀倫)

浅場のゴロタの小さな穴などには可愛いコケギンポなども見られて、安全停止の暇つぶしにちょうどいい

おまけ

井田のミジンベニハゼ(撮影:関戸 紀倫)

防波堤横のガイドロープは沖方面の水深30m付近まで伸びていて、そこから棒が砂に刺さっている目印を辿っていけば、瓶に入ったダイバーのアイドル、ミジンベニハゼを見ることができる。

しかし水深はかなり深いので、経験豊富なダイバーにおすすめ。無理はしないようにしましょう。

おすすめコース
ワンポイントアドバイス

井田の海はわかりやすく、水深もはっきりしているので、事前のオリエンテーションでどこに生物がいるかを聞いておくといい。

一番シンプルな生物の見つけ方は、生息している「水深」と、体の「大きさ」と「色」を事前に確認しておくことだ。付近にある目印もおさえておくと、さらに見つけやすくなる。

海に入る前に準備ができて、探す時間も短縮できる。しかし深度が深かったりすると2本目、3本目の無減圧潜水時間に響いてくるので、しっかりと余裕を持った潜水計画を立てることが大事。

なお、潮も入ってくることがあり、流れる時もある。
流れに沿ってダイビングするのが理想だが、片方向にいけない井田の海では、もし流れに乗ることになったらいつもより余裕を持って帰ってくることが大事だ。

(撮影/関戸紀倫)

“バディダイビングの海”潜り歩き・おすすめコース攻略法(連載トップページへ)

wp-content/uploads/2019/01/BuddyDive-big1-120x120.jpg
  1. 【福浦】シンプルな地形だから初心者でも安心! 人気生物との出会いにも期待♪
  2. 【石橋】珍しい生物には目印アリ! バディとレアもの狙っちゃう!?
  3. 【三浦】ナビしやすい海で大きな根をぐるり一周!
  4. 【城ヶ島】水深浅めのマクロ王国でゆったりロングダイブ
  5. 【土肥】ビーチポイントなのに沈船! 住み着いているさまざまな生物との出会いも楽しもう
  6. 【井田】トサカに潜むアイドルたちに胸キュン!
  7. 【井田】ブルーの世界に広がる魚群! ワイドな景観を満喫
  8. 【雲見】壮大な地形を豊富なコース取りで楽しむ
  9. 【獅子浜】アイドルからレアものまで潜む、お宝満載ビーチ
  10. 【熱海】ボートに乗って5分で、色とりどりの海!〜国内最大級の沈船〜
  11. 【江之浦】充実のガイドロープ・ダイビング ~待っているのは、ドラえもん!?~
  12. 【黄金崎】安心のナビゲーション設備! 高確率のネジリンボウに会いにいこう
  13. 【白崎】海藻の森、季節来遊魚など、季節感あふれる海を楽しめる
  14. 【すさみ】海中ポストから季節来遊魚まで! 黒潮の恩恵を受けた誘惑だらけの海
  15. 【伊東】 伊豆屈指のダイナミックな地形と魚群を満喫しよう
  16. 【稲取】初心者でも安心の簡単コースでネコザメに会いに行こう! 
  17. 【稲取】番号ブイにガイドロープ、中性浮力練習エリアまで揃った充実ビーチでスキルアップ!
  18. 【菖蒲沢】マクロからワイドまで楽しめる元気いっぱいの遠浅ビーチ
  19. 【伊豆海洋公園】初心者から上級者まで楽しめる豊富なコース取りで充実ダイビング
  20. 【日高】四季で変化する海中景観を楽しみながらレア生物を見つけよう!
  21. 【串本】本州最大のテーブルサンゴで華やかな海中景観を楽しもう

ページトップへ