“セルフダイビングの海”潜り歩き・おすすめコース攻略法(第4回)

神奈川・三浦のセルフダイビングコースの見どころ -フォト派向け!ナビがしやすい海-

この記事は約4分で読めます。

※この記事は2017年9月26日の記事を加筆・訂正しています。

三浦はこんなところ

都内から車で1時間半と好アクセス。“海を楽しむために必要なものをすべて備えた施設”「三浦 海の学校」が窓口で、施設の充実度は三浦半島随一。ダイビングプールもあるので、スキルに不安がある人は、海に出る前に練習をすることもできるので安心だ。宿泊部屋の数も多く、手軽にBBQもできることから、個人ダイバーだけでなく、団体利用にもオススメ。

三浦「ハウスリーフ」海の見どころ

DCIM100MEDIADJI_0046.JPG

ビーチポイント「ハウスリーフ」は、最大水深6mと浅め。初心者や生物をじっくり観察したい方にはオススメのポイントだ。カエルアンコウなどの人気生物が通年観察できるので、フォト派も満足できるだろう。2017年時点でよくみられていたタツノオトシゴはみれたらラッキーなほど数が減っているという。また潜水エリアはコの字型にガイドロープが張ってあるので、ガイドロープを超えなければ潜水エリア内にいるのがわかる。

今回紹介するガイドロープと大きな根に沿って進むコースは、深くても水深4mほど。もし、根の周りを泳いでいて迷ってしまっても、潜水エリア内にいれば船は通らない。ゆっくり浮上して自分の位置を確認してから、ダイビングを再開すればいい。根の周りをのぞいてガイドロープが張ってある場所を進むので、透明度が悪いときでも安心してダイビングができる。

セルフダイビングのおすすめコース

ガイドロープと大きな根に沿って進むから、ナビゲーション初心者も安心

1.オレンジブイまで水面移動し潜降。V字のガイドロープを左へ

Miura Underwater Complete_34

まずは、オレンジブイまで水面移動する。潜降するとV字のガイドロープが見えてくる。こちらをスタート地点にして、左に続く直線のガイドロープを進む。

▼CHECK

潜降ブイにはカゴカキダイが群れていた

潜降ブイにはカゴカキダイが群れていた

2.くの字に曲がったあと、ガイドロープを離れて北へ

Miura Underwater Complete_2

ガイドロープがくの字に曲がるので、曲がり終えたらガイドラインを一旦離れて北へ進む。

3.大きな根に沿ってそのまま進む

Miura Underwater Complete_6

左手にここのポイントのメインの大きな根が見えてくるので根に沿ってそのまま進む。

4.1つ目の岩に巻き付けてあるガイドロープをたどる

Miura Underwater Complete_8

少しすればV字のガイドロープの右に伸びていたロープに当たる。このとき、目印になるのがガイドロープが巻き付けてある1つ目の岩。ガイドロープに沿って進む。

▼CHECK

ウミウシも豊富に見られる。冬になれば個体数はもっと増えるだろう。写真はジボガウミウシ

ウミウシも豊富に見られる。冬になれば個体数はもっと増えるだろう。写真はジボガウミウシ

5.2つ目の岩から大きな根に沿って進む

Miura Underwater Complete_9

2つ目の岩に到着すると、メインの根が見えてくる。ここからメインの根を左手に見ながら進んでいく。

6.根に沿って進む

Miura Underwater Complete_13

根を見失わないよう、左手に根を見ながら進んでいく。

▼CHECK

根の周りの岩陰にはキヌバリが多く見られた

根の周りの岩陰にはキヌバリが多く見られた

7.さらに根に沿って進む

Miura Underwater Complete_15

ここから徐々に水深約4mから約2mへと浅くなっていくので、急浮上に注意しながらBCの空気を抜いていく。

▼CHECK

根の周りには多くのネンブツダイの群れがあった

根の周りには多くのネンブツダイの群れがあった。2022年時点では、クロホシイシモチの群れが見えるという。

8.水路のような場所を通り反対側へ戻る

Miura Underwater Complete_19

そしてよく見ると水路のようになっているところがあるので、ここを横切って反対側へ戻っていく。水深は浅くなり2mほどになる。
水深が4mのままの場合は、水路を通り過ぎているかもしれないので注意が必要だ。

