ocean+αヘッドラインHEADLINE

“バディダイビングの海”潜り歩き・おすすめコース攻略法(第19回)

【伊豆海洋公園】初心者から上級者まで楽しめる豊富なコース取りで充実ダイビング閲覧無制限

伊豆海洋公園はこんなところ

伊豆海洋公園は伊豆半島の東海岸に位置し、東名高速道路、沼津ICまたは長泉沼津ICより約55kmと、1964年の開業以来都心からも非常にアクセスしやすく、長年多くのダイバーに愛され続けているダイビングポイント。
そして何より、日本でも最大級のダイビング施設を誇る伊豆海洋公園ダイビングセンターは広々としたセッティングエリア、屋根つきの休憩エリア、最大40名が利用できるジャグジー付き温水層などなどダイビング後の休憩なども広々と使えることでも多くの利用者が一年中訪れる。

伊豆海洋公園「ビーチポイント」
海の見どころ

IOP(撮影:関戸紀倫)

初心者から上級者まで幅広くダイバーに愛されている伊豆海洋公園は、タンクのセッティング場所から楽々エントリーとエキジットができ、エントリーすればメインの海中ポストまでガイドロープがまっすぐ伸びていてバディダイビングが慣れていない方でも安心してナビゲーションができる。

また、ワイドなども楽しめるポイントとして、1の根の先端などには美しいソフトコーラルなどそこに群がるサクラダイやキンギョハナダイがカメラ派などをも魅了する。
マクロももちろん一年中豊富で、いろんなガイドさんから寄せ集められた情報やサービスが調査ダイブをして調べた情報を元に、週に1回生物情報の載った水中マップを更新し無料で配布していているので、マクロをじっくり撮りたい人や観察したい人にはかなり嬉しいサービス。

そして全国的にも有名なのが、水深15m付近に海中ポストが設置されていて、サービスで販売している防水ポストカードに宛先とメッセージを書けば実際に届くことでも知られているポイントだ。

IOP(撮影:関戸紀倫)

BuddyDive的
おすすめコース

I.O.P Map

エントリー時は右側からロープを使って、エキジット時は左のロープを使う

エントリー時は右側からロープを使って、エキジット時は左のロープを使う

1.エントリーしてガイドロープを直進

IIOP(撮影:関戸紀倫)

エントリーしたら左側にガイドロープが見えるので、ロープ沿いに直進する。

2.1の根に向かうメインのロープを直進

IOP(撮影:関戸紀倫)

50mくらい進むと1の根に向かうロープが見えてくるので、そのままメインのロープを直進。

3.カケアガリ

IOP(撮影:関戸紀倫)

この辺から水深が深くなっていく「カケアガリ」と呼んでいる。

4.カケアガリを進んでいく

IOP(撮影:関戸紀倫)

カケアガリを進んでいくと、ゴロタと砂地の境目が見えてくる。

5.ポストを目指してガイドロープを進んでいく

IOP(撮影:関戸紀倫)

ガイドロープを進んで行くと、砂地に「海中ポスト」が見えてくるので向かう。

6.海中ポスト

IOP(撮影:関戸紀倫)

この辺で右側に海中ポスト、そしてガイドロープのエンドには漁礁そしてクリスマスの時期になると、シーズン限定でクリスマスツリーが現れる。
海中ポストは実際に防水のハガキに宛先を書いて出せば届くことで有名だ。

▼CHECK

IOPのツリー(撮影:関戸紀倫)

クリスマスシーズン限定のクリスマスツリー

7.鉄枠を目指す

IOP(撮影:関戸紀倫)

漁礁を左に曲がると、砂地に鉄でできた四角い鉄枠が見えてくるのでそこへ進んでいく。

8.鉄枠を右へ

IOP(撮影:関戸紀倫)

▼CHECK

IOPのイロカエルアンコウ(撮影:関戸紀倫)

岩の裏にいたのは、エスカをフリフリしていたイロカエルアンコウ

9.鉄枠のすぐ沖の岩

IOP(撮影:関戸紀倫)

鉄枠のすぐ沖には1つだけ大きい岩があり、そこで帰る方向へ向かう。

▼CHECK

IOP(撮影:関戸紀倫)

鉄枠と岩の間に、黄金ヒラメが。擬態しているつもりなのだろうが、分かりやすい……(笑)

10.岩場を進んでいく

IOP(撮影:関戸紀倫)

鉄枠の裏の岩場を、生物を探しながら進んでいく。

▼CHECK

IOPのネンブツダイ(撮影:関戸紀倫)

岩場には多くのネンブツダイが群れていた

11.タツ岩

IOP(撮影:関戸紀倫)

岩場を進むと、大きめの岩「タツ岩」が見える。
タツ岩を目印に、カケアガリをガイドロープの方向に水深を浅くしていく。

12.「オクリダシの入り江」に向かう

IOP(撮影:関戸紀倫)

メインのガイドロープと1の根に向かうロープを通過して「オクリダシの入り江」に向かおう。

13.ラクダ岩

IOP(撮影:関戸紀倫)

IOP(撮影:関戸紀倫)

しばらく進むと、「ラクダ岩」が見えてくるので、安全停止をしながら生物を探す。

▼CHECK

IOP(撮影:関戸紀倫)

