サンゴ礁を科学する(第17回)

一斉産卵だけじゃない!? サンゴの産卵いろいろ

ファイヤーコーラルとイシサンゴ(提供;座安佑奈)

前回のコラムでは有名な「サンゴの一斉産卵」について書かせていただききました。

でも、実は、造礁サンゴの中でこのようにはっきりと産卵様式が報告されているのは全体の種のたったの3割ほど。
他の多くの種の繁殖様式については観察されていない、わかっていないのが現状です。

サンゴの繁殖様式は種によって実に多様です。

  • 雌雄同体で放卵放精するもの(一斉産卵の例はこちら)
  • 雌雄同体でプラヌラ幼生を放出するもの
  • 雌雄異体で放卵放精するもの
  • 雌雄異体でプラヌラ幼生を放出するもの
  •  これらのミックス
  •  性転換するもの(サイズに応じてオス→メス→オス、メス→オス→メス両方可能)
サンゴの産卵(提供:座安佑奈)

双方向の性転換が確認されたクサビライシ科のサンゴ放卵、放精の様子。「Loya and Sakai 2008」 より抜粋

また、増え方として、折れた枝が海底で生き延びて(破片化)群体の数が増えていくものもあります。

さらに、死ぬほど状況が悪くなった場合に、種によっては、骨格からポリプだけが脱出して生き延びようとすることもあるようです。
なんという生命力の強さ。

サンゴの産卵(提供:座安佑奈)

骨格から脱出を試みるポリプ。この群体は、泥をかぶってしまって半分が死んで骨格が見えていた状態でした

性転換するサンゴが報告されてからまだ10年ほどしか経っていません。
多くの謎が残されているサンゴの繁殖様式。
まだまだ新しい発見があるに違いありません。

例えば、手前味噌で恐縮ですが、私たちのグループもキクメイシモドキというサンゴの繁殖様式を先日学会誌にて報告しましたので簡単にご紹介させていただききます。

キクメイシモドキ Oulastrea crispataというサンゴは低水温、泥などの外的ストレスにも強く、亜熱帯域から伊豆半島や能登半島まで広く分布が確認されています。

今回、観察してみて産卵の様子が明確に観察されていなかった理由がわかったような気がします。
その理由とは、ずばり、時間帯&卵の見えにくさ……。

まず、真夜中に各ポリプからまるでキノコ雲のように勢い良く放精し、その約20分後くらいに放卵が確認されました。

卵は脂質が少なめであるため、水面まで浮いて行かず、水中を漂っていたり沈み気味だったりしたのですが
小さくて色も透明であるため、周囲の泥や砂粒に紛れると非常に見えにくいです。

サンゴの産卵(提供:座安佑奈)

キクメイシモドキの放卵放精の様子。Zayasu et al. 2015より

いつ産むのか日にちが予測できなかったため、毎晩観察を続けていたのですが、産んだのは小潮の潮止まりで一番海水の動きが少ないタイミングでした。
これが、単にこの年にだけ起きた偶然なのか、放精に引き続き、時間差で沈み気味の卵を放出するこの種の受精率を一番上げるための戦略なのかは、さらなる観察が必要と思われます。

一斉産卵に比べたらものすごく地味でしたが、毎晩の観察の末、深夜にそっと行われた生殖の様子に非常にわくわくさせられました。

サンゴの産卵(提供:座安佑奈)

観察地(和歌山県)の2013年の日時と潮位。産卵開始のタイミングは黒い矢印。「Zayasu et al. 2015」より

他にも、人知れず、深夜や明け方、日中に繁殖しているサンゴもいます。
卵の色もピンクやオレンジ色だけでなく、茶色、白色、薄い緑色、透明など本当に様々。

サンゴの産卵のいろんなパターンをご紹介させていただきましたが、楽しんでいただけましたでしょうか?

本当に多くのパターンがあるので逆に混乱させてしまったかもしれませんが、まとめますと、

「サンゴは満月の夜に一斉にピンク色の卵を産む」

だけではなく、

「サンゴは満月の夜に一斉にピンク色の卵を産むものもいるけれども、それだけではなく、想像以上に複雑でいろんなパターンがある」

ということです。
ダイバーの皆さんも機会があれば、ぜひ観察する機会を持ってほしいと思います。

コメントを残す

サンゴ礁を科学する(連載トップページへ)

  1. なぜ日本のサンゴは世界に誇れるのか?「サンゴ礁を科学する」新連載
  2. サンゴ礁の消失による損害は年間に推定2兆円以上。サンゴを守る理由とは
  3. サンゴは動物?植物?それとも石?
  4. 増える、集まる、食べる、攻撃する…サンゴのいろいろな生態
  5. サンゴは何にストレスを感じているのか?白化とストレスの関係
  6. ダイバーだからできる、サンゴ保全のボランティア活動
  7. 海水魚25%以上の種が生息する、地球の0.1%に満たないサンゴ礁のしくみ
  8. サンゴも感染症になる⁉ わからないことが多いサンゴの病気
  9. 中国船のサンゴ密漁で話題の、深海に棲む美しい宝石サンゴ
  10. 海底の砂地が海洋酸性化を食い止める!? サンゴ礁の二酸化炭素ストレス
  11. 日本人なら知っておきたい、日本人研究者のパラオでの活躍 ~パラオ熱帯生物研究所~
  12. 魚は犬以上の嗅覚を持つ!? 体臭で敵を欺くサンゴ礁に棲む魚の擬態
  13. サンゴ分類のルネサンス期!? ~大西洋に浮かぶバミューダのサンゴ礁~
  14. 楽しみながら環境について考えるイベント「おきなわサンゴ礁ウィーク」開催
  15. 40年前の沖縄は今どうなっているのか? 日本サンゴ礁学会の若手優秀発表賞の研究
  16. まるで宇宙の星屑のようなサンゴの一斉産卵
  17. 一斉産卵だけじゃない!? サンゴの産卵いろいろ
  18. マイクロプラスチックから海を守ろう! ~海の生き物と微小ゴミの問題~
  19. サンゴの研究者が提案! ダイバーが意識すべき6つの潜り方
  20. 世界初のサンゴのゲノム解読でわかったこと 
  21. サンゴに住み込む生き物たち ~健康なサンゴ群体“Coral Holobiont”~
  22. オニヒトデの駆除、サンゴの移植の是非 ~ダイバーにできること~
writer
PROFILE
沖縄出身の父に連れられ海に通い、水中にいることが大好きで、中高は水泳部。

大学入学と同時に始めたスキューバダイビングに夢中になり、海中世界を知って欲しいとダイビング雑誌で読者モデルをする傍ら、キラキラした南国の海で、いつも中心にいるサンゴという生物に強く惹かれていく。

大学院は京都大学理学研究科に進学し、サンゴについて学び始める。
英領バミューダにあるバミューダ海洋研究所に留学後、2013年度、京都大学瀬戸臨海実験所にて博士号取得。

現在は沖縄科学技術大学院大学でサンゴの研究に取組んでいる。
趣味でも仕事でもよく潜る。