9.砂地が見えたら、根を左手に見ながら進む

Miura Underwater Complete_27

反対側に着くと砂地が見えてくるので、根を左手に見ながらさらに進んでいく。

10.1つ目の岩からガイドロープをたどる

Miura Underwater Complete_29

最初の目印、ガイドロープが巻き付けてある1つ目の岩に戻って来た。
ここからガイドロープがV字になっているスタート地点を目指して、ガイドロープに沿って泳いでいく。

▼CHECK

この辺の砂地ではセミホウボウなどが出没していたので砂地をじっくり見ると出会える確率はある

この辺の砂地ではセミホウボウなどが出没していたので砂地をじっくり見ると出会える確率はある

11. ガイドロープに沿ってくの字に曲がる

Miura Underwater Complete_32

最後のくの字を曲がって、さらにV字のスタート地点を目指す。

▼CHECK

この付近にはタツノオトシゴやハナタツが見られる。取材時にはタツノオトシゴがガイドロープ付近の海藻にしがみ付いていた

この付近にはタツノオトシゴやハナタツが見られる。取材時にはタツノオトシゴがガイドロープ付近の海藻にしがみ付いていた

ガイドロープ近くのタツノオトシゴのすぐ隣ではクロイシモチが求愛行動をしていた。熱々のお二人を邪魔しないように撮影

ガイドロープ近くのタツノオトシゴのすぐ隣ではクロイシモチが求愛行動をしていた。熱々のお二人を邪魔しないように撮影

12.V字到着

Miura Underwater Complete_35

V字に到着したら、浮上し、水面移動。

おすすめコースワンポイント・アドバイス

豊富な生物が息づいているうえ、現地スタッフが日々調査しているので、事前にマップを使って情報を教えてもらおう。

Miura Map_1のコピー

また写真の水中マップは防水になっているため、水中に持っていくことができる。
マップの貸し出しも行っているので、心配な方は借りておくのがベターだ。

th_Miura Landscape Complete_5

「ハウスリーフ」は、ダイビングサービス「三浦 海の学校」の目と鼻の先。
とにかく巨大な施設でプールもあるので、初心者ダイバーやブランクダイバーは、スキルチェックをしてからビーチに行くのもありかも。

(撮影/関戸紀倫)

三浦 海の学校

<住所>
〒238-0224 神奈川県三浦市三崎町諸磯1621
<TEL>
046-880-0835
<FAX>
046-880-0833
<営業時間>
8:00〜16:00

セルフダイビング予約サイト「BuddyDive(バディダイブ)」からの予約も受付中

\メルマガ会員募集中/

週に2回、今読んで欲しいオーシャナの記事をピックアップしてお届けします♪
メールアドレスを入力して簡単登録はこちらから↓↓

“セルフダイビングの海”潜り歩き・おすすめコース攻略法(連載トップページへ)

  1. 神奈川・江之浦のセルフダイビングコースの見どころ-充実のガイドロープとドラえもん-
  2. 神奈川・福浦のセルフダイビングコースの見どころ-シンプルな地形と豊富な生物-
  3. 神奈川・石橋のセルフダイビングコースの見どころ-豊かな生物相を見せる水深20m以浅-
  4. 神奈川・三浦のセルフダイビングコースの見どころ -フォト派向け!ナビがしやすい海-
  5. 神奈川・城ヶ島のセルフダイビングコースの見どころ-水深浅めのマクロ王国-
  6. 西伊豆・土肥のセルフダイビングコースの見どころ-沈船に住み着くさまざまな生物たち-
  7. 西伊豆・井田のセルフダイビングコースと見どころ-トサカに潜むアイドルたちに胸キュン!-
  8. 西伊豆・井田のセルフダイビングコースと見どころ-井田ブルーの世界に広がる魚群!ワイドな景観を満喫-
  9. 西伊豆・雲見のセルフダイビングコースと見どころ-壮大な地形を豊富なコース取りで楽しむ-
  10. 【獅子浜】アイドルからレアものまで潜む、お宝満載ビーチ
  11. 東伊豆・熱海のセルフダイビングコースと見どころ-ボート乗船たった5分で色とりどりの海!国内最大級の沈船-
  12. 西伊豆・黄金崎のセルフダイビングコースの見どころ-シンプルな地形とネジリンボウ-
  13. 【白崎】海藻の森、季節来遊魚など、季節感あふれる海を楽しめる
  14. 【すさみ】海中ポストから季節来遊魚まで! 黒潮の恩恵を受けた誘惑だらけの海
  15. 伊東・白根南のセルフダイビングコースの見どころ-ダイナミックな地形と魚群-
  16. 非公開: 【稲取】初心者でも安心の簡単コースでネコザメに会いに行こう! 
  17. 東伊豆 稲取のセルフダイビングコースと見どころ-充実ビーチでスキルアップ-
  18. 東伊豆・菖蒲沢のセルフダイビングコースと見どころ-マクロからワイドまで楽しめる遠浅ビーチ-
  19. 東伊豆・伊豆海洋公園セルフダイビングコースと見どころ-豊富なコース取り-
  20. 紀伊半島・日高のセルフダイビングコースの見どころ-四季折々の海中景観とレアな生物-
  21. 和歌山 串本のセルフダイビングコースと見どころ-本州最大のテーブルサンゴ-
PROFILE
バディダイビング(セルフダイビング)の情報サイトです。

予約はもちろん、バディダイビングを楽しむ方法など、どんどん情報を充実させていきまよ!
  • facebook
FOLLOW