ラクダ岩にはトウシマコケギンポが穴の中から顔を出していて安全停止中の暇つぶしにピッタリ

▼CHECK

IOP(撮影:関戸紀倫)

オクリダシの入り江ではサザナミヤッコなどの幼魚も見れるので、安全停止だけじゃなく寄り道しても面白い

14.安全停止のあとはガイドロープへ

IOP(撮影:関戸紀倫)

安全停止が終わったらガイドロープを目指して進んでいく。
わからなくなったらスタート地点にあるブイを目印に。

15.エキジット

IOP(撮影:関戸紀倫)

ガイドロープに到着したら、安全上のため自分のスキルに自信があっても必ずガイドロープを掴みながらエキジットをしましょう。

おまけ

▼CHECK

IOP(撮影:関戸紀倫)

一の根の先端のカメ根には多くのキンギョハナダイやサクラダイが群れている

▼CHECK

IOP(撮影:関戸紀倫)

生物も面白く、ニシキフウライウオなどの人気者も観察できる

▼CHECK

IOP(撮影:関戸紀倫)

カメ根と砂地との境目付近にいたガラスハゼ

おすすめコース
ワンポイント・アドバイス

▼CHECK
I.O.Pの人気者のゴールデンヒラメ。見れたあなたは縁起がいい!?
砂に埋もれて隠れていることが多く、砂地を意識しながら進めば出会える可能性が高い。

IOP(撮影:関戸紀倫)

▼CHECK
近づき過れば逃げるので注意が必要。ある程度の距離を保ちましょう。
この時はクリスマスツリーのすぐ隣に隠れていた。

IOP(撮影:関戸紀倫)

ここはとにかく情報が多くて、生物観察や撮影などには本当に適しているポイントだ。事前にサービスで細かな情報をゲットして自分が見たいものや撮影したいものなどをしっかりとイメージつけてから海に入ろう。
カメラ派やじっくり生物を観察したい方にはオススメの海。

今回は、ガイドロープから離れないで行く王道のコースを回ったが、何回も通ってポイントがわかってきたら1の根なども行ってみてほしい。

海洋公園は、週末になると多くのダイバーで賑わうので、水中も陸も譲り合いが大切。
特に水中では、多くの人に迷惑となるので、生物へのアプローチの仕方がわからない人は必ずサービスのスタッフに聞いてから写真を撮ったほうが、よりいい写真が撮れるはず。

そして、注意してほしいのがエントリーとエキジット時のスロープの使い方。

エントリー時はフィン、マスクをつけ、レギュレーターを咥えた状態で、右一列となり壁の方を見ながらロープに捕まり、カニ歩きでゆっくりと海へ入って行き、波が来る時は止まり、波が引ききったら動き出して、ある程度水深がきたら海に入る。

エキジットの時はガイドロープ沿いに帰れば、自然とエキジット用のロープになる。
帰りも腰ぐらいの高さまできたらフィンを外し、マスクとレギュをつけたままロープを離さないでエキジットをしよう。


伊豆海洋公園の詳細&ご予約は>>>BuddyDive 
伊豆海洋公園

(撮影/関戸紀倫

“バディダイビングの海”潜り歩き・おすすめコース攻略法(連載トップページへ)

wp-content/uploads/2018/11/2018-11-03-120x120.png
  1. 【福浦】シンプルな地形だから初心者でも安心! 人気生物との出会いにも期待♪
  2. 【石橋】珍しい生物には目印アリ! バディとレアもの狙っちゃう!?
  3. 【三浦】ナビしやすい海で大きな根をぐるり一周!
  4. 【城ヶ島】水深浅めのマクロ王国でゆったりロングダイブ
  5. 【土肥】ビーチポイントなのに沈船! 住み着いているさまざまな生物との出会いも楽しもう
  6. 【井田】トサカに潜むアイドルたちに胸キュン!
  7. 【井田】ブルーの世界に広がる魚群! ワイドな景観を満喫
  8. 【雲見】壮大な地形を豊富なコース取りで楽しむ
  9. 【獅子浜】アイドルからレアものまで潜む、お宝満載ビーチ
  10. 【熱海】ボートに乗って5分で、色とりどりの海!〜国内最大級の沈船〜
  11. 【江之浦】充実のガイドロープ・ダイビング ~待っているのは、ドラえもん!?~
  12. 【黄金崎】安心のナビゲーション設備! 高確率のネジリンボウに会いにいこう
  13. 【白崎】海藻の森、季節来遊魚など、季節感あふれる海を楽しめる
  14. 【すさみ】海中ポストから季節来遊魚まで! 黒潮の恩恵を受けた誘惑だらけの海
  15. 【伊東】 伊豆屈指のダイナミックな地形と魚群を満喫しよう
  16. 【稲取】初心者でも安心の簡単コースでネコザメに会いに行こう! 
  17. 【稲取】番号ブイにガイドロープ、中性浮力練習エリアまで揃った充実ビーチでスキルアップ!
  18. 【菖蒲沢】マクロからワイドまで楽しめる元気いっぱいの遠浅ビーチ
  19. 【伊豆海洋公園】初心者から上級者まで楽しめる豊富なコース取りで充実ダイビング
  20. 【日高】四季で変化する海中景観を楽しみながらレア生物を見つけよう!
  21. 【串本】本州最大のテーブルサンゴで華やかな海中景観を楽しもう

ページトップへ