サンゴ礁を科学する(第1回)

なぜ日本のサンゴは世界に誇れるのか?「サンゴ礁を科学する」新連載

パプアニューギニアのサンゴ(撮影:岡田裕介)

パプアニューギニアのサンゴ(撮影:岡田裕介)

オーシャナ読者の皆さま、はじめまして。
この春から沖縄でサンゴの研究に取り組んでいる座安佑奈(ざやすゆうな)と申します。

これからが夏本番。
今年の夏はどこへ潜りに行こうか計画中の方も多いのはないでしょうか?

実は、日本はサンゴ礁を楽しむ場所として、(もちろんサンゴ礁研究にも)適した場所だとご存知でしたか?
今年は改めて日本の南西諸島の美しいサンゴ礁へ遊びに来られてはいかがでしょうか?

西表島のサンゴ礁(座安佑奈)

元気で非常に多様な西表島のサンゴ礁

私自身は大学入学と同時にスキューバダイビングを始めて夢中になり、もともと大好きだったサンゴ礁の海の中で世界一美しい海を見てみたい!と、経験豊富なダイバーの知合いや世界中を潜っている方に候補地を聞いてみたり…。

最初は、やはりサンゴ礁といえばミクロネシアの島々やグレートバリアリーフへの憧れがありましたが、自分がサンゴ礁研究に関わるようになってからは日本のサンゴ礁の良さを実感しています。

日本には南北に長い弓なりの国土と多くの島があり、緯度の大きな変化に伴って色々な海洋生物が生息しています。
そのため、魚類や無脊椎動物などの海洋生物学の研究は古くから盛んでした。

世界に誇る日本のサンゴ礁

サンゴ礁については、日本にはさらにアドバンテージがあります。
まず日本は、太平洋側を流れる暖流・黒潮の影響を受けて、地球上で最も北まで造礁サンゴが分布している場所の一つです。

北限のもう一つに大西洋の北米東海岸付近がありますが、大西洋よりも太平洋の方が深い水深と長い歴史のおかげで海が豊かですので、生息するサンゴの種類も太平洋の方が多いことが知られています。

つまり、日本周辺には地球上の他のどこにもない、緯度ごとに変化に富んだ多くの種のサンゴが見られる海があります。
この私たちの美しい海をずっと残していきたいですね。

宮古島のサンゴ礁(宮古島)

海岸線に沿って帯状にサンゴ礁が発達(宮古島)

二つ目にサンゴ礁へのアクセスのしやすさがあります。
いずれこのコラムで紹介しようと思っていますが、サンゴ礁地形にはいくつかタイプがあります。

日本で見られるサンゴ礁の多くが、陸地の沖に海岸に沿って帯状に作られたサンゴ礁で、陸から泳いで行けますし、遠い場合もボートで数分です。
その分、私たちの生活がサンゴ礁生物に悪影響を及ぼさないように配慮が必要となります。

グレートバリアリーフはまた違うタイプの地形ですので、陸から遠くクルーズで2時間程かかりますね。
欧米にも多くのサンゴ礁研究者がいますが、数週間ほどアジアの島々へ出張して調査などを行っていると聞きました。
中には日本に調査に来られる方もいらっしゃいます。

サンゴ礁が多く分布するアジア諸国の中で日本は、器材や実験に使う試薬を手に入れやすい先進国であるという点も、研究を進める上で大きなメリットでしょう。

これら利点を生かして日本では多くの研究者がサンゴ礁研究に取組んでいます。本コラムではサンゴ礁を科学する、特に若手の人々と、彼らが取組んでいるサンゴ礁のふしぎについて、僭越ながら私がナビゲートさせて頂く予定です。

どうぞよろしくお願いします。

海中のサンゴ礁と座安佑奈

コメントを残す

サンゴ礁を科学する(連載トップページへ)

  1. なぜ日本のサンゴは世界に誇れるのか?「サンゴ礁を科学する」新連載
  2. サンゴ礁の消失による損害は年間に推定2兆円以上。サンゴを守る理由とは
  3. サンゴは動物?植物?それとも石?
  4. 増える、集まる、食べる、攻撃する…サンゴのいろいろな生態
  5. サンゴは何にストレスを感じているのか?白化とストレスの関係
  6. ダイバーだからできる、サンゴ保全のボランティア活動
  7. 海水魚25%以上の種が生息する、地球の0.1%に満たないサンゴ礁のしくみ
  8. サンゴも感染症になる⁉ わからないことが多いサンゴの病気
  9. 中国船のサンゴ密漁で話題の、深海に棲む美しい宝石サンゴ
  10. 海底の砂地が海洋酸性化を食い止める!? サンゴ礁の二酸化炭素ストレス
  11. 日本人なら知っておきたい、日本人研究者のパラオでの活躍 ~パラオ熱帯生物研究所~
  12. 魚は犬以上の嗅覚を持つ!? 体臭で敵を欺くサンゴ礁に棲む魚の擬態
  13. サンゴ分類のルネサンス期!? ~大西洋に浮かぶバミューダのサンゴ礁~
  14. 楽しみながら環境について考えるイベント「おきなわサンゴ礁ウィーク」開催
  15. 40年前の沖縄は今どうなっているのか? 日本サンゴ礁学会の若手優秀発表賞の研究
  16. まるで宇宙の星屑のようなサンゴの一斉産卵
  17. 一斉産卵だけじゃない!? サンゴの産卵いろいろ
  18. マイクロプラスチックから海を守ろう! ~海の生き物と微小ゴミの問題~
  19. サンゴの研究者が提案! ダイバーが意識すべき6つの潜り方
  20. 世界初のサンゴのゲノム解読でわかったこと 
  21. サンゴに住み込む生き物たち ~健康なサンゴ群体“Coral Holobiont”~
  22. オニヒトデの駆除、サンゴの移植の是非 ~ダイバーにできること~
writer
PROFILE
沖縄出身の父に連れられ海に通い、水中にいることが大好きで、中高は水泳部。

大学入学と同時に始めたスキューバダイビングに夢中になり、海中世界を知って欲しいとダイビング雑誌で読者モデルをする傍ら、キラキラした南国の海で、いつも中心にいるサンゴという生物に強く惹かれていく。

大学院は京都大学理学研究科に進学し、サンゴについて学び始める。
英領バミューダにあるバミューダ海洋研究所に留学後、2013年度、京都大学瀬戸臨海実験所にて博士号取得。

現在は沖縄科学技術大学院大学でサンゴの研究に取組んでいる。
趣味でも仕事でもよく潜